シリーズ世界へ! YOLO⑰
自転車で回る台湾~前編

文&写真/佐藤美玲(Text and photos by Mirei Sato)

高雄 / カオシュン / Kaohsiung

高雄の観光名所「蓮池」。龍の口から塔に入って、虎の口から出ると、運気が上昇すると言われている Photo © Mirei Sato

高雄の観光名所「蓮池」。龍の口から塔に入って、虎の口から出ると、運気が上昇すると言われている
Photo © Mirei Sato

 台湾は国土の真ん中、南北に山がそびえていて、東西をダイレクトに結ぶ「山越え道」は3本しかない。そのうちの1本を通って、台東から高雄へ向かった。
 車窓の風景はどんどん変わる。サトウキビ、ドラゴンフルーツ、イチゴの畑が並ぶのどかな農村や、パイワン族のカラフルな部落があるかと思えば、トビウオが大漁の海、暴れ波がテトラポットに打ちつける海岸も。自転車でツーリング中の人も結構いる(もちろんママチャリではない)。
 山越えが終わると、台湾海峡が見えてくる。水際に、スイカ畑が並んでいた。意外に思えたが、海水に近いと果物は甘く育つのらしい。ツヤツヤしたワックスアップルやマンゴーを売る店も並んでいる。
 高雄(カオシュン)は、台湾南部では一番大きな都市だ。港を軸にして、街は碁盤の目に広がり、道幅も広くて整然としている。なぜかといえば、高雄は日本が占領中に開発・整備したから、なのだけれど。今も造船や石油化学などの産業が中心で、大気汚染のため、街の上空に靄がかかっている。
 台東と比べると、色のない大都会に来てしまったなーと残念に思ったが、その印象は、自転車に乗って変わった。
 海岸沿いの倉庫街が、再開発で「ピア2」という名前のアートギャラリー地区になっている。古い線路や鉄道の車庫の跡地が、サイクリングロードだ。貸し自転車屋も集まっている。ここでもママチャリを借りることにした。
 ピア2周辺は、建物の外壁に描かれた絵や、面白いオブジェがいっぱいだ。途中、自転車をとめて入ったギャラリーでは、ブルース・リーがCGになって現代によみがえる不思議な映像を流していた。若いスタッフが一生懸命、作品の背景を英語で説明してくれたのだが、ブルース・リーを「ジャッキー・チェン」と言い間違い続けていたのがちょっと悲しく、年代の差かと思えばおかしかった。
 美術鑑賞しながらサイクリング。そのまま裏道を走っていくと、港に出た。さびれた港湾税関事務所の建物や、釣り糸をたらす人が見える。昔の神戸のよう。商店街では学校帰りの子供たちがかき氷を食べ、道ばたで豆腐を揚げるおじさんたちもいた。
 碁盤の目は、「表向き」の顔なのだ。裏道に入れば、庶民の暮らしが見えてくる。
 国立中山大学のキャンパスも通った。昔は高級ビーチリゾートだったそうで、ロマンチックな場所にある。放課後の学生カップルが、桟橋で寄り添って海を眺めていた。

◆  ◆  

 夜は、高雄の街の中心部を流れる「愛河」(ラブ・リバー)で、ボートに乗った。
 もともとは違う名前の川だったが、洪水が起きた時、台北から来た報道記者たちが、川のそばに「愛」という名の店の看板があるのを見て勘違いし、誤報した名前が人気を呼んで、そのまま定着したのだという。
 台湾人でも、しばらく高雄に行っていない人に「愛河でボートに乗った」と言うと驚かれる。「あんなくさい場所で?」と。昔は、生活用水が流れ込んで汚染がひどい川として有名だったからだ。10年ほど前に大規模な清掃が行われ、当時の市長自らが、きれいになったことを証明するため飛び込んで泳いでみせたとか。
 30分ほどのナイトクルーズは、カラフルにライトアップされた橋を幾つもくぐり抜ける。ソーラーパネルで発電するボートなので、エンジン音がせず、とても静か。自転車こぎで疲れた体を休め、うとうとするのにぴったりだった。
 


 

1

2

3 4 5

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

関連記事

Universal Mobile
アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用

注目の記事

  1. 九州より広いウッド・バッファロー国立公園には、森と湿地がどこまでも続いている ©Parc nati...
  2. 2022年12月9日

    住みたい国
    熊本県八代市の「くまモンポート八代」で 8月の終わりから9月中頃にかけて、私とニナは日本に飛...
  3. 2022年12月7日

    日常の些事
    冬の落ち葉 年齢を重ねると、だんだんと感動が薄くなるとはよくいわれる。ほとんどのことは過去に...
  4. 2022年12月6日

    美酒と器
    酒器の種類 酒器にはさまざまな素材、形のものが存在する。適切な器を選ばないとお酒本来...
  5. 契約上のトラブル 広範囲にわたる法律問題を扱う弊社にはさまざまなお問い合わせがありま...
  6. この号が出る頃、私とニナは日本での3週間の滞在を終えてアメリカに戻っているはずだ。ニナにと...
  7. 2022年10月7日

    森英恵の反骨精神
    裏庭の蝶 ファッションが好きな女性はたくさんいるだろう。私もその一人だ。休日の気晴らしは以前...
  8. およそ2000人の作業員により、6年間で建設されたリドー運河 カナダの首都オタワと、5大湖の...
ページ上部へ戻る