住人を追跡するスマート住宅の研究 〜 バージニア大学のコンピュータ科学者

 バージニア大学のカミン・ホワイトハウス准教授(コンピュータ科学)は、居住者(住宅内の住人)の宅内行動を追跡して話しかけるソフトウェアの開発に取り組んでいる。

 ウォール・ストリート・ジャーナルによると、同教授はそれによって節電や安全性が高まると考えており、複数の世帯で試験運用している。

 ホワイトハウス准教授が率いる研究班は、いくつもの検知器を壁に埋め込むことで、たとえば、電気の消し忘れやそのほかの家族の行動を追跡してその行動様式を分析し、利用者たちに報告または助言するシステムを設計した。

 多くのシリコン・バレー企業はこれまで、食品の状態を認識して知らせるスマート冷蔵庫といった接続型の家電や消費者電子機器の開発に関心を寄せてきたが、ホワイトハウス氏は、追跡するなら機器よりも人間のほうが興味深い、と考えている。

 ホワイトハウス氏の研究班が構築したシステムでは、検知器をプログラムすることで住宅内の個人を体格によって特定して追跡し、その行動様式を記録できる。

 研究班は現在、住人を家電の使用頻度や水の出しっぱなしといった行動と結びつけることで、エネルギー消費量を抑制するために同システムを試験的に運用している。

 そのため、同システムは、シャワーをもっとも長く使うのはだれなのかや、照明を消し忘れるのはだれか、台所で一番長く過ごすのはだれかといった行動様式を判明させる。

 そのほかにも、たとえば、高齢者が1日にどのくらい動いたかや何回食事したかを追跡し、高齢者の生活様式や健康状態を常に確認できるようになる、とホワイトハウス氏は説明する。

 「家の壁は文字通り、住人を理解するための検知基板となる」とホワイトハウス氏は開発中のソフトウェアについて話す。

 同ソフトウェアは、人気小説「ハリー・ポッター」に登場した「すべてが見える魔法の地図」にちなんで「モウレイダーの地図(Maurader’s Map)」と同氏によって名付けられた。

 当然のことながら、同ソフトウェアの使用にはプライバシー侵害問題がつきまとうことは容易に想像できる。

 ホワイトハウス氏はそれについて、マサチューセッツ工科大学(MIT)がサンフランシスコで9日に開いた技術審査サミットの席上、言及しなかった。

 同氏はその代わりに、同システムが家族間の緊張感を和らげるだろう、とサミット後に話した。

 「家族間の緊張は、たとえば、電気の消し忘れや冷蔵庫の開けっ放しという行動によって引き起こされる場合が多く」、その解消に役立つというのがホワイトハウス氏の見方だ。

 また、「それらの行動は家全体の電力消費量からみれば非常に小さな節電にしかならないが、電力浪費の行動がエネルギー使用分析結果として明確になれば、それを防ぐための大きな解決策を知ることができ、冷暖房といった大きな消費源での節電につながる」。

 同氏は現在、同システムを4世帯で試験運用している。同システムは、スマートフォン用アプリケーションとデスクトップ・パソコン用ブラウザーで利用できる。

Universal Mobile

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

最近のニュース速報

Universal Mobile
アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用

注目の記事

  1. 2023年2月14日

    愛するアメリカ
    サンフランシスコの町並み 一年中温暖なカリフォルニアだが、冬は雨が降る。以前は1年間でたった...
  2. キルトを縫い合わせたような美しい田園風景が広がるグラン・プレ カナダの東部ノヴァスコシア州に...
  3. 本稿は、特に日系企業で1年を通して米国に滞在する駐在員が連邦税務申告書「Form 1040...
  4. 九州より広いウッド・バッファロー国立公園には、森と湿地がどこまでも続いている ©Parc nati...
  5. 2022年12月9日

    住みたい国
    熊本県八代市の「くまモンポート八代」で 8月の終わりから9月中頃にかけて、私とニナは日本に飛...
  6. 2022年12月7日

    日常の些事
    冬の落ち葉 年齢を重ねると、だんだんと感動が薄くなるとはよくいわれる。ほとんどのことは過去に...
  7. 2022年12月6日

    美酒と器
    酒器の種類 酒器にはさまざまな素材、形のものが存在する。適切な器を選ばないとお酒本来...
  8. 契約上のトラブル 広範囲にわたる法律問題を扱う弊社にはさまざまなお問い合わせがありま...
ページ上部へ戻る