アラーム・ドット・コム、エネルギーハブを買収 〜防犯と電力消費管理を合体

 防犯システムを提供するアラーム・ドット・コム(Alarm.com)は、家庭用エネルギー管理を手がける新興企業エネルギーハブ(EnergyHub)を買収した。買収額は明らかにされていない。

 グリーンテック・メディアによると、アラームはここ数年にわたって「コネクテッド・ホーム」の戦略を積極的に進めており、事業拡大のために2012年に1億3600万ドルを調達している。

 アラームとエネルギーハブは、サンディエゴ・ガス&エレクトリック(SDGE)とのプロジェクトですでに提携している。

 エネルギーハブはこれまでに約1900万ドルを資金調達している。エネルギーハブは買収された後も、アラーム内の独立企業として運営を続ける。

 「エネルギーハブの『マーキュリー(Mercury)』プラットフォームが、包括的な需要反応制度と省エネ制度を提供するうえで最も優れたソリューションだと判断した」と、アラームのスティーブ・トランドル最高経営責任者(CEO)は声明で述べた。

 家庭用エネルギー管理市場には、防犯や電話、ケーブル・テレビといった各業界の企業が積極的に参入している。既存顧客との取引関係を生かして、新たなサービスを同梱できるためだ。省エネだけでは売り込みにくいとしても、利便性や安全性と抱き合わせた商品にすることで魅力が拡大する。

 アラームのジェイ・ケニー販促担当副社長によると、最近よく売れている機器の一つが室温調節器だ。同社の顧客100万世帯以上のうち、エネルギーハブのプラットフォームで室温調節器を使用している顧客はすでに数十万世帯に達しているという。

 アラームは、やはり家庭用防犯システムを手がけるヴィヴィント(Vivint)とも提携関係を結んでいる。ヴィヴィントは最近、第三者融資に基づく家庭用太陽光発電市場に事業を拡大し、2013年に入って7500万ドルの資金を太陽光発電事業のために調達している。

 アラームは太陽光発電市場に参入する計画を進めているわけではないが、ソーラー・パネルの管理をサポートすることは可能だ。「接続できる装置が多いほどコネクテッド・ホームの価値は高まる」とケニー氏は話す。

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

最近のニュース速報

Universal Mobile
アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用

注目の記事

  1. 九州より広いウッド・バッファロー国立公園には、森と湿地がどこまでも続いている ©Parc nati...
  2. 2022年12月9日

    住みたい国
    熊本県八代市の「くまモンポート八代」で 8月の終わりから9月中頃にかけて、私とニナは日本に飛...
  3. 2022年12月7日

    日常の些事
    冬の落ち葉 年齢を重ねると、だんだんと感動が薄くなるとはよくいわれる。ほとんどのことは過去に...
  4. 2022年12月6日

    美酒と器
    酒器の種類 酒器にはさまざまな素材、形のものが存在する。適切な器を選ばないとお酒本来...
  5. 契約上のトラブル 広範囲にわたる法律問題を扱う弊社にはさまざまなお問い合わせがありま...
  6. この号が出る頃、私とニナは日本での3週間の滞在を終えてアメリカに戻っているはずだ。ニナにと...
  7. 2022年10月7日

    森英恵の反骨精神
    裏庭の蝶 ファッションが好きな女性はたくさんいるだろう。私もその一人だ。休日の気晴らしは以前...
  8. およそ2000人の作業員により、6年間で建設されたリドー運河 カナダの首都オタワと、5大湖の...
ページ上部へ戻る