新興企業アジリス、電力消費分析を立体グラフ化

 新興企業のアジリス(Agilis)は、建物のエネルギー管理データに、気象情報や建物の使用状況データといった様々な要因を加え、見やすい立体グラフにして提示するソフトウェア・プラットフォームを開発した。

 グリーンテック・メディアによると、同社は、母と息子の二人が自己資本で始めた企業で、2009年にサース(SaaS)として同プラットフォームを発表し、以来、コンステレーション・エネルギー(Constellation Energy)をはじめ、大手エネルギー会社の市場を開拓している。

 コンステレーションでは、商業不動産市場の顧客が省エネ化に投資する際に役立つツールとして、同プラットフォームを活用している。

 アジリスが獲得したほかの顧客には、ボストン・プロパティーズ(Boston Properties)、フェデラル・キャピタル・パートナーズ(Federal Capital Partners)、KBSリアルティ・アドバイザーズ(KBS Realty Advisors)といった不動産会社がある。

 KBSは、ワシントンDC地域の複数の建物でアジリスのシステムを試験運用した結果、初期投資をほどんどかけずに平均10〜15%の節電効果を達成した。

 アジリスを創設したジョー・ハール最高経営責任者(CEO)によると、10〜15%の節電効果は同社のプラットフォームにとってごく一般的で、最大50%の効果を出すこともあるという。効果の規模は、システム導入前に建物がどれほど効率的に管理されていたかによる部分が大きい。

 この種の可視性を売り物にした技術は、アジリスの専売特許ではない。コンステレーションほか、ハネウェル、ジョンソン・コントロールズ、シーメンス、シュナイダー・エレクトリックといった大手に加え、エナーNOC(EnerNOC)、SCIエネルギー(SCIenergy)、ヴィリディティー・エネルギー(Viridity Energy)、ビルディングIQ(BuildingIQ)、ファーストフュエル(FirstFuel)、レトロフィシエンシー(Retroficiency)、スカイファウンドリー(SkyFoundry)といった新興企業が、建物効率化のサービスを提供している。

 アジリスのプラットフォームの特長は、任意の時間の電力使用量が設定値を超えた場合に商業顧客に課される付加料金をはじめ、複雑に絡み合う要因を分かりやすい3Dグラフにして示す点にある。

 ハール氏は、海軍で原子力担当者を務めた経歴を有し、2003年にアジリスを設立するまでの10年間は、米国のプログレス・エネルギー、北欧、オーストラリア、日本のエンロンでエネルギー取引の管理に従事していた。それらの経験が、多数の変動要因を分析する能力に生かされている。

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

最近のニュース速報

アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用

注目の記事

  1. 契約上のトラブル 広範囲にわたる法律問題を扱う弊社にはさまざまなお問い合わせがありま...
  2. この号が出る頃、私とニナは日本での3週間の滞在を終えてアメリカに戻っているはずだ。ニナにと...
  3. 2022年10月7日

    森英恵の反骨精神
    裏庭の蝶 ファッションが好きな女性はたくさんいるだろう。私もその一人だ。休日の気晴らしは以前...
  4. およそ2000人の作業員により、6年間で建設されたリドー運河 カナダの首都オタワと、5大湖の...
  5. 本特集は一般的なケースの情報提供を目的としたものです。特定事例におけるアドバイスが必要な場合は、専...
  6. 2022年8月11日

    有名人の親に学ぶ
    日本でも動画を撮影。シオンさんは右から2人目 写真提供:シオン・カジ 先日、超有名キッズユー...
  7. 2022年8月9日

    遊び上手
    独断と偏見だが、アメリカ人の良いところは遊び上手なことではないだろうか。日本人の若い方々は...
  8. カナダの東部、大西洋上に浮かぶニューファンドランド島。この島の西岸に位置するグロス・モーン国立公園...
ページ上部へ戻る