学校では教えてくれない「Hello」の使い方

“Hello”は定番の挨拶フレーズですが、日常会話では挨拶以外にも様々な状況で使われます。言い方や口調、イントネーションやその時の状況で意味が変わってくる面白い言葉なので、“Hello”が持つ様々な意味を覚えておきましょう!


1. 挨拶をするときは“Hello”を使わない? (01:09)

“Hello”は英語で挨拶をするときの定番フレーズとして学びますが、実際、ネイティブは挨拶をするときに“Hello”を使うことはあまりありません。友人に「やあ」と挨拶をするときは“Hey”や“Hi”を使うのが一般的で、“Hello”は“Hello, nice to meet you.(こんにちは、始めまして)”のように、もっとフォーマルなシチュエーションで使われることが多いです。

✔︎会ったことがない相手へのメールやビジネスメールといったEmailでは、“Hello Marina(マリナさん、こんにちは)”のように“Hello”を使って文章を始めることは一般的。

2. 電話を出るときの “Hello”の言い方 (02:21)

「もしもし?」と言って電話に出るときは、英語では基本的に“Hello”が使われます。しかし、身内や仲の良い友人から電話がかかってきたときは、“Hi, mom” “Hey, Andrew” “What up” “What’s up”のように、“Hello”以外の表現が使われます。
また、知らない番号からの電話に出るときは、“Hello?”と語尾を上げて発音します。

3. 電話やZoomの接続が悪いときの “Hello” (05:00)

ZoomやSkypeなどのビデオ通話サービスや電話を使っているときに接続が悪く、相手の声がよく聞こえない、自分の声が相手に聞こえているかわからない、、、といったときは、語尾を上げて“Hello?”と言ったり“Hello, can you hear me?(聞こえる?)”と表現するのが一般的です。

4. 相手の注意を引くための “Hello” (05:34)

自分のことを探している相手に「私はこっちだよ!」と相手の注意を引くときは、“Hello, I’m over here!”のように“Hello”が使われます。

5. イラッとしたときの “Hello” (06:29)

会話中にほかのことに夢中になっている相手に「私の話聞いてるの?」と、ちょっとイラっとしながら尋ねる時にも“Hello”が使われ、この場合は語尾を伸ばして発音します。しかし、知らない相手に対して、注意をひくために語尾を伸ばして“Hello~?”と言う行為は状況によってはかなり失礼にあたるため、使い方には気を付けましょう。

6. 色々な “Hello”の言い方をMarina先生が実演 (09:13)

Marina先生がシチュエーションごとに“Hello”を使分けていますので、ぜひ動画をご覧ください。

挨拶をするとき: Hello(語尾を上げることなく一定のイントネーションを保つ)
電話に出るとき: Hello?(少し語尾を上げる、知らない相手の場合は強く語尾を上げる)
相手に自分の居場所を知らせるとき: Hello!(大きな声で元気よく!)
話を聞いていない相手の気を引くとき:Hello~?(語尾を伸ばす)

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

Jun Senesac

Jun Senesac

ライタープロフィール

ロサンゼルス出身の日米ハーフ。両親が運営するL.A.の英会話学校「BYB English Center」にて、高校生の頃から英語講師としてのキャリアをスタート。カリフォルニア州にあるUC Santa Barbara大学へ入学し、1年間一橋大学へ交換留学。卒業後、国際交流員として石川県内灘町役場で2年間の勤務を経て、2011年にアメリカへ帰国しBYB姉妹校をアーバインに開校。
2013年に英語学習サイト「Hapa英会話」を設立。2014年の2月よりHapa英会話のPodcastをスタートし、月間およそ40万ダウンロードされるまで成長。iTunes Japanが発表した『Best of 2014/2015』に2年連続選出。YouTubeにて登録者5万人を超える英会話チャンネル「Hapa英会話」を配信。
YouTubeやPodcast、ブログやメルマガなど様々な媒体を通じて、日米文化を取り入れた英語の学習環境を提供。
YouTube: https://www.youtube.com/hapaeikaiwa

この著者への感想・コメントはこちらから

Name / お名前*

Email*

Comment / 本文

この著者の最新の記事

関連記事

資格の学校TAC
アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用

注目の記事

  1. 2022年8月11日

    有名人の親に学ぶ
    日本でも動画を撮影。シオンさんは右から2人目 写真提供:シオン・カジ 先日、超有名キッズユー...
  2. 2022年8月9日

    遊び上手
    独断と偏見だが、アメリカ人の良いところは遊び上手なことではないだろうか。日本人の若い方々は...
  3. カナダの東部、大西洋上に浮かぶニューファンドランド島。この島の西岸に位置するグロス・モーン国立公園...
  4. NFT.NYC 2022に参加してきました! 6月に開催された世界最大のNFTカンフ...
  5. オンライン補習校校長の谷口弘芳先生 日本語で日本の教科を学ぶ 西大和学園オンライン補習...
  6. 2022年8月1日

    NFTの未来
    NFTってそもそも何? 最近よく聞くNFTは、「Non-Fungible Token...
  7. 働き方に対する考え方は、アメリカと日本では大きく異なります。雇用、残業、休憩時間、ハラスメ...
  8. 2022年6月7日

    はじめてのおつかい
    動画配信サービスのNetflixで『はじめてのおつかい』が人気だ。英語のタイトルは『Old...
ページ上部へ戻る