さよならアントン 「Star Trek Beyond」
(7月22日公開)

文/はせがわいずみ(Text by Izumi Hasegawa)

© 2016 Paramount Pictures

© 2016 Paramount Pictures

オリジナルの若い頃を描く映画「Star Trek」シリーズの最新作「Star Trek Beyond」は、二つの不幸が重なった作品となった。製作中にスポック役でお馴染みのレナード・ニモイが持病の悪化で83歳でこの世を去ったのに続き、映画の公開間近にチェコフ役のアントン・イェルチンが不慮の事故で27歳で亡くなったのだ。

記者会見で、カーク船長に扮したクリス・パインは、アントンとの思い出をこう語った。「彼はいろいろなことに挑戦する人だった。アントンに初めて会ったのは彼が17歳くらいの時で、ぼくの控え室で一緒にギターを弾いた。とても上手だったよ。でも彼は『もう行かなきゃ』って言うんだ。理由は、難解なロシア語の小説の英語翻訳の続きをしなきゃいけないのとフランスの哲学者が書いた物理学の本を読みたいからで、それらは本作の撮影時でもまだがんばっていたようだったよ。音楽や写真の企画もあって、この夏には映画監督に初挑戦するとも言っていた。彼はとにかく人生にとても興味を持っていた人物だったよ」。筆者もアントンには何度か取材したことがあったが、音楽好きの好青年という印象で、昨年春には、カラオケでの曲目について盛り上がった。あれが最後のインタビューになるとは……。

本作は、コメディー俳優兼脚本家で、スコッティ役としても出演するサイモン・ペグが共同で脚本を担当しただけあり、そこかしこにユーモアが散りばめられ、新シリーズの中で一番オリジナルに近い雰囲気が漂っていた。

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

はせがわいずみ (Izumi Hasegawa)

はせがわいずみ (Izumi Hasegawa)

ライタープロフィール

島根県松江市出身。映画ジャーナリスト・神主。NHKなどのアナウンサーを経て、映画・TV記者に。取材したセレブはのべ5000人以上。スターのインタビューや写真を全世界の媒体に配信する通信社Hollywood News Wire Inc. を経営 (一部をWhatsUpHollywood.comに掲載。動画インタビューはUTBでも放送中!!)。ハリウッドと日本の架け橋としてHollywood-PRを立ち上げ、PR・マーケティング、コンサルタントとしても活動中。
実家が神社(出世稲荷神社)なので神主の資格を持つ。島根県ふるさと親善大使「遣島使」。著書:TV『24』公式解説本『メイキング・オブ 24-TWENTY FOUR-』(竹書房)

この著者への感想・コメントはこちらから

Name / お名前*

Email*

Comment / 本文

この著者の最新の記事

関連記事

注目の記事

  1. まずはミズーリ州最高峰を制覇 広いアメリカ、旅先にはことかかないようで、意外と他州に目が向かな...
  2. ナチュラルにこだわる  私たちの仕事はアロマスペースデザインです。アロマで空間をデザイ...
  3. 前を走っている車が跳ねた石が、車のフロントガラスに当たって傷がついた経験がある人も多いと思い...
  4. アメリカの就職・転職
    世界を動かす経済大国「アメリカ合衆国」。世界各国から優秀な人材が集結し、新しい情報に触れるこ...
  5.  ニナはほぼ毎日「今日はどんな1日だった?」と聞いてくる。私は仕事で大変だったことや、興味深い人物に...

デジタル版を読む

フロントライン最新号
ページ上部へ戻る