建材一体型のソーラー機器市場が急成長 〜掃除可能の設計と高額さが課題

 建材にソーラー発電機能を組み込んだ建材一体型太陽電池(BIPV)の市場が急速に拡大している。

 ブルームバーグ・ニュースによると、2014年にサッカーのワールド・カップを主催するブラジルの競技場では、屋根やロッカールーム、駐車場のひさしにBIPV技術が使われているほか、英国北部にあるコーポラティブ・グループの社屋では、ソーラー・セル(太陽電池の基幹部品)が外壁に組み込まれている。

 BIPV技術に投資する豪州私企業投資会社バイアティクス・キャピタルのギャビン・レゾス代表は、「オフィスや工場の建物に太陽光発電機能を組み込むことは、高価な用地や見た目の良くない後付け機器の必要性を排除できる最も明白なエネルギー調達法」と説明する。

 コンサルティング大手アクセンチュアによると、BIPV市場は現在の約21億ドルから2015年には75億ドルに拡大し、BIPV技術が応用されたガラスの売上高は42億ドル、壁材は8億3000万ドル、外壁タイルや屋根板は約15億ドルに達すると予想される。

 従来のソーラー・パネルが供給過多で2008年以降に価格が90%も落ち込み、経営破綻するメーカーも出るなか、BIPVは付加価値代を乗せた材料費を請求できるため、業界に明るさをもたらしている。米国ではその市場もすでに確立しており、化学大手ダウ・ケミカルは、一見すると従来品と変わらないソーラー機能付き屋根板を12州以上で販売している。

 バイアティクスが投資するダイソル(Dyesol、オーストラリア)社は、太陽光をエネルギーに変換する植物の葉を参考に、あらゆる建物に適用可能なソーラー・セルの効率を高める色素太陽電池を開発し、インドのタタ・スチールと協力して同技術を倉庫用の鉄製屋根に組み込もうとしている。

 また、米バンテージポイントや英スコティッシュ・エクイティ・パートナーズは、住宅や事務所、高層ビルに使う屋根用タイル板にソーラー発電技術を組み込む英ソーラー・センチュリー・ホールディングスに投資している。

 ただ、建材とソーラー発電技術の一体化には課題もある。フォスター+パートナーズは、「掃除や維持管理がしやすい造りであることが重要」と指摘する。汚れると発電効率が大幅に下がって、高額の発電建材の恩恵を十分に受けられなくなる。一体型のソーラー建材は一般に、従来のソーラー・パネルより10%ほど割高だ。

 ブルームバーグ・ニュー・エネルギー・ファイナンスのソーラー発電専門家は、「今のところ、屋根が特殊な形でない限り、普通のソーラー・パネルを設置する方がはるかに安上がり」と指摘する。

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

最近のニュース速報

アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用

注目の記事

  1. 九州より広いウッド・バッファロー国立公園には、森と湿地がどこまでも続いている ©Parc nati...
  2. 2022年12月9日

    住みたい国
    熊本県八代市の「くまモンポート八代」で 8月の終わりから9月中頃にかけて、私とニナは日本に飛...
  3. 2022年12月7日

    日常の些事
    冬の落ち葉 年齢を重ねると、だんだんと感動が薄くなるとはよくいわれる。ほとんどのことは過去に...
  4. 2022年12月6日

    美酒と器
    酒器の種類 酒器にはさまざまな素材、形のものが存在する。適切な器を選ばないとお酒本来...
  5. 契約上のトラブル 広範囲にわたる法律問題を扱う弊社にはさまざまなお問い合わせがありま...
  6. この号が出る頃、私とニナは日本での3週間の滞在を終えてアメリカに戻っているはずだ。ニナにと...
  7. 2022年10月7日

    森英恵の反骨精神
    裏庭の蝶 ファッションが好きな女性はたくさんいるだろう。私もその一人だ。休日の気晴らしは以前...
  8. およそ2000人の作業員により、6年間で建設されたリドー運河 カナダの首都オタワと、5大湖の...
ページ上部へ戻る