ミシガンのデータ・センター、「エナーシュア・バス」を採用

 ミシガン州ロイヤル・オークにあるリデータ・センターのバティー・センター・ワン(Liberty Center One)は、トレンドポイント・システムズ(TrendPoint Systems)の効率化装置「エナーシュア・バス・パワー・メーター(EnerSure Bus Power Meter)」を採用した。

 トレンドポイントは、商用規模の電力および冷却モニター装置を開発している。エナーシュア・バスはトレンドポイントの新製品で、「エナーシュア・ブランチ・サーキット・パワー・メーター」製品群を拡大するものと位置付けられる。

 グリーン・テクノロジー・ワールドによると、エナーシュア・バスは、ITおよび冷却負荷からアンペア数や電圧、出力係数、ワット数、キロワット時といった各種データを取得するシステムで、電力メーターに関する米国規格協会(ANSI)の標準規格「C12.1」を満たす唯一の製品だ。

 リバティー・センター・ワンでは、同装置の導入によってPUE(電力使用効率)を高めることを目指している。

 エナーシュア・バスは、データ・センターの電力消費状況を監視して、電力使用が過負荷を生じかねない水準にまで上がると警告を発したり、長期にわたる電力使用の傾向を報告したりすることで、電力消費管理を効率化させる。

 リバティー・センター・ワンのパトリック・ターナー最高技術責任者によると、フォーチュン100企業の重要システムを管理するのに適した品質の監視製品を探した結果、トレンドポイントのエナーシュア・バスが「明らかな選択肢」として浮上した話す。

 「第一に、商業水準の精度を誇るソリューションが必要だった。しかも、エナーシュア・バスの実装コストは、類似製品の半分程度だった」「当社の内部監視システムへの統合も容易だったことから、エナーシュア・バスに決めることは簡単な判断だった」とターナー氏は述べた。

 同データ・センターでは、最新設計の4000平方フィートの拡張部分にエナーシュア・バスを設置し、12月1日から本格始動させる予定。

 エナーシュア・バスの装置は、1台で最大84基の回路をサポートし、最大4000アンペア、120/208ボルトおよび277/480ボルトの両システムを監視できる柔軟対応が特長。価格はタップ1件につき600ドル。

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

最近のニュース速報

Universal Mobile
アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用

注目の記事

  1. 契約上のトラブル 広範囲にわたる法律問題を扱う弊社にはさまざまなお問い合わせがありま...
  2. この号が出る頃、私とニナは日本での3週間の滞在を終えてアメリカに戻っているはずだ。ニナにと...
  3. 2022年10月7日

    森英恵の反骨精神
    裏庭の蝶 ファッションが好きな女性はたくさんいるだろう。私もその一人だ。休日の気晴らしは以前...
  4. およそ2000人の作業員により、6年間で建設されたリドー運河 カナダの首都オタワと、5大湖の...
  5. 本特集は一般的なケースの情報提供を目的としたものです。特定事例におけるアドバイスが必要な場合は、専...
  6. 2022年8月11日

    有名人の親に学ぶ
    日本でも動画を撮影。シオンさんは右から2人目 写真提供:シオン・カジ 先日、超有名キッズユー...
  7. 2022年8月9日

    遊び上手
    独断と偏見だが、アメリカ人の良いところは遊び上手なことではないだろうか。日本人の若い方々は...
  8. カナダの東部、大西洋上に浮かぶニューファンドランド島。この島の西岸に位置するグロス・モーン国立公園...
ページ上部へ戻る