Beauty Special 2016 Fall
こだわり美容アイテム

Hoyu

日本で馴染みがあるビゲンは日系スーパーで購入可能。実はここアメリカでは、同ブランドは日本人のみならず、アフリカ系、ヒスパニック、中国系や韓国系をはじめとする日系以外のアジア系の消費者にも幅広く浸透している。2016年春には、日本でも人気の香りのヘアカラーBigen Aroma Colorをアジアスーパー向けに新発売。普段は美容院だけで染めている人も、次の美容院までの合間に白髪が気になった際に自分で手軽に染められるのが嬉しい。

hoyu1

Bigen Aroma Color
シトラスにジャスミンとバラを組み合わせた、ソフトで優しく洗練された香りがポイント。2015年に日本で行った調査によると、同商品には「ヘアカラー独特のきついニオイがない」と回答した人が90%に達した。日本でも人気のクリームタイプだから気になる生え際の白髪もしっかりカバー。芳醇なアロマに包まれながら、美しく若々しい髪を手に入れられると好評。

体験談 Testimonial
香りとコームで差がつく
Bigen Aroma Colorをトライ

hoyu2

これまでは米系スーパーで購入できるカラーリング剤を使っていましたが、今回、新発売のBigen Aroma Colorを試してみて、あまりにも楽で簡単だったので今後はこれに切り替えるつもりです。これまでと違うポイントその1は、カラーリング剤独特のきついニオイが一切しないこと。染めている時だけでなくその後もしばらくいい香りが続きました。ポイントその2は、しっかり塗布できるタイプのブラシと仕上げに全体に行き渡らせるためのコームが付いていること。これがあるのとないのとでは手間が全然違いますね。(トーランス在住・主婦)

 

1 2

3

Universal Mobile

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

この著者の最新の記事

関連記事

アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用

注目の記事

  1. 九州より広いウッド・バッファロー国立公園には、森と湿地がどこまでも続いている ©Parc nati...
  2. 2022年12月9日

    住みたい国
    熊本県八代市の「くまモンポート八代」で 8月の終わりから9月中頃にかけて、私とニナは日本に飛...
  3. 2022年12月7日

    日常の些事
    冬の落ち葉 年齢を重ねると、だんだんと感動が薄くなるとはよくいわれる。ほとんどのことは過去に...
  4. 2022年12月6日

    美酒と器
    酒器の種類 酒器にはさまざまな素材、形のものが存在する。適切な器を選ばないとお酒本来...
  5. 契約上のトラブル 広範囲にわたる法律問題を扱う弊社にはさまざまなお問い合わせがありま...
  6. この号が出る頃、私とニナは日本での3週間の滞在を終えてアメリカに戻っているはずだ。ニナにと...
  7. 2022年10月7日

    森英恵の反骨精神
    裏庭の蝶 ファッションが好きな女性はたくさんいるだろう。私もその一人だ。休日の気晴らしは以前...
  8. およそ2000人の作業員により、6年間で建設されたリドー運河 カナダの首都オタワと、5大湖の...
ページ上部へ戻る