バイオ触媒で二酸化炭素を90%回収 〜アーカミンが実験で実証

 産業排気中の二酸化炭素回収技術を開発するアーカミン(Akermin)は、バイオ触媒を用いたシステムの試験運用で、数週間にわたって90%近い二酸化炭素回収率を達成した。

 エンバイロメンタル・リーダーによると、アーカミンの実験は、アラバマ州ウィルソンビルにある国立二酸化炭素回収センター(National Carbon Capture Center)で行われ、使われたシステムは「バイオカタリスト・デリバリー・システム(Biocatalyst Delivery System)」と呼ばれる。

 このシステムは酵素を触媒に用いて二酸化多酸素を回収する。アーカミンのバリー・ブラックウェル最高経営責任者(CEO)によると、この種のシステムの性能評価としては最長期間かつ最大規模の試験。

 同プロジェクトには、米エネルギー省の研究補助金が拠出されている。また、提携先または供給業者として、ノヴォザイムズ(Novozymes)、エピック・システムズ(EPIC Systems)、バッテル(Battelle)、および国立パシフィック・ノースウェスト研究所(Pacific Northwest National Laboratory)が関与している。

 試験の設備は、今後も数ヵ月にわたって稼動を継続する。その間、酵素の補給は必要とされない見通しだ。今回の実験で得られた運用データは、バイオガス変換、LNG(液化天然ガス)およびアンモニア生産といった標的市場における二酸化炭素回収効果の裏付けとして使用され、また、天然ガスや石炭を使用した火力発電所での大規模試験に向けた予備データとなる見通しだ。

 アーカミンの技術は、環境にやさしい塩を使った溶剤と独自のプロセスにより、設備稼働中にバイオ触媒を補給できる点に特徴がある。将来的には大規模な産業設備や火力発電所に応用できるようになる見込み。

 産業排気中の二酸化炭素回収を目指した試験プロジェクトは、ここ数ヵ月間に数件行われてきた。先月には、エイカー・ソリューションズ(Aker Solutions )が、セメント生産施設での世界初の試験プロジェクトを受注している。

 また、やはり先月、エアー・プロダクツ(Air Products)は、テキサス州の石油採収施設で約100万トンの回収を目指すエネルギー省の実演プロジェクトを行っていることを発表した。

Universal Mobile

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

最近のニュース速報

アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用

注目の記事

  1. 九州より広いウッド・バッファロー国立公園には、森と湿地がどこまでも続いている ©Parc nati...
  2. 2022年12月9日

    住みたい国
    熊本県八代市の「くまモンポート八代」で 8月の終わりから9月中頃にかけて、私とニナは日本に飛...
  3. 2022年12月7日

    日常の些事
    冬の落ち葉 年齢を重ねると、だんだんと感動が薄くなるとはよくいわれる。ほとんどのことは過去に...
  4. 2022年12月6日

    美酒と器
    酒器の種類 酒器にはさまざまな素材、形のものが存在する。適切な器を選ばないとお酒本来...
  5. 契約上のトラブル 広範囲にわたる法律問題を扱う弊社にはさまざまなお問い合わせがありま...
  6. この号が出る頃、私とニナは日本での3週間の滞在を終えてアメリカに戻っているはずだ。ニナにと...
  7. 2022年10月7日

    森英恵の反骨精神
    裏庭の蝶 ファッションが好きな女性はたくさんいるだろう。私もその一人だ。休日の気晴らしは以前...
  8. およそ2000人の作業員により、6年間で建設されたリドー運河 カナダの首都オタワと、5大湖の...
ページ上部へ戻る