「叱る」は英語で?

辞書を引くと「叱る」= “Scold” と訳されていますが、実際はこの単語、ネイティブの日常会話では(アメリカでは)使われることはほとんどありません。今日はアメリカ人が口にする「叱る・怒る」の表現を、その叱り(怒り)具合に応じてご紹介したいと思います。


1) Get mad at someone
→「◯◯を叱る」

日常会話で最も頻繁に使われる「叱る」の表現は “Get mad at someone”になります。“Get mad”は「怒る」ことを意味しますが、「怒って叱る」のニュアンスが含まれます。ポイントは “Get” を使う事です。“Get mad” は相手を叱る行為を表しますが、Be動詞を使用し、“I’m mad at him” と表現すると、相手に腹を立てている「気持ち」を表すことになります。

✔︎「彼/彼女を叱る・怒る」 → “I got mad at him.”
✔︎「(私は)叱られた・怒られた」 → “He/she got mad at me.”
✔︎「◯◯のことで叱る・怒る」 → “I got mad at him/her for _____.”
✔︎“Mad” の代わりに “Angry” を置き換えてもOK。

・I got mad at my son for lying.(息子が嘘をついたので叱りました)
・My teacher got mad at me today.(今日先生に叱られました)
・My boss got angry at me for being late.(遅刻をしたので上司に怒られました)

2) Yell at someone
→「◯◯を怒鳴りつける」

“Yell” は「怒鳴る」や「叫ぶ」を意味する単語で、激怒して相手を叱るニュアンスがあります。“Mad” よりも怒っている状態を表し、「怒鳴って叱る・怒る」ことがポイントになります。叱る場合は “Yell at someone”、叱られる場合 “Get yelled at” になります。

✔︎「彼/彼女を叱る・怒る」 → “I yelled at him/her.”
✔︎「(私は)叱られた・怒られた」 → “I got yelled at.”
✔︎「◯◯さんに叱られた・怒られた」 → “I got yelled at by _____.”
✔︎「◯◯のことで叱る・怒る」 → “I yelled at him/her for _____.”

・The teacher yelled at the student for cheating.(先生はカンニングをした生徒を大声で叱りました)
・I got yelled at by my boss today.(上司に怒鳴られました)
・I got yelled at by my wife for coming home late.(帰りが遅いと奥さんに叱られました)

3) Chew someone out
→「◯◯を厳しく叱る」

“Chew someone out”は、人を厳しく叱ることを表すスラングです。“Chew” は「噛む」を意味する単語で、叱っている時に口を動かすことが多い事がこの言葉の由来です。また、“Chew out” は権力を持っている人が部下などを叱るシチュエーションでよく使われます。軍曹が兵隊を怒鳴って叱る状況をイメージしたら分かりやすいと思います。

✔︎「彼/彼女を叱る・怒る」 → “I chewed him/her out.”
✔︎「(私は)叱られた・怒られた」 → “I got chewed out.”
✔︎「◯◯さんに叱られた・怒られた」 → “I got chewed out by _____.”
✔︎「◯◯のことで叱る・怒る」 → “I chewed him/her out for _____.”

・Brian chewed him out.(ブライアンは彼を厳しく叱りました)
・We got chewed out by our C.E.O.(会長に厳しく叱られました)
・She chewed him out for driving drunk.(彼が飲酒運転したことに彼女は激怒しました)

4) Lecture someone
→「◯◯を説教する」

人に説教をすることを英語で “Lecture” と表します。叱るというよりは言い聞かせるニュアンスです。親が子供に、先生が生徒に、上司が部下になど、立場が上の人が下の人へ教訓などを教える(説教する)ときに使われます。「説教をする」は、 “Lecture someone” または “Give someone a lecture” と表します。

✔︎「彼/彼女を説教する」 → “I lectured him/her.” または “I gave him/her a lecture.”
✔︎「(私は)説教された」 → “I got lectured.”
✔︎「◯◯さんに説教された」 → “I got lectured by _____.”
✔︎「◯◯のことで叱る・怒る」 → “I lectured him/her about _____.”

・I got lectured by my parents last night.(昨晩、親に説教されました)
・This is not a lecture. I just want to talk to you.(これは説教ではありません。話しをしたいだけです)
・Don’t lecture me about my career.(私のキャリアについて説教しないでください)

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

Jun Senesac

Jun Senesac

ライタープロフィール

ロサンゼルス出身の日米ハーフ。両親が運営するL.A.の英会話学校「BYB English Center」にて、高校生の頃から英語講師としてのキャリアをスタート。カリフォルニア州にあるUC Santa Barbara大学へ入学し、1年間一橋大学へ交換留学。卒業後、国際交流員として石川県内灘町役場で2年間の勤務を経て、2011年にアメリカへ帰国しBYB姉妹校をアーバインに開校。
2013年に英語学習サイト「Hapa英会話」を設立。2014年の2月よりHapa英会話のPodcastをスタートし、月間およそ40万ダウンロードされるまで成長。iTunes Japanが発表した『Best of 2014/2015』に2年連続選出。YouTubeにて登録者5万人を超える英会話チャンネル「Hapa英会話」を配信。
YouTubeやPodcast、ブログやメルマガなど様々な媒体を通じて、日米文化を取り入れた英語の学習環境を提供。
YouTube: https://www.youtube.com/hapaeikaiwa

この著者への感想・コメントはこちらから

Name / お名前*

Email*

Comment / 本文

この著者の最新の記事

関連記事

Universal Mobile
資格の学校TAC
アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用

注目の記事

  1. インターネット上では、会社の名誉・評判を毀損するような虚偽の投稿をはじめ、著作権侵害、プライバシー侵...
  2. 2021年10月10日

    留学が転機になった!
    2021年7月末、ロサンゼルス名古屋姉妹都市委員会(LANSCA)と名古屋市との共催による、...
  3. 25年前にLA 郊外のPalm Springsに2年ほど住んでいた。Coachella Va...
  4. ニューメキシコ州の南東部、テキサス州との境に位置するグアダループ山脈の麓には、地底に広がる鍾...
  5. 2021年10月4日

    就職&転職ガイド
    転職大国アメリカの労働市場 アメリカでは転職がごく一般的。United States Depa...
  6. 偶然出会ったシンクロが人生の糧に シンクロナイズドスイミング(現・アーティスティックスイミング...
  7. 相手の過失で事故に巻き込まれた場合でもご自身の過失で事故を起こしてしまった場合でも、共通した...
  8. 2021年8月9日

    課外活動の重み
    日米の学校や受験システムの違いで実感するのが、生徒の活動への取り組みに対して、日本では短期的...
ページ上部へ戻る