エレクトロ・パワーとオートグリッドが提携 〜「パワー・トゥ・ガス」に革新

 クリーン電力を使って水分解し水素燃料を生成および貯蔵する技術を手がける新興企業エレクトロ・パワー・システムズ(Electro Power Systems)は、データ分析技術を手がけるオートグリッド・システムズ(AutoGrid Systems)と提携した。

 エレクトロ・パワーは、クリーン電力を使った比較的小規模の水素燃料生成システムを専門としている。一方のオートグリッドは、送電網の需給均衡データを活用するソフトウェアを開発して、需要反応を最適化している。

 クリーンテクニカ誌によると、両社の提携では、オートグリッドの予想制御技術を使用して、効率良く効果的に蓄電する方法をエレクトロ・パワーの装置を利用者に提供する。

 それによって、複数の蓄電装置や分散型エネルギー源をまとめて一つの電源のように管理し、公益会社の需要反応制度に参加したり、需用電力料金を削減したりすることが可能となる。

 また、再生可能エネルギーの発電能力がある施設では、余剰電力を送電網に送り返して売電することもできる、とオートグリッドは説明している。

 再生可能エネルギーを使って水素燃料を生成する過程は、「パワー・トゥ・ガス(Power To Gas)」と呼ばれている。水素燃料は、水分解の過程でクリーン・エネルギーを使用してこそクリーン・エネルギーと言え、経済的に実現するには風力または太陽光発電を使用する取り組みが有力だ。既存の水力発電が豊富にある場所では、それも有力な選択肢となる。

 水力発電の豊富なスイスや風力および太陽光発電の盛んなドイツでは、余剰電力を貯蔵する方法として大規模のパワー・トゥ・ガスが注目され始めている。

 しかし、小規模装置への関心を高めて個別の事業施設保有者にとって魅力的な取り組みとなれるかどうかは、いまのところ不透明だ。エレクトロ・パワーとオートグリッドの提携は、その疑問を解決する一つの切り口となるかもしれない。

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

最近のニュース速報

資格の学校TAC
アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用

注目の記事

  1. 2023年12月6日

    再度、留学のススメ
    名古屋駅でホストファミリーと涙の別れ(写真提供:名古屋市) 以前に、たとえ短期であっても海外...
  2. 移民法 永住権(グリーンカード) 永住権の取得は、結婚による申請や雇用による申...
  3. 2023年10月8日

    若者の自殺
    かなり重いテーマになってしまうのだけれど、最近、若い世代の自殺について考えさせられることが...
  4. 2023年10月6日

    フィレンツェの日々
    フィレンツェの遠景 誰にでもささやかな夢がある。イタリアで長い休暇を取ってみたかった娘家族は...
  5. 縦横無尽に川が流れ、湖や湿地帯、針葉樹林などの美しい自然が広がるピマチオウィン・アキ。世界複合遺産...
  6. こどもの進学の資金集め、老後の生活など、さまざまな理由で資産運用を始めたい人のために、アメ...
  7. パンデミックの終焉とともに、今年の春以降、各国間の交流が再開した。そして私は5月、日本の某学校法人...
  8. フロリダ、パームビーチで 石川啄木の短歌は胸に沁みる。「ふるさとの訛なつかし停車場の人ごみの...
ページ上部へ戻る