テスラ、モデルSの充電器2.9万台をリコール

 電気自動車(EV)メーカーのテスラ・モーターズは15日までに、2013年型「モデルS」の充電器約2万9000台について、発火の恐れがあるとして米国内でのリコール(無償回収・修理)の実施を運輸省道路交通安全局(NHTSA)に届け出た。

 ニューヨーク・タイムズによると、テスラはNHTSAに対し、240ボルトの再充電に使われる「NEMA 14-50」アダプターが過熱し、「アダプターの部品が溶けたり、最悪の場合には出火などの問題を引き起こしかねない」と説明した。

 テスラによると、12年下半期以降、充電が途中で止まる不具合でアダプターの約2.7%が消費者から返品されている。同社は当初、損傷がアダプター内部に限られていたため安全上問題があるとは認識していなかったという。

 それでも、テスラは13年末にNHTSAに対し、「大々的に報道された」カリフォルニア州アーバインでのガレージ火災を含め、複数の事例を通じてアダプターの外部にも損傷が認められることを明らかにした。

 NHTSAは今回のリコールの対象をモデルSとして公表しているものの、テスラは修理が必要なのはアダプターのみで、無線によるソフトウェア更新で対応できると説明しており、所有者が車を自動車販売店に持ち込む必要はないという。

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

最近のニュース速報

資格の学校TAC
アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用

注目の記事

  1. 契約上のトラブル 広範囲にわたる法律問題を扱う弊社にはさまざまなお問い合わせがありま...
  2. この号が出る頃、私とニナは日本での3週間の滞在を終えてアメリカに戻っているはずだ。ニナにと...
  3. 2022年10月7日

    森英恵の反骨精神
    裏庭の蝶 ファッションが好きな女性はたくさんいるだろう。私もその一人だ。休日の気晴らしは以前...
  4. およそ2000人の作業員により、6年間で建設されたリドー運河 カナダの首都オタワと、5大湖の...
  5. 本特集は一般的なケースの情報提供を目的としたものです。特定事例におけるアドバイスが必要な場合は、専...
  6. 2022年8月11日

    有名人の親に学ぶ
    日本でも動画を撮影。シオンさんは右から2人目 写真提供:シオン・カジ 先日、超有名キッズユー...
  7. 2022年8月9日

    遊び上手
    独断と偏見だが、アメリカ人の良いところは遊び上手なことではないだろうか。日本人の若い方々は...
  8. カナダの東部、大西洋上に浮かぶニューファンドランド島。この島の西岸に位置するグロス・モーン国立公園...
ページ上部へ戻る