シリーズ世界へ! YOLO⑲クロアチア紀行
森とワインと国境と…

文&写真/佐藤美玲(Text and photos by Mirei Sato)

 

パプク国立自然公園の、美しい木立 Photo © Mirei Sato

パプク国立自然公園の、美しい木立
Photo © Mirei Sato

 ハイキングのあとは、クティエボというクロアチア最大生産規模を誇るワイナリーへ。
 1232年創業。クロアチア最古というワインセラーで、特産の白ワイン、グラシェビナ(Grasevina)をいただいた。

 案内してくれた、ソムリエのデラーゴさんによると、このワインセラーにはロマンチックな逸話がある。ハプスブルグ帝国の女帝マリア・テレジアが、ポーツェガ生まれの兵隊に恋をした。このセラーを、愛人との密会の場に使っていたそうだ。

 クロアチアのワインづくりの歴史は長い。しかし、フランスやイタリア、スペインに比べると、国際的な知名度はまだまだだ。その分、将来性があるとも言える。クティエボのグラシェビナは、最近日本にも輸出されている。

 ランチには、「酔ったコイ」と呼ばれる、スラボニアの名物料理を食べた。川魚のコイを、ワインで煮込んでパプリカで味付けしたスープだ。真っ赤な汁に、脂がのったコイ。パスタと一緒に食べる。ああ美味しい。

 コイ料理なんて、ずいぶん昔に日本で食べたきりだ。アメリカもいろいろ旅したけれど、レストランのメニューでコイを見かけたことはない。せいぜいナマズとザリガニどまり。
 「クロアチアの人もコイを食べるんですねー」。やたらに感動していると、スープだけでなく、オーブンで焼いたコイも出してくれた。大好きなナマズよりもフレーバー豊かに感じた。

◆  ◆  

 夜、ポーツェガの村の宿に戻ると、レストランの奥から音楽が聞こえてきた。
 5〜6人の若者バンドが、タンバリンやギター、アコーディオンを奏でながら大声で歌っている。

 スラボニアの田舎に伝わる、ベチャラツ(becarac)というジャンルの伝統音楽だそうだ。ユーモアたっぷり、アドリブを交えて、日々の生活を歌う。仕事の愚痴だったり、恋人のことだったり。「アメリカのラップミュージックみたいなものですね」と、宿の人が教えてくれた。

 テーブルに座って聴き入っているのは、壮年の男性だ。お酒をぐっと飲み干すと、いきなりグラスを床に投げつけた。
 え? ウェイターがすすーっとやってきて、ホウキでさっとかき集め、消えていく。誰も何も言わず、音楽も続いている。えー?? 

 私が驚いていると、宿の人が「あの人はお金持ちのビジネスマン、うちの常連なんですよ」とささやいた。時々ここへ来て、お気に入りのバンドを呼んで、お酒を飲み、グラスを割ってストレスを発散していく。グラスもお代に入っているから宿の人も気にならない、ということらしい。いやはや、愉快。背後でガチャーンとまた音がした。
 


 

1 2

3

4 5 6 7 8

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

関連記事

注目の記事

  1.  「リンディーホップ」というのを聞いたことがあるだろうか? スウィング・ダンスの一種で、映画...
  2. あ、しまった! 飛行機を間違えて日本に帰ってきてしまった! どうしよう。私は一瞬、ギョッとし...
  3. ハロウィンにかわいらしいカボチャの茶巾はいかが? 甘いカボチャに、ショウガの効いた豚そぼろ餡が絶妙な...
  4.  前回のコラムで、アメリカ国外に再入国許可なしで1年以上滞在し、グリーンカードが放棄されたと...
  5. 前を走っている車が跳ねた石が、車のフロントガラスに当たって傷がついた経験がある人も多いと思い...

デジタル版を読む

フロントライン最新号
ページ上部へ戻る