「星の王子様」 アニメ化のサプライズ
(8月5日公開)

文/はせがわいずみ(Text by Izumi Hasegawa)

© Netflix

© Netflix

日本の女子の多くがお気に入りの本としてあげる「星の王子さま」。筆者の妹もファンで、「テグジュペリって変な名前だと思わない?」とよくからかったものだ。そんな人気小説がアニメ化されると聞き、興味津々で試写に行った。

ハッキリ言おう、アニメ映画版「The Little Prince」は、小説版「星の王子さま」のアニメ化ではない。小説版に登場するキャラクターを使いつつ、少女と彼らとの関わりを描くストーリーだ。邦題が「リトルプリンス 星の王子さまと私」なのもうなずける。

昨今、ハリウッドはやっと「映画の観客の半分(実はそれ以上?)は、女性」ということに気づき、女性向けの映画や女性が主人公の映画を作るようになった。本作の製作者は、小説版のファンの多くが女性だというのをしっかり見極めたかどうかは分からないが、主人公を少年ではなく、少女に、しかも母親と2人暮らしという設定にしているのが面白い。仕事をテキパキとこなす教育熱心な母親と、それに従っていた娘が、星の王子さまの世界を知ることで眠っていた冒険心が目覚めるという展開は実に秀逸。原作小説の挿絵の雰囲気を持つ絵柄もファン心をくすぐるだろう。

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

はせがわいずみ (Izumi Hasegawa)

はせがわいずみ (Izumi Hasegawa)

ライタープロフィール

島根県松江市出身。映画ジャーナリスト・神主。NHKなどのアナウンサーを経て、映画・TV記者に。取材したセレブはのべ5000人以上。スターのインタビューや写真を全世界の媒体に配信する通信社Hollywood News Wire Inc. を経営 (一部をWhatsUpHollywood.comに掲載。動画インタビューはUTBでも放送中!!)。ハリウッドと日本の架け橋としてHollywood-PRを立ち上げ、PR・マーケティング、コンサルタントとしても活動中。
実家が神社(出世稲荷神社)なので神主の資格を持つ。島根県ふるさと親善大使「遣島使」。著書:TV『24』公式解説本『メイキング・オブ 24-TWENTY FOUR-』(竹書房)

この著者への感想・コメントはこちらから

Name / お名前*

Email*

Comment / 本文

この著者の最新の記事

関連記事

注目の記事

  1.  スコット・イーストウッドの存在を初めて知ったのは、2013年の映画「Texas Chain...
  2. なぜ、ニューヨークに1号店?  日本は寝具に関しては布団とベッドと両方がありますが、...
  3.  普段から首の痛みが酷い。毎日、パソコンに向かってタイプし続けているせいだと思うが、そのうち...
  4. 注:本稿は、特に日系企業の駐在員の方々が連邦税務申告書を自分で作成できるようにステップを示し、並行し...
  5.  和歌山県太地町で撮影された反捕鯨映画「The Cove」。同作は大きな話題になっただけでな...

デジタル版を読む

フロントライン最新号
ページ上部へ戻る