シリーズ世界へ! YOLO⑲クロアチア紀行
森とワインと国境と…

文&写真/佐藤美玲(Text and photos by Mirei Sato)

 

早朝のオシエックの街並 Photo © Mirei Sato

早朝のオシエックの街並
Photo © Mirei Sato

DAY 4

オシエック(Osijek)
  
コパチキリ(Kopacki Rit)

 早起きして、オシエックの街の庶民市場へ出かけた。どこの国、どこの街でも「朝市」をのぞくのは楽しい。

 旬のキャベツが山積みで、巨大なカボチャをのこぎりで切り売りしている店もあった。スラボニア料理に欠かせないパプリカや、ブタも丸ごと吊る下がっている。

 肉屋のショーケースには、ブタのすべての部位が並ぶ。噂に聞いていた「脳」もあった! オニオン、パプリカ、ガーリック、塩をもみこんで、揚げて食べるのが一般的。家庭料理で、正しい処理方法を知らないと美味しくはつくれないそうだ。アメリカでいうチトリン(ブタの腸)のようなものかと想像した。

 生花市場は、ちょうどキリスト教の祝日前で、書き入れどき。お墓に供える花を見つくろう人たちで混んでいた。
 写真を撮っていたら、人懐こいおじさんがモデルを申し出た。おまけに市場の立ち飲み屋で「1杯おごるよ」と誘ってくれたが、朝7時半。さすがにお断りした。

◆  ◆  

 オシエックは、イタリアからスロべニアまで流れるドラヴァ川と、ドイツから黒海まで流れるドナウ川に挟まれた位置にある。

 街の外に広がる「コパチキリ自然公園」は、川辺の豊かな生態系を保護している。ハクチョウやイーグル、ヘロン、イグレック、キングフィッシャーなど、鳥の宝庫だ。ボートで回ってバードウォッチングができる。運がよければ、クラムを食べに川べりにおりてくる野生のイノシシにも出会える。

 心なごむ風景だが、このあたりも、内戦時はセルビアに占領支配された。目をこらすと、川岸に「注意喚起」の看板がいくつもある。森には、地雷がいっぱい埋まっているのだ。内戦時に仕掛けられたが、川が洪水するせいで地面がゆるく、危険すぎて撤去作業ができず、そのままになっている、とのことだった。

◆  ◆  

 川に挟まれたミネラル豊富な丘陵地帯では、美味しいワインができる。
 夕刻、クロアチア最大のワイナリー「ベリエ」(Belje)を訪れた。1527年からある古いワインセラーを見学した。

 ちょうどグラシェビナの試飲イベントが行われていて、クロアチア各地からワインメーカーが集まっていた。女性ばかりで驚いた。アメリカではワイン業界はまだオトコ社会という印象が強いが、クロアチアには女性のワインメーカーがたくさんいるということだった。

 夕食は、また「酔ったコイ」のスープにした。川魚の盛り合わせも注文。ナマズやカワカマスのフライが出てきて、どれも美味しかった。
 


 

1 2 3 4

5

6 7 8

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

関連記事

注目の記事

  1. 注:本稿は、特に日系企業の駐在員の方々が連邦税務申告書を自分で作成できるようにステップを示し、並行し...
  2. クルーズの季節がやってきた! エンターテインメントやサービスの質の高さに定評がある、ディズニー・クルーズライン。巨大客船「ディズニー・ドリーム号」でゆく、「4泊5日・バハマの旅」を紹介する。
  3. 活火山がうごめき、黒い溶岩が大地を這う。ハワイ島(ビッグ・アイランド)は、生きている。ハワイを形成する6つの島の中で、一番年齢が「若い」。まだ、たったの70万歳。島には、命が、息吹が、みなぎっている。
  4. カリフォルニア州サイプレスにオフィスを構えるUSHIO AMERICA, INC.のCOO Shin...
  5. 2017年1月6日

    第99回 愛情の定義
     「愛犬を愛していますか?」という問いかけに、NOという飼い主はいないと思います。きっと誰も...

デジタル版を読む

フロントライン最新号
ページ上部へ戻る