シリーズ世界へ! YOLO⑰
自転車で回る台湾~前編

文&写真/佐藤美玲(Text and photos by Mirei Sato)

Night Market / 台湾名物 夜市

Photo © Mirei Sato

Photo © Mirei Sato

 台湾観光ではずせないものといえば、夜市(ナイト・マーケット)だ。地方によって特徴があるので、行く先々で食べ歩きが楽しめる。
 高雄の、六合(リオハー)夜市に行ってみた。
 高雄は海に近いので、シーフードが豊富。とにかくデカい。異常成長を遂げたかと思うようなエビやカキ、シャコが並んでいる。串刺しで塩焼きにしたり、スチームしてガーリックを添えたり、好きな調理方法を伝えてオーダーする。
 同じような店が並んでいるからどこにしようか悩んだが、呼び込む声の威勢がよく、元気な店員がいるところに決める。お兄さんがキビキビ働いていて、気持ちがいい。
 台湾の夜市名物は、「臭豆腐」(スティンキー・トーフ)だ。「台湾に行ったら、何がなんでもこれだけは絶対に食べてね」と、台湾人の友人に言われていた。楽しみにしていたのでもちろん挑戦した。
 店は夜市の入り口、車道に一番近いところにあった。においは強烈だ。率直に言って、嘔吐物にかなり近い。同行のアメリカ人は、みんな鼻を覆って遠くへ逃げた。屋台のそばに近づくのはまだしも、口から体内に入れるなんてとんでもない、という表情だ。アメリカ人は、バンジージャンプやスカイダイビングで命を懸けることは平気でも、食べ物に関しては案外保守的だったりする。
 ただ臭豆腐には2種類あって、ツアーガイドが「初心者には煮込みタイプはきついかも」と言うので、「揚げタイプ」を選んだ。チリソースと、刻んだ野菜のピクルスと一緒に食べる。くさくても、美味しいものは美味しい。それに、不思議なことに、お皿に盛った豆腐からはにおいはしない。
 屋台の列はどこまでも続く。おかゆ、ソーセージ、臓物系の店。冬瓜ジュース、仙草、タピオカの店。
 衛生上の問題や都市開発などを理由に、アジア各地で屋台文化は消えつつあるけれど、「台湾ではそんなことはありえない」とツアーガイドは断言していた。観光客のためではなく、完全に庶民の生活の一部なので、政府にもつぶそうとか取り締まろうとかいう動きはないそうだ。
 


 

1 2 3

4

5

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

関連記事

アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用

注目の記事

  1. 九州より広いウッド・バッファロー国立公園には、森と湿地がどこまでも続いている ©Parc nati...
  2. 2022年12月9日

    住みたい国
    熊本県八代市の「くまモンポート八代」で 8月の終わりから9月中頃にかけて、私とニナは日本に飛...
  3. 2022年12月7日

    日常の些事
    冬の落ち葉 年齢を重ねると、だんだんと感動が薄くなるとはよくいわれる。ほとんどのことは過去に...
  4. 2022年12月6日

    美酒と器
    酒器の種類 酒器にはさまざまな素材、形のものが存在する。適切な器を選ばないとお酒本来...
  5. 契約上のトラブル 広範囲にわたる法律問題を扱う弊社にはさまざまなお問い合わせがありま...
  6. この号が出る頃、私とニナは日本での3週間の滞在を終えてアメリカに戻っているはずだ。ニナにと...
  7. 2022年10月7日

    森英恵の反骨精神
    裏庭の蝶 ファッションが好きな女性はたくさんいるだろう。私もその一人だ。休日の気晴らしは以前...
  8. およそ2000人の作業員により、6年間で建設されたリドー運河 カナダの首都オタワと、5大湖の...
ページ上部へ戻る