【英会話】YOKOのLA通信第79回

読者のみなさん、こんにちは。
Welcome to August.

年間で私が一番好きな8月が始まりましたね。
なぜ8月が好きかと言うと読者の方で知っていられる方もいますが、私の誕生日月なので、何となくウキウキした気分になります。
今年の誕生日はどこでどのようにお祝いをしてくれるのか全く分かりませんが、お誕生日はいくつになっても嬉しいですね。
できたらビーチの近くの大きなAir BnBを借りて、家族や友人達と楽しめたらいいな。と一人思っています。笑

子供の頃、夏生まれの子供は「親不孝」と言われていると母によく言われていました。
理由は暑いので赤ちゃんも、母親も大変だからと言っていたような。
父は母が私をおんぶすることをさせませんでした。
理由は、おんぶするとガニ股になるからと言う理由でした。
また食事の時に正座はしませんでした。いつも足を伸ばしてご飯を食べていました。これも足の形を気にした父の考えでした。
父は医者でしたので、彼なりの考えがあって私は全く、おんぶされることもなく正座をしてご飯を食べることもなく成長しましたので、足だけは本当に今でもまっすぐ伸びています。笑。
と言うわけで、今でも一番の自慢は足です。父親に感謝ですね。
私は数週間前にも書きましたが、エアコンあまり好きじゃなく、暑さを肌で感じる方が好きなのです。
先週末も、ビルと一緒にハモサビーチに行ったのですが、かなり暑い週末でしたが、私は暑さより、ビーチから感じる夏を楽しんでいました。
ビルは暑いと文句を言っていましたが。笑
先週、娘達のお誕生日に家族で行ったレストランでは家族で楽しく過ごしました。
話題はもっぱら長女の結婚式でしたが、来年の5月を予定しています。

式場はまだ正式には決まっていませんが、候補が二つあり、サンタバーバラのビーチの前にある美術館の中(結婚式ができるような設備があります)、もう一つの案はNewport Beachの船上Weddingを考えているようです。
今週中には場所は決まる予定です。
又決まりましたらお知らせしますね。

誕生日(左:7年前、右:3年前)

今年の誕生日

たこ焼きパーティ

ビルさんとハモサビーチで

【前回の課題解答】★★★

Billは友人のJoeに禁煙について話しています。今週も男同士の会話です。

Bill: I decided to bite the bullet and stop smoking a week ago.But I certainly have been a up hill battle that’s for sure.
1週間前に凄く辛いのを覚悟で煙草をやめる覚悟をしたんだよ。でも、マジで苦戦しているよ。

Joe: Well, hang in there I did the same thing 3 years ago and I know because I was a chain smoker.
まあ、とにかく頑張れよ.僕も3年前に同じことをしたんだ。僕もチェーンスモカーだったからよくわかるよ。

Bill: I knew it wasn’t going to be no picnic when I went into this so no worries.
禁煙を始めた時に楽なことではないことは、分っていたので大丈夫だよ。

Joe: In the long run you won’t even think about it but it is going to take a while.
長い目で見れば、タバコのことなんて考えなくなるけど、時間はかかるね。

Bill: Thanks for the encouragement because it seems to make it doable.By the way wanna go and smoke?
励ましてくれてありがとう、やめられる気がするよ。で、タバコ吸いに行く?

Joe: Get out of here!!
ふざけるなよ!

<宿題のポイント>
●bite the bullet=がんばって。歯を食いしばる程がんばって。
●up hill battle=苦しい,厳しい
●I was a chain smoker=立て続きにタバコを吸っていた。
●no picnic= no fun

【今回の課題】★★★

下記の文章を訳して下さい。

Billは友人のMarkに先日友人宅で行なわれたたこ焼きパーテイにについて話しています。今週も男同士の会話です。

Bill: We went to Takoyaki Party over the weekend. But it is definitely not my kind of thing. I had it once before and I felt like I was chewing rubber.

Mark: What the heck! Who throws that kind of party in first place. That’s a new one for me.

Bill: I guess it’s a Japanese thing not exactly sure why. But they certainly were enjoying themselves and they all ate like a horse.

Mark: Make sure not to invite me to the next one of those deals. I think I’ll stick to the normal stuff. Yuck! I’ve heard of strange things but this takes the cake.

Bill: No worries. I won’t.

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

陽子 Senesac

陽子 Senesac

ライタープロフィール

高校卒業後、5年間英国留学。帰国後日本で出会ったビル.セニサック氏と結婚。
1985年、同氏とともにロスアンゼルスで日本人ビジネスマンを対象にした全クラス個人レッスン制の英会話スクールBYB English Centerを開設。
以来、30年以上LAに駐在するビジネスマンから幼児まで、全クラス個人レッスン制の英語教育に徹し、生徒さんのニーズに合った英語を指導。現在では、現地でも有数の英会話スクールへと成長している。2011年4月よりBYB Irvine校をスタート。

書籍:
* 英語で楽しく雑談できる本      2008年 あさ出版
* 今日から始める英語100語日記    2010年 あさ出版
* 奇跡の音8000Hz英語聴覚セラピー  2012年 きこ書房
* 奇跡の音8000Hz英語聴覚セラピー  2014年 きこ書房
   ビジネス日常会話編
* 奇跡の音8000Hz英語聴覚セラピー  2014年 きこ書房
   困っている外国人に話しかけたくなる英語編
* 奇跡の音8000Hz英語聴覚セラピー  2015年 きこ書房
   日常英会話ロサンゼルス編

この著者への感想・コメントはこちらから

Name / お名前*

Email*

Comment / 本文

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る