Beauty Special 2016 Fall
こだわり美容アイテム

Hoyu

日本で馴染みがあるビゲンは日系スーパーで購入可能。実はここアメリカでは、同ブランドは日本人のみならず、アフリカ系、ヒスパニック、中国系や韓国系をはじめとする日系以外のアジア系の消費者にも幅広く浸透している。2016年春には、日本でも人気の香りのヘアカラーBigen Aroma Colorをアジアスーパー向けに新発売。普段は美容院だけで染めている人も、次の美容院までの合間に白髪が気になった際に自分で手軽に染められるのが嬉しい。

hoyu1

Bigen Aroma Color
シトラスにジャスミンとバラを組み合わせた、ソフトで優しく洗練された香りがポイント。2015年に日本で行った調査によると、同商品には「ヘアカラー独特のきついニオイがない」と回答した人が90%に達した。日本でも人気のクリームタイプだから気になる生え際の白髪もしっかりカバー。芳醇なアロマに包まれながら、美しく若々しい髪を手に入れられると好評。

体験談 Testimonial
香りとコームで差がつく
Bigen Aroma Colorをトライ

hoyu2

これまでは米系スーパーで購入できるカラーリング剤を使っていましたが、今回、新発売のBigen Aroma Colorを試してみて、あまりにも楽で簡単だったので今後はこれに切り替えるつもりです。これまでと違うポイントその1は、カラーリング剤独特のきついニオイが一切しないこと。染めている時だけでなくその後もしばらくいい香りが続きました。ポイントその2は、しっかり塗布できるタイプのブラシと仕上げに全体に行き渡らせるためのコームが付いていること。これがあるのとないのとでは手間が全然違いますね。(トーランス在住・主婦)

 

1 2

3

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

この著者の最新の記事

関連記事

注目の記事

  1.  東日本大震災で犠牲になったアメリカ人、テイラーさん(当時24歳)の生涯を、家族や恋人、友人...
  2.  アメリカのトップ1%(実質的には0.1%)による富の支配が騒がれるようになってから、随分経...
  3. なぜ、ニューヨークに1号店?  日本は寝具に関しては布団とベッドと両方がありますが、...
  4.  アリゾナの州都フェニックスは、国立公園グランドキャニオンや、人気の観光地セドナへ行く「玄関...
  5. 自転車愛な町に ちょい乗りシステム 車に頼りすぎるアメリカでは珍しく、ポートランドは公共交通...

デジタル版を読む

フロントライン最新号
ページ上部へ戻る