送電網に依存しないデータ・センター 〜TDCがデラウェアに建設

 送電網から電力を調達しないデータ・センターの開発プロジェクトが進められている。

 データ・センター・ノーレッジ誌によると、同プロジェクトを手がけるザ・データ・センターズ(The Data Centers=TDC)は、10億ドル以上を投じてデラウェア州ニューアーク近くに新たなデータ・センターを建設中で、独自の電源設備を敷地内に建設する計画だ。現在、最初の2段階の建設が終わっており、その時点での建設費が約4億ドルという大型事業だ。光ファイバーも敷設され、床面積は約90万平方フィートに達する。

 同データ・センターの最大の特徴は、送電網の電力から独立した自前発電施設を整備するだけでなく、逆に電力を販売して送電網に送り込む点にある。

 発電設備は天然ガス・タービンと蒸気タービン、ガス・エンジンで構成される。イースタン・ショア・ナチュラル・ガス(Eastern Shore Natural Gas)と協力して、独立した2本の天然ガス供給ラインを敷地内に引き込むことで、無停電を確立する。

 「敷地内の電熱併用(コージェネレーション)およびトライジェネレーション(熱源から生産される熱と電気に加え、発生する二酸化炭素も有効活用する電力供給システム)を使って、最高水準のエネルギー効率を達成する」「送電網に頼らず『島』のように稼動できるデータ・センターだ」と、TDCのブルース・マイアット最高技術責任者は話す。

 ガス・タービンと蒸気タービン、さらに吸着式冷却装置を互いに補助できるように設置し、余剰電力を送電網に供給して需要反応を支援する。「コストを抑えるために、ガス供給の長期契約を確保する」とマイアット氏は説明。

 このデータ・センターの建設用地には、デラウェア大学のSTAR(Science, Technology and Advanced Research)キャンパスの一部を賃貸する。TDCは、投資銀行から建設費用の半分以上を調達するめどを付けている。

 STARキャンパスは272エイカーの敷地で、クライスラーが2009年に破産した際、デラウェア大学が買い取った。TDCが借りるのはそのうちの43エイカー。これまでに、燃料電池を開発するブルーム・エネルギーがSTARキャンパスの一部を賃貸している。

 TDCのデータ・センターは2014年後半に稼動する予定で、デラウェア大学を含む3件の顧客が入居をすでに決めている。

 TDCによると、同データ・センターでは約370人を常勤雇用し、顧客企業や納入業者といったほかの組織の雇用者90人以上も勤務する見込み。

 今回の開発に際しては、デラウェア州が基盤整備用に750万ドルの補助金を拠出した。同資金は、天然ガスと水道を敷地内に引き込むのに使われる。また、同資金で変電所も新設する。その変電所はニューアーク市が保有することになる。

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

最近のニュース速報

アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用

注目の記事

  1. 九州より広いウッド・バッファロー国立公園には、森と湿地がどこまでも続いている ©Parc nati...
  2. 2022年12月9日

    住みたい国
    熊本県八代市の「くまモンポート八代」で 8月の終わりから9月中頃にかけて、私とニナは日本に飛...
  3. 2022年12月7日

    日常の些事
    冬の落ち葉 年齢を重ねると、だんだんと感動が薄くなるとはよくいわれる。ほとんどのことは過去に...
  4. 2022年12月6日

    美酒と器
    酒器の種類 酒器にはさまざまな素材、形のものが存在する。適切な器を選ばないとお酒本来...
  5. 契約上のトラブル 広範囲にわたる法律問題を扱う弊社にはさまざまなお問い合わせがありま...
  6. この号が出る頃、私とニナは日本での3週間の滞在を終えてアメリカに戻っているはずだ。ニナにと...
  7. 2022年10月7日

    森英恵の反骨精神
    裏庭の蝶 ファッションが好きな女性はたくさんいるだろう。私もその一人だ。休日の気晴らしは以前...
  8. およそ2000人の作業員により、6年間で建設されたリドー運河 カナダの首都オタワと、5大湖の...
ページ上部へ戻る