Disco International

シリーズアメリカ再発見㊸
アートで再生! デトロイト

文&写真/佐藤美玲(Text and photos by Mirei Sato)

 

Library Street 
Collective Gallery
www.LSCGallery.com

2008年の大統領選挙でオバマ陣営のポスター「HOPE」をデザインしたことでも有名な、シェパード・フェアリーのミューラルが、ダウンタウンのビルの外壁を飾る Photo © Mirei Sato

2008年の大統領選挙でオバマ陣営のポスター「HOPE」をデザインしたことでも有名な、シェパード・フェアリーのミューラルが、ダウンタウンのビルの外壁を飾る
Photo © Mirei Sato

 ダウンタウンのど真ん中にあるアートギャラリー。隣接する10階建ての駐車場ビル「Z Garage」と、そのすき間にある路地「The Belt」も使って、グラフィティやミューラル(壁画)を展開する。
 経営者のマット・イートンさんは、デトロイトのクリエイティブなコミュニティーでは知らない人がいない。パブリックアートで街を再生する運動のリーダーだ。
 1990年代に、デトロイト市内のアートギャラリーは次々に閉鎖。「若くてエネルギーのあるアーティストのための場所がほしい」。そう願ってイートンさんが2012年にここを開いたときは、警察が見回らないので周辺は犯罪が多かった。今は企業の支援もあり、多くのギャラリーが戻ってきた。
 「アートを大切にしない社会は破綻する」とイートンさんは言う。「デトロイトを含むミシガン州の南東部は、アメリカンドリームの代名詞。世界のほかの都市が千年かけて達成した以上のことを、デトロイトは200年弱で成し遂げた。ミュージシャンや、自動車産業を支えた技術者たちも、みなアーティストだった」
 今、ダウンタウンの一番目立つビルの外壁には、イートンさんがプロデュースした、シェパード・フェアリーとダビデ&ラウル・ペレ兄弟のミューラルが並んでそびえる。クラシックで重い色合いのデトロイトのダウンタウンが、色彩を取り戻した。

「Library Collective Gallery」を共同経営する、マット・イートンさん(右)と、J.J.クリスさん Photo © Mirei Sato

「Library Collective Gallery」を共同経営する、マット・イートンさん(右)と、J.J.クリスさん
Photo © Mirei Sato


Dequindre Cut 
Greenway
www.DetroitRiverFront.org

ストリートアート好きなら興奮間違いなしの遊歩道「Dequindre Cut」。左右にアートが並ぶ Photo © Mirei Sato

ストリートアート好きなら興奮間違いなしの遊歩道「Dequindre Cut」。左右にアートが並ぶ
Photo © Mirei Sato

 デトロイト・リバーの河畔「リバーフロント」から、市民の台所「イースタン・マーケット」までを結ぶ、全長20マイルの遊歩道「デクインダー・カット」。かつては鉄道の線路や屠殺場があった場所。10年以上放置され、人が寄りつかない場所になっていたのを、整備した。今年4月に延伸工事が終了したばかり。
 道の左右に、途切れることなくグラフィティやミューラルが続く。ストリートアートが好きな人なら、興奮ものの場所だ。
 さびれていた時期に多くのグラフィティが描かれた。いわば「違法の落書き」だったものを、再整備する際に消し去るのではなく、残して活かす「英断」をくだしたところがデトロイトらしい。
 廃屋や壁、石段までがキャンバスになり、フェンスやベンチ、街灯もストリートギャラリーを演出する。今はアーティストを公募して、壁があくと許可を与えてミューラルを描かせている。

ストリートアート好きなら興奮間違いなしの遊歩道「Dequindre Cut」。左右にアートが並ぶ Photo © Mirei Sato

ストリートアート好きなら興奮間違いなしの遊歩道「Dequindre Cut」。左右にアートが並ぶ
Photo © Mirei Sato


Grand River 
Creative Corridor
www.GRCCDetroit.com

グランドリバー・アベニュー沿いのアート。まるで屋外ギャラリーだ Photo © Mirei Sato

グランドリバー・アベニュー沿いのアート。まるで屋外ギャラリーだ
Photo © Mirei Sato

 ダウンタウンの東側、グランドリバー・アベニュー沿いのネイバーフッドを、100以上のミューラルが彩る。
 このあたりは、かつてデトロイトとミシガン州第2の都市グランドラピッズを結ぶ幹線道路として栄えた。すっかりさびれてしまったのをアートで復興させようと、2012年に始まった再開発事業の一環だ。
 空き家になったビルを修繕して、アーティストや起業家のワークスペース、カフェなどに、低家賃で貸し出すプログラムも行われている。

1982年、日米自動車摩擦のさなか、人種差別によって殺されたビンセント・チンを描いた壁画。当時アメリカに進出し始めた日本車が、自分たちの職を奪っていると感じた白人3人が、アジア系というだけの理由でチンに因縁をつけてバットで殴り殺した。チンは中国系アメリカ人だった。白人3人の刑は軽く、服役を免れたため、アジア系アメリカ人が抗議運動を展開した。デトロイトでは今も、「アメ車」を運転している人が圧倒的に多い Photo © Mirei Sato

1982年、日米自動車摩擦のさなか、人種差別によって殺されたビンセント・チンを描いた壁画。当時アメリカに進出し始めた日本車が、自分たちの職を奪っていると感じた白人3人が、アジア系というだけの理由でチンに因縁をつけてバットで殴り殺した。チンは中国系アメリカ人だった。白人3人の刑は軽く、服役を免れたため、アジア系アメリカ人が抗議運動を展開した。デトロイトでは今も、「アメ車」を運転している人が圧倒的に多い
Photo © Mirei Sato


Russell Industrial 
Center
russellindustrialcenter.com

「Russell Industrial Center」の内部。まだテナントが入っていないフロアもある Photo © Mirei Sato

「Russell Industrial Center」の内部。まだテナントが入っていないフロアもある
Photo © Mirei Sato

 外から見たら廃墟である。実際、長いこと廃墟だった。それが、中にはいると驚く。ファッションデザイナー、アーティスト、スモールビジネスのオーナーが入居して、いきいきと創作活動をしている。
 廊下は薄暗く、まだ割れたままのガラスも多い。空き家時代にしみついた臭いは残るが、水も電気もちゃんと通っている。これぞ、再生デトロイト!
 20世紀初頭に、デトロイトを代表する建築家アルバート・カーンがつくった建物で、自動車部品メーカー「Murray」が工場にしていた。産業の衰退とともに空き家になった。
 建物の外壁には、中西部で最大のミューラル「Impossible Dream」が描かれており、フリーウェー上からもよく見える。

「Russell Industrial Center」の中にあるガラス工房。超高温のガス釜を使ったワークショップが行われていた Photo © Mirei Sato

「Russell Industrial Center」の中にあるガラス工房。超高温のガス釜を使ったワークショップが行われていた
Photo © Mirei Sato


SHINOLA Detroit
www.shinola.com

オバマ大統領も愛用する「SHINOLA」の高級腕時計 Photo © Mirei Sato

オバマ大統領も愛用する「SHINOLA」の高級腕時計
Photo © Mirei Sato

 流行に敏感な人の間では、デトロイトといえば「シャイノーラ」。パリでもロンドンでも東京でも、自動車なんかより、ここの時計の話題で盛り上がる。
 2011年創業。シンプルで上品で、精巧なつくりの腕時計たち。自転車、バッグや手帳といった革製品も人気がある。「Built in Detroit」というキャッチフレーズが、この街らしいタフで頑固な輝きを演出している。自動車業界で失業した、高度な手作業を得意とする人たちを雇ったというストーリーも心憎い。
 本店があるミッドタウンは、ここ5年で再開発が進み、人気が急上昇。アパートの99%が埋まっているという。
 「Built in…」のキャッチフレーズには、ちょっとしたケチがついた。時計の部品がスイス製だったことなどから、連邦取引委員会が、消費者に誤解を与えるのではないかと指摘。しかしオバマ大統領をはじめ、有名人が多く愛用していることもあって、人気に陰りはなさそうだ。
 今年の秋からは、ヘッドフォンやターンテーブルなどのオーディオ製品も売り出す。カフェをオープンするという話もある。

再開発が進むデトロイト・ミッドタウンにある「SHINOLA」の店内 Photo © Mirei Sato

再開発が進むデトロイト・ミッドタウンにある「SHINOLA」の店内
Photo © Mirei Sato


Detroit Institute of Arts

www.DIA.org

一度は見るべし、ディエゴ・リベラの壁画「Detroit Industry」。フォード自動車工場をモデルに、産業の近代化に対する鋭い批評も込めた傑作だ Photo © Mirei Sato

一度は見るべし、ディエゴ・リベラの壁画「Detroit Industry」。フォード自動車工場をモデルに、産業の近代化に対する鋭い批評も込めた傑作だ
Photo © Mirei Sato

 デトロイト美術館は、アメリカで最初にゴッホやマティスを購入した。ブリューゲル、レンブラント、ドガ、セザンヌなどの名画がそろう。ビアデン、ローレンス、ウィームスといった黒人アーティストの作品も多い。
 360度を囲むディエゴ・リベラの壁画「Detroit Industry」は、みごと。フォード社の自動車工場ルージュにインスピレーションを得た、リベラの代表作。資本と労働、機械と人間の関係をここまで緻密に描き、かつ批評した作品はほかにないだろう。
 しかし美術館の所有者がデトロイト市だったため、2013年に市が破産した際、美術品が売られてしまうかもしれないという危機に陥った。州や基金が尽力して寄付を募り、なんとか救われたのだが、このとき「デトロイト日本商工会」(Japan Business Society Detroit = JBSD)も大きく貢献した。ミシガン州に拠点を置く自動車部品メーカーなど、商工会に加盟する21社が、計200万ドル以上を寄付した。トヨタ自動車も100万ドルを寄付した。
 美術館からの呼びかけに応えて、率先して地元の日系企業や駐在コミュニティーに協力を求めたのが、大光敬史(おおみつたかし)さんだ。デトロイト日本商工会顧問で、「アイシン精機」技監。
 「ミシガンは日本にとって非常に大切な州だし、デトロイトと愛知県豊田市は姉妹都市でもある。治安が悪いというネガティブなイメージがあるかもしれないが、ここ4〜5年でいろいろな人たちが頑張っている。日系コミュニティーとしても、美術館への支援を通じて、デトロイトの復興に寄与したいと思った」と話す。
 長期的な視野にたって日系社会の存在感を高めたいと考え、寄付金の25%は、常設の「日本ギャラリー」創設資金にあててもらうことにした。オープンは、来年秋の予定だ。
 日本ではちょうど今、「デトロイト美術館展」が開催中。モネやゴッホ、セザンヌの名画が展示され、大盛況だ。豊田、大阪、東京を巡回して、来年1月まで続く。
 大光さんは、現在DIAの理事も務めている。「デトロイトにこんなにいい美術館があるんだということを知ってもらうチャンスだと思う。日本からの観光客やアメリカに住む日本人にたくさん来てもらえるよう、活動していきたい」
 DIAは今年10月まで、「Inside/Out DIA」という企画も実施中。デトロイト市内ダウンタウンなどの屋外に、コレクションの名画のレプリカを展示。セルフィーのコンテストや、自転車や徒歩で回って鑑賞するツアーなどを行っている。

屋外に名画のレプリカを展示する人気の企画「Inside/ Out DIA」 Photo © Mirei Sato

屋外に名画のレプリカを展示する人気の企画「Inside/ Out DIA」
Photo © Mirei Sato


Red Bull House of Art
www.RedBullHouseOfArt.com

市場イースタン・マーケットにあるミューラル「Jukebox Cowboy」 Photo © Mirei Sato

市場イースタン・マーケットにあるミューラル「Jukebox Cowboy」
Photo © Mirei Sato

 デトロイト市民の台所「イースタン・マーケット」の一角にあるギャラリー兼居住施設。前述したマット・イートンさんがディレクターを務める。数カ月ごとに若手アーティスト数人を選び、ここで共同生活を送りながら、アート制作、展示イベント開催までを支援する。
 絵画や彫刻、写真など、分野の違うアーティストたちが、アイデアやスペースを共有するのが特徴だ。ここに限らず、デトロイトの再生において、「シェアリング・エコノミー」がキーワードになっていることを実感する。
 イースタン・マーケットは屋外型の市場で、やはりミューラルの宝庫だ。

イースタン・マーケットの一角にあるミューラル「Nothing Stops Detroit」 Photo © Mirei Sato

イースタン・マーケットの一角にあるミューラル「Nothing Stops Detroit」
Photo © Mirei Sato


City Sculpture Park
www.CitySculpture.org

昨年夏にオープンした「City Sculpture Park」 Photo © Mirei Sato

昨年夏にオープンした「City Sculpture Park」
Photo © Mirei Sato

 若手に負けず、「オールドタイマー」も頑張っている。1960〜70年代にデトロイトのアートシーンを変えた運動「Cass Corridor Movement」のリーダー、ロバート・セストックさんが、昨年夏にオープンした。約30体の彫刻がある屋外美術館だ。

デトロイトの著名なアーティスト、ロバート・セストックさん Photo © Mirei Sato

デトロイトの著名なアーティスト、ロバート・セストックさん
Photo © Mirei Sato


The Heidelberg Project
www.Heidelberg.org

「Heidelberg」で一番有名な、ポルカドットの家 Photo © Mirei Sato

「Heidelberg」で一番有名な、ポルカドットの家
Photo © Mirei Sato

 デトロイトのストリートアートといえば、ハイデルバーグは外せない。歴史的黒人居住区ヒストリック・ブラックボトムで、住人のタイリー・ガイトンさんが始めた「路上美術館」は、今年で30年目を迎えた。
 空き家や空き地、ガラクタや廃材を使ったアート。市当局にブルドーザーで2度破壊されたが、デトロイト有数の観光名所になった。ここ数年で5回も放火にあい、いくつかの家はなくなったが、それもストリートアートの宿命だからと、焼け跡をそのまま作品に変えている。
 アートで人と人をつなぎ、魂を癒し、マインドを変える。その試みが30年を経た今、ガイトンさんは「これからは時間をまき戻すような創作をしていく」と話している。

「Heidelberg Project」の生みの親、アーティストのタイリー・ガイトンさん Photo © Mirei Sato

「Heidelberg Project」の生みの親、アーティストのタイリー・ガイトンさん
Photo © Mirei Sato

デトロイト 旅の最新情報はここで!

www.Michigan.org
www.VisitDetroit.com

取材協力/Special thanks to Travel Michigan (MEDC), and Detroit Metro Convention & Visitors Bureau

1

2

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

佐藤美玲 (Mirei Sato)

佐藤美玲 (Mirei Sato)

ライタープロフィール

東京生まれ。子供の時に見たTVドラマ「Roots」に感化され、アメリカの黒人問題に対する興味を深める。日本女子大英文学科アメリカ研究卒業。朝日新聞記者を経て、1999年、大学院留学のため渡米。UCLAアメリカ黒人研究学部卒業・修士号。UMass-Amherst、UC-Berkeleyのアメリカ黒人研究学部・博士課程に在籍。黒人史と文化、メディアと人種の問題を研究。2007年からU.S. FrontLine誌編集記者。大統領選を含め、アメリカを深く広く取材する。

この著者への感想・コメントはこちらから

Name / お名前*

Email*

Comment / 本文

この著者の最新の記事

関連記事

ニュースレター
アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用
Universal Mobile

注目の記事

  1. ステンレス製のお皿にライスが隠れるようにルーを全体にかけ、その上にトンカツ、そして付け合わせにはキャ...
  2. この原稿を書いているのは2020年6月12日。昨日、ニナの義務教育が終了した。オンラインでの...
  3. アラスカ州とカナダの国境地帯に広がるのは、世界最大規模の自然保護区。北米大陸最高峰の山々に世...
  4. コロナ禍の3カ月の自粛生活は、私たちそれぞれに、自分の忙しい生活を今一度振り返る良い機会とな...
  5. ニューヨークを拠点に、さまざまなセミナー、フェスティバルやディナー会などのイベント、質の高い日本食を...
  6. 疲労の原因には、精神的ストレス、身体的ストレス、生活環境ストレス...
  7. 2020年6月6日

    第74回 世界は変わる
    新型コロナウィルス(COVID-19)の世界的大流行が起こってから、約2カ月が過ぎようとして...
  8. 2020年6月5日

    第82回 実践的教育
    この原稿を書いている2020年4月現在、全米は新型コロナウイルスのパンデミックの渦中にある。...
ページ上部へ戻る