レッドフォードがニューマンと作りたかった?!

文/はせがわいずみ(Text by Izumi Hasegawa)

 「Butch Cassidy and the Sundance Kid」で、映画史に残る相棒ぶりを発揮したポール・ニューマンとロバート・レッドフォード。その後2人は「The Sting」でも名共演を見せ、本人も映画界もファンも3度目の共演を切望した。しかし、残念ながらそれから30年が過ぎても実現せず、ニューマンは2008年にこの世を去った。

Photo by Frank Masi, SMPSP  © Broad Green Pictures

Photo by Frank Masi, SMPSP © Broad Green Pictures

 レッドフォードは本作の原作「A Walk in the Woods」を読んだ時、これこそ、3度目の共演作にぴったりだと考えたが、ニューマンは違ったという。「彼は現実的で 『もうあれから40年も経っているし、体力的にこれができるか分からない。だから、やらない方がいいと思うんだ』って言ったんだ」と振り返る。

 そうして、2013年の映画「The Company You Keep」で共演したニック・ノルティを相棒に迎え、レッドフォードは映画化を実現させた。

 本作で興味深いのが、美味しい役はレッドフォード演じるブライソンではなく、ノルティ演じるカッツの方。しかし、カッツ役はレッドフォードの持つ雰囲気では無理なキャラだ。成功した作家ブライソンが、ルーザーな人生を歩むカッツとアパラチアン・トレイルに挑む話なのだが、珍道中の数々は、どちらかというとブライソンが経験することが多く、また、インテリな物言いの彼よりも、カッツの言葉の方が言い得て妙だったりする。

 サンダンス・インスティテュートを設立し、インディー映画に知力を注いできたレッドフォードならではの、大人が楽しめる作品だ。

Special thanks to Caitlin Klein & Allie Wilensky /ID-PR, Margaret Gordon / PMK•BNC, Katie Doyle / The Weinstein Company

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

はせがわいずみ (Izumi Hasegawa)

はせがわいずみ (Izumi Hasegawa)

ライタープロフィール

島根県松江市出身。映画ジャーナリスト・神主。NHKなどのアナウンサーを経て、映画・TV記者に。取材したセレブはのべ5000人以上。スターのインタビューや写真を全世界の媒体に配信する通信社Hollywood News Wire Inc. を経営 (一部をWhatsUpHollywood.comに掲載。動画インタビューはUTBでも放送中!!)。ハリウッドと日本の架け橋としてHollywood-PRを立ち上げ、PR・マーケティング、コンサルタントとしても活動中。
実家が神社(出世稲荷神社)なので神主の資格を持つ。島根県ふるさと親善大使「遣島使」。著書:TV『24』公式解説本『メイキング・オブ 24-TWENTY FOUR-』(竹書房)

この著者への感想・コメントはこちらから

Name / お名前*

Email*

Comment / 本文

この著者の最新の記事

関連記事

注目の記事

  1. ハロウィンにかわいらしいカボチャの茶巾はいかが? 甘いカボチャに、ショウガの効いた豚そぼろ餡が絶妙な...
  2.  新体操のアメリカ代表選手が正式発表されたのは6月13日。ロードアイランドで行われた全米選手...
  3. 本特集は一般的なケースの情報提供を目的としたものです。特定事例における法的アドバイスが必要な...
  4. なぜ、ニューヨークに1号店?  日本は寝具に関しては布団とベッドと両方がありますが、...
  5. 2017年秋、南カリフォルニア日系商工会議所の前会頭だったキティ・サンキーさんが、長年の地元...

デジタル版を読む

フロントライン最新号
ページ上部へ戻る