テスラの電池をビルの電源に 〜 不動産開発業者と新興企業が加州で共同事業

 テスラ(Tesla)の電気自動車向け電池をオフィス・ビルの電源として利用する試みがカリフォルニア州で始まる。

 不動産開発業者のアーヴァイン・カンパニー(The Irvine Company)と新興企業のアドバンスド・マイクログリッド・ソリューションズ(Advanced Microgrid Solutions)が明らかにした。

 フォーチュン誌によると、両社は車5台分の駐車スペース大の電池施設(battery farm)をカリフォルニア州アーヴァイン市の建物に隣接して設置する。

 両社は、冷房が一斉に稼働する真夏の午後のように送電網経由の電力需要が非常に高まるときに、アドバンスド・マイクログリッドのソフトウェアによって電池による電力供給に切り替える計画だ。

 アドバンスド・マイクログリッドは、電力会社サザン・カリフォルニア・エジソン(Southern California Edison)に50メガワット相当の電池システムを供給する契約を結んでいる。その契約の一環として、約1万戸の電気使用量にあたる約10メガワット分の電池システムを2016年中にアーヴァイン市で設置する。

 GTMリサーチは、米国全土で約220メガワット相当の電池が2015年中に設置されると予想する。また、サザン・カリフォルニア・エジソンは、向こう数年間にカリフォルニア州で250メガワット相当の電池を設置する計画だ。

 電力会社は電池を利用することで、給電安定性を保つとともに、発電所の新設といった新規投資を避けることができる。

 また、建物所有者は、電気代が高い時間帯に電池に切り替えることで、月々の電気代を節約できる。

 アドバンスド・マイクログリッドは同計画の初期段階として、テスラ製電池を24棟に設置する。アドバンスド・マイクログリッドによると、送電網のピーク時電力需要がそれによって25%削減される。

 テスラは、電気自動車向けリチウムイオン電池を電力会社や不動産開発業者、住宅所有者に販売する新部門を5月に設立している。

 テスラとアドバンスド・マイクログリッドのほかにも、AESやステム(Stem)、ゼネラル・エレクトリック(General Electric)が電池を商業利用する新事業立ち上げに取り組んでいる。

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

最近のニュース速報

資格の学校TAC
アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用

注目の記事

  1. 契約上のトラブル 広範囲にわたる法律問題を扱う弊社にはさまざまなお問い合わせがありま...
  2. この号が出る頃、私とニナは日本での3週間の滞在を終えてアメリカに戻っているはずだ。ニナにと...
  3. 2022年10月7日

    森英恵の反骨精神
    裏庭の蝶 ファッションが好きな女性はたくさんいるだろう。私もその一人だ。休日の気晴らしは以前...
  4. およそ2000人の作業員により、6年間で建設されたリドー運河 カナダの首都オタワと、5大湖の...
  5. 本特集は一般的なケースの情報提供を目的としたものです。特定事例におけるアドバイスが必要な場合は、専...
  6. 2022年8月11日

    有名人の親に学ぶ
    日本でも動画を撮影。シオンさんは右から2人目 写真提供:シオン・カジ 先日、超有名キッズユー...
  7. 2022年8月9日

    遊び上手
    独断と偏見だが、アメリカ人の良いところは遊び上手なことではないだろうか。日本人の若い方々は...
  8. カナダの東部、大西洋上に浮かぶニューファンドランド島。この島の西岸に位置するグロス・モーン国立公園...
ページ上部へ戻る