眠気を吹っ飛ばす「Storks」
(9月23日公開)

文/はせがわいずみ(Text by Izumi Hasegawa)

© 2016 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.

© 2016 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.

 日本から帰国して20時間後の午後4時半からの試写だったので、「ちょっとでもつまらないと爆睡してしまうのは確実」と思いながら臨んだ(西海岸だと午後4時頃から時差ボケの睡魔との戦いが始まる)。

 結果は……、退屈にさせる瞬間はほとんどないばかりか、爆笑シーンや程よいハラハラの連続で、観終わった後、体が軽くなった気がした。

 欧米では、赤ちゃんを運んでくる鳥として親しまれているコウノトリ。そのアイデアをベースにした本作。登場キャラの鳥には歯があり、オオカミの突拍子もない非現実なスキル(一見の価値あり!)に大爆笑するが、そもそも赤ちゃんを鳥が運ぶという考え自体がファンタジーなので、どんな非現実ネタも許せてしまう。差別や効率優先など、現代社会への糾弾をさらりと入れ込んでいるところも憎い。地味なネタと声優陣ながら、予想以上に楽しめた1本だった。

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

はせがわいずみ (Izumi Hasegawa)

はせがわいずみ (Izumi Hasegawa)

ライタープロフィール

島根県松江市出身。映画ジャーナリスト・神主。NHKなどのアナウンサーを経て、映画・TV記者に。取材したセレブはのべ5000人以上。スターのインタビューや写真を全世界の媒体に配信する通信社Hollywood News Wire Inc. を経営 (一部をWhatsUpHollywood.comに掲載。動画インタビューはUTBでも放送中!!)。ハリウッドと日本の架け橋としてHollywood-PRを立ち上げ、PR・マーケティング、コンサルタントとしても活動中。
実家が神社(出世稲荷神社)なので神主の資格を持つ。島根県ふるさと親善大使「遣島使」。著書:TV『24』公式解説本『メイキング・オブ 24-TWENTY FOUR-』(竹書房)

この著者への感想・コメントはこちらから

Name / お名前*

Email*

Comment / 本文

この著者の最新の記事

関連記事

注目の記事

  1. 2年前に起業を決意 まずはインスタグラム  2年前にポートンランドで起業して、今やオ...
  2.  東日本大震災で犠牲になったアメリカ人、テイラーさん(当時24歳)の生涯を、家族や恋人、友人...
  3.  普段から首の痛みが酷い。毎日、パソコンに向かってタイプし続けているせいだと思うが、そのうち...
  4. 誰もが知ってるファーストフードの店マクドナルド。しかし、フランチャイズ化を成功させたのは、創...
  5. Part1 北米・ヨーロッパの名産を日本へ Nishimoto World Gift 詳細...

デジタル版を読む

フロントライン最新号
ページ上部へ戻る