Jun Senesac

Jun Senesac

ロサンゼルス出身の日米ハーフ。両親が運営するL.A.の英会話学校「BYB English Center」にて、高校生の頃から英語講師としてのキャリアをスタート。カリフォルニア州にあるUC Santa Barbara大学へ入学し、1年間一橋大学へ交換留学。卒業後、国際交流員として石川県内灘町役場で2年間の勤務を経て、2011年にアメリカへ帰国しBYB姉妹校をアーバインに開校。
2013年に英語学習サイト「Hapa英会話」を設立。2014年の2月よりHapa英会話のPodcastをスタートし、月間およそ40万ダウンロードされるまで成長。iTunes Japanが発表した『Best of 2014/2015』に2年連続選出。YouTubeにて登録者5万人を超える英会話チャンネル「Hapa英会話」を配信。
YouTubeやPodcast、ブログやメルマガなど様々な媒体を通じて、日米文化を取り入れた英語の学習環境を提供。
YouTube: https://www.youtube.com/hapaeikaiwa

Jun Senesacの記事一覧

    アメリカ人が転職する理由(ロサンゼルスの日常英会話)

    今日のテーマは「アメリカ人が転職する理由」です。今日の会話では、アダムとコディが転職について話し合います。なぜアメリカ人は、頻繁に転職をするのか疑問に思ったことはありませんか?給料...

    バリの人に英語学習について質問したら、その回答がまさに模範的だった

    ちょっと前の話ですが、、、昨年の夏にインドネシアのバリに旅行に行った時に撮影してきたインタビュー動画です。英語が話せる現地の方2名に、英語の勉強方法と英語を学ぶ目的を語ってもらいま...

    鹿児島VLOG(ポッドキャストインタビュー・Meetup)

    昨年末に鹿児島へ行った時の旅の様子です。鹿児島では初めてのMeetupを開催し、Podcast第219回のインタビュー企画(Yusei Fujita)の収録もしてきました。鹿児島名...

    「恥ずかしい」を意味するAshamed、Embarrassed、Shyの違い

    Ashamed、Embarrassed、Shyは、どれも「恥ずかしい」を意味する単語ですが、これらには決定的な違いがあることを皆さんはご存知ですか?今回は、この3つの表現のニュアン...

    関係代名詞「That」と「Which」

    今回は多くの人を悩ます、関係代名詞「That」と「Which」の違いについて触れてみようと思います。この使い分け方については、ネイティブでもちゃんと理解している人はそれほど多くあり...

    「Worry」と「Concern」何が違う?

    「Worry」と「Concern」はどちらも日本語に訳すと「心配する」を意味しますが、両者には明確なニュアンスの違いがあり、ネイティブはその時の心情や状況に合わせて使い分けをしてい...

    日米の魚の食べ方(ロサンゼルスの日常英会話)

    本日のテーマは「日米の魚の違い」です。今日の会話では、ローレンとジョンが骨付きの魚について会話をし、魚の骨を抜くことが非常に苦手であることに共感し合います。また、ジョンは日本のアパ...

    Hurt を口にしよう

    英語を話す際に「Hurt」という単語を口にしますか?「傷つける」や「痛む」と単語の意味だけは理解しているけど、会話ではほとんど口にしない・・・なんて方も多いのでは?今回のコラムでは...

    ロサンゼルスの日常英会話「お風呂に入る目的」

    今日のエピソードではメアリーとトリスタンがお風呂とシャワー、どちらを好むかについて話し合います。トリスタンは、彼と多くのアメリカ人がなぜお風呂に入らないのかについて理由をいくつか挙...

    SomeとAnyの違い

    日本の皆さんは恐らく中学校で習っているかと思うのですが、私のこれまでの個人的な経験からして、意外と間違えている人が多いのが「Some」と「Any」の用法です。間違えて使っても意味は...

    話しかけるアメリカ人、話しかけないイギリス人(ロサンゼルスの日常英会話)

    今日のエピソードではブライアンとローラがアメリカとイギリスで、見ず知らずの人と話す習慣について話し合います。多くのアメリカ人が見ず知らずの人ともためらうことなく会話をすることは知ら...

    結構使われているtrackを用いた表現

    名詞では「人や車などが通った跡」や「競技場のトラック」、動詞としては「追跡する」等を意味する「Track」ですが、日常英会話の中で使いこなしている日本人は少ないように感じます。しか...

    会話をより自然にする「So」の使いこなし術

    日本の多くの方は「so」と言えば「〜だから」や「とても〜」として使用しているのではないでしょうか?決して間違いではありませんが、ネイティブの日常会話では他にも様々な状況で頻繁に使わ...

    「令和」は英語で?

    とうとう新元号が発表されましたと言うことで、今回は「元号」および新元号となった「令和」の英語表現について触れてみようと思います。   Era name → 「...

    よく使うアプリ(ロサンゼルスの日常英会話)

    今日のテーマは「よく使うアプリ」です。皆さんは、「それがないと生きてはいけない」と思うアプリはありますか?今日の会話ではジェニーとエリが最も気に入っているアプリについて話し合います...

    実は使用頻度が結構高い「Mind」の英表現

    動詞では「~を気にする」や「~に気付く」、名詞では「心」や「精神」と訳される「Mind」。ネイティブは結構使うんですが、使いこなせている日本人は意外と少ない気がするので、今回は日常...

    聞き流すだけでいいの?リスニング力の効果的な伸ばし方

    「英語を聞き流すだけでリスニング力って向上するんですか?」これ、結構よく聞かれる質問なんで、それについての個人的な見解、およびリスニング力を鍛えるのに有効な学習法について触れみよう...

    Meanの用法に柔軟性を

    Meanは「意味」や「意味する」だけではなく、ネイティブは他にも様々な意味合いとして使っているのはお気づきですか?普段の会話で、誰しもがよく口にする台詞の中に、実はmeanはよく潜...

    ロサンゼルスの日常英会話「文法と会話の関係」

    今日はアメリカ人のリアルな会話を聞いて学習をする動画です。今日の会話では、エディーさんとアダムさんが、日常会話において文法をどの程度重視すべきか話します。エディーさんは、「状況に応...

    英語で褒められた時の返事の仕方

    アメリカでは、誰かに褒められたら、その言葉を素直に受け止めて、シンプルに「Thank you」と返答するのが最もナチュラルです。日本の場合は、褒められても、そのまま受け止めずに否定...

デジタル版を読む

フロントライン最新号
ページ上部へ戻る