シュナイダー、インヴェンシスを買収へ 〜産業制御事業で競合社に対抗

 フランスの電力機器大手シュナイダー・エレクトリック(Schneider Electric)は、イギリスの産業制御システム大手インヴェンシス(Invensys)を52億ドルで買収する。

 グリーンテック・メディアによると、シュナイダーがインヴェンシスを買収するという予想は7月初めに報じられており、インヴェンシス買収で競合する可能性がある企業として、エマーソンやシーメンス、ゼネラル・エレクトリック、ABBの名前もささやかれていた。

 最終的には買収合戦は起こらず、シュナイダーが34億ポンド(52億ドル)で買収契約に合意した。買収手続きは2013年第4四半期に完了する見通し。

 ブルームバーグは、シュナイダーが買収費用を賄うために25億6000万ポンド(36億ドル)の融資を調達する計画だと先日報じた。

 シュナイダーは、スマート・グリッドおよび電力機器の分野で大手の地位を築いている。インヴェンシスを買収することで、石油やガス、石油化学、鉱山、製薬といった業界の産業制御関連の顧客を獲得する。

 シュナイダーは2006年にアメリカン・パワー・コンヴァージョン(American Power Conversion)を62億ドルで買収しており、今回の買収はそれ以来最大の買収となる。

 その間、多数のスマート・グリッド関連資産を取得しており、2011年にはエネルギー管理を手がけるサミット・エネルギー(Summit Energy)を2億6800万ドルで買収、やはり同年に、産業自動化情報技術を手がけるテルヴェント(Telvent)を20億ドルで買収している。

 シーメンス(独)やABB(スイス)といった欧州の競合も、買収を通じて産業制御分野の事業を強化している。ABBは2010年にヴェンティクス(Ventyx)を10億ドルで買収して原子力関連の産業制御システムを取得した後、鉱山ソフトウェアを手がけるミンコム(Mincom)も2011年に買収した。

 シーメンスは産業自動化分野の大手で、同業界の専門企業を複数買収してきた。素材関連ソフトウェアを開発する米国のヴィステジー(Vistagy)を2011年に買収したほか、2012年に3DソフトウェアのVRコンテキスト(VRcontext )、シミュレーション・ソフトウェアのLMSインターナショナル(LMS International)、さらにベルギーの企業2社を買収している。

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

最近のニュース速報

アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用

注目の記事

  1. 九州より広いウッド・バッファロー国立公園には、森と湿地がどこまでも続いている ©Parc nati...
  2. 2022年12月9日

    住みたい国
    熊本県八代市の「くまモンポート八代」で 8月の終わりから9月中頃にかけて、私とニナは日本に飛...
  3. 2022年12月7日

    日常の些事
    冬の落ち葉 年齢を重ねると、だんだんと感動が薄くなるとはよくいわれる。ほとんどのことは過去に...
  4. 2022年12月6日

    美酒と器
    酒器の種類 酒器にはさまざまな素材、形のものが存在する。適切な器を選ばないとお酒本来...
  5. 契約上のトラブル 広範囲にわたる法律問題を扱う弊社にはさまざまなお問い合わせがありま...
  6. この号が出る頃、私とニナは日本での3週間の滞在を終えてアメリカに戻っているはずだ。ニナにと...
  7. 2022年10月7日

    森英恵の反骨精神
    裏庭の蝶 ファッションが好きな女性はたくさんいるだろう。私もその一人だ。休日の気晴らしは以前...
  8. およそ2000人の作業員により、6年間で建設されたリドー運河 カナダの首都オタワと、5大湖の...
ページ上部へ戻る