Jun Senesac

Jun Senesac

ロサンゼルス出身の日米ハーフ。両親が運営するL.A.の英会話学校「BYB English Center」にて、高校生の頃から英語講師としてのキャリアをスタート。カリフォルニア州にあるUC Santa Barbara大学へ入学し、1年間一橋大学へ交換留学。卒業後、国際交流員として石川県内灘町役場で2年間の勤務を経て、2011年にアメリカへ帰国しBYB姉妹校をアーバインに開校。
2013年に英語学習サイト「Hapa英会話」を設立。2014年の2月よりHapa英会話のPodcastをスタートし、月間およそ40万ダウンロードされるまで成長。iTunes Japanが発表した『Best of 2014/2015』に2年連続選出。YouTubeにて登録者5万人を超える英会話チャンネル「Hapa英会話」を配信。
YouTubeやPodcast、ブログやメルマガなど様々な媒体を通じて、日米文化を取り入れた英語の学習環境を提供。
YouTube: https://www.youtube.com/hapaeikaiwa

Jun Senesacの記事一覧

    「Hang」を使った6つの定番フレーズ

    今回のコラムでは、ネイティブの日常会話では頻繁に耳にする「Hang」という単語を使った定番フレーズを6つご紹介いたします。どのフレーズも、日常生活のなかで誰もが使う機会が必ずあるは...

    BARで使う独特の英語表現

    レストランで店員さんと交わす英語については、既に多くの教材やサイトで紹介さているので、特に問題ないなくこなせる人も多いかと思います。そこで今回はバーでバーテンダーと交わす英語につい...

    レストランでの注文時に使える英語表現

    海外旅行中レストランで食事をする際、上手に注文できていますか?注文の準備ができていない時や、メニューについて質問がある時など、注文以外の少し一歩踏み込んだ会話になると、どんな風に表...

    お会計時の「割り勘」と「別々」を英語で表現

    レストランや居酒屋などのお会計時に、料金を割り勘で支払うのか?または各自別々に支払うのか?といった状況は誰でも経験があるかと思います。今日はそのような状況で「割り勘」と「別々」を英...

    「おごる」や「ご馳走する」は英語で?

    これまで多くの生徒さんから質問があった「おごる」や「ご馳走する」の英語についてご紹介いたします。夕食をご馳走したり、お酒をおごったり、状況に応じた適切な表現をマスターしましょう! ...

    文末にくる「Though」の役割

    ネイティブの会話の中で、文章の最後に「though」という単語を付け加えている場合があるのはお気づきでしょうか?気づいてはいるが、どのような意味合いとして使っているのか疑問に思った...

    英語でスムーズな会話をするためのお助けフレーズ「I was like…」

    ネイティブ、特にアメリカ人は会話の中で「I was like…」や「He was like…」といったフレーズを頻繁に使っていることはお気付きでしょうか?これは日本人の口癖「え〜っ...

    「How are you?」よりも一般的な挨拶の仕方

    学校の授業では、人と出会った時は「How are you?」と挨拶をするように教わったと思います。「How are you?」は相手の調子や状態を聞く定番フレーズで、実際にアメリカ...

    実はネイティブはあまり口にしない「That’s so nice(すごいね)!」

    「凄い」や「素晴らしい」を “That’s so nice!”と言う日本人をよく目にします。決して間違いではないのですが、実はネイティブ同士の会話ではあまり使われない表現なんです。...

    「たぶん」=「Maybe」が口癖になっていませんか?

    日本語では「たぶん」も「おそらく」もどちらも同じように使うため、どんな場面でも「Maybe」で表現している日本人が多いような気がします。しかし、実はネイティブは可能性の高さに合わせ...

    ネイティブ流「Go out」の使い方

    皆さんは英語を話す際に「Go out」というフレーズを使いますか?「外出する」の意味として使っている人は多いかと思いますが、実はこのフレーズはその他にも様々な意味として使われていま...

    英表現を豊かにする「wonder」の役割

    今日は“wonder”を使った表現について触れていこうと思います。単語自体の意味は「疑問に思う」ということは既にご存知かと思いますが、実は“wonder”は使い方によって様々な役割...

    便利フレーズ「Go with」の4つの使い方

    皆さんは「Go with」というフレーズを耳にしたことがありますか?この表現は簡単かつ便利なため、ネイティブの日常会話では非常によく使われています。状況によって多少意味が異なります...

    いつも「I don’t know」ばかり・・・

    「I don’t know」は「わかりません」だと誰でもご存知かとおもますが、いつもこの表現ばかり使っていませんか?「わかりません」と相手に伝えることができるフレーズは、「I do...

    ロサンゼルスから日帰りドライブ旅行にオススメの街「Solvang(ソルバング)」

    今回の動画では、アメリカのカリフォルニア州サンタバーバラ郊外の「Solvang(ソルバング)」という街をご紹介。Solvangは、デンマーク風のとてもカワイイ町並みで人気の観光スポ...

    「I like」や「I love」の表現に飽きた方へ

    英語で「〜が大好き」と表現する際、いつも「I like」や「I love」と言っている自分に飽き飽きしている人も多いのでは?そこで今回のコラムでは、「I like」や「I love...

    「好みではない」や「得意ではない」は英語で?

    「カラオケは好きですか?」「料理をするのは好きですか?」などの質問に対して、「あまり好きではないけど、別に嫌いでも・・・」のような微妙な気持ちを英語で表したい時、どのように言ってい...

    英語でパワーヨガ with Jun

    今回の動画では、先日大阪で開催されたYogaイベント『英語でパワーヨガ』に、Hapa英会話のJunが英語のサポート役として参戦してきた様子をご紹介しようと思います。実はJunは、身...

    「Up to」の意味と代表的な使い方パターン

    今日は幅広い意味を成す「Up to」の代表的な使い方4パターンをご紹介いたします。あまり日本人には馴染みのないフレーズかもしれませんが、ネイティブは様々な状況で頻繁に用いる表現なの...

    ネイティブの定番「Ridiculous」の意味と用法

    友達の馬鹿げた言動に対して呆れた感じで「くだらない」や「ありえない」と言いたい場合、「Silly」や「Stupid」を使って表現している人も多いかと思いますが、ネイティブはその他に...
ページ上部へ戻る