【英会話】YOKOのLA通信第42回

読者の皆さん、こんにちは。
9月中旬に入ってすっかり秋らしくなりましたね。
米国南部のフロリダ州に次のハリケーンIrmaが10日の午後に上陸したことは読者の皆さんもご存知だと思います。
この時点で250万戸以上が停電になりました。避難命令は650万人以上に出されテレビで見ているだけでも恐怖心が伝わってきました。
このIrmaの勢力はカテゴリー5段階の2段階まで勢いを落とし北上して行ったそうです。
復興には少なくても数ヶ月はかかるようですが、被害にあった住民達のことを考えると本当に心が痛みます。
多くの住民達は家もなくし、ハリケーンが収まったあとがまた大変だと思います。
先週はまたメキシコでも大型地震(マグネチュード8.0)に見舞われ大被害がありました。
このように次から次に起こる災害本当に怖いですね。
日本も台風シーズンに入りますので、読者の皆さんもお気をつけ下さいね。

先週少しお話をしましたが、10月12日より東京に行くことになりました。
今回は従来のようなセミナーは行わず淳と合同セミナーを10月15日(日曜日)東京で開催します。
このセミナーの詳細は次号で告知しますね。
セミナー内容は英語セミナーではありませんが、多くの読者が知りたい内容になります。笑
こちらも全てのスケジュールが出ましたら告知します。
(淳はその後、恒例の日本横断英語セミナーが入っています。)
今回の滞在は9日間のみですが、長女の陽子も一緒ですので二人で精力的に動く予定でいます。

→今週の写真は先日行なわれた新撰組と言うレストランの夏祭りに行った時の写真と、あゆみが購入しました新車の写真、最後はBaileyとBillの仲良し写真です。

【前回の課題解答】★★★

Billは友人のBenと最近の忙しさについて話しています。

Bill: It’s been a mad house around here for the last couple of weeks, people in and out and it seems like it will never end.
この数週間、我家は凄いことになっていたよ、人が出たり入ったりで
終わりが見えないような感じだったよ。
Ben: Get out of here I know you love having your son home for a couple of weeks and besides when will you be able to see him again.
何言っているんだよ、この数週間、息子が家にいることを楽しんだんだろう、それに次にまた息子に会えるのはいつなんだよ。
Bill: I know but after all your kids move out, your whole life changes but you are right.
わかっているよ、だけど子供達はみんな独立すると、人生そのものが変わるんだよ。まあお前の言っていることは、正しいけどね。
Ben: You are so lucky since all your kids are doing well and live on their own. I have another 3 years at least.
お前はラッキーだよ、子供達はみんなちゃんとやっているし、独立してるしさ。僕は少なくてもあと3年はかかるよ。
Bill: Good luck Ben. Nowadays it seems like kids just stick around forever.
がんばれよ、ベン、最近は子供達って(独立しないで)ず~と家にいるみたいだしね。

<宿題のポイント>
●in and out = 出たり入ったり
●Get out of here = 相手が言った事に対して、何言ってるの?と言うニュアンスです。
●on their own = themselves
●kids just stick around forever = Kids don’t move out, stay with parents

【今回の課題】★★★★

下記の文章を訳して下さい。今回は少し趣向を変え、短いストーリーが2つです。

Story 1
Fred は同僚のJohnと彼の転勤の話をしています。

Fred: What’s this I hear about your being transferred.
John: I’ve been trying to put it off but my visa is going to expire soon.
Fred: Well, from now on you had better make the best of it.
John: Believe me I’m going to take advantage of everything. In fact I think I’m going to use up some of that vacation time.

Story 2
BillとBobは同僚と接待の話をしています。

Bill: Recently I have had a ton of guests from Japan and it’s killing me. You know the routine, don’t you?
Bob: I sure do but our hands are tied and it goes with the territory.
Bill: Let’s face it you love this kind of thing. I mean you are really cut out for this kind of job.
Bob: Perhaps you are right and I’m sure I’ll end up doing again in the near future.

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

陽子 Senesac

陽子 Senesac

ライタープロフィール

高校卒業後、5年間英国留学。帰国後日本で出会ったビル・セニサック氏と結婚。1985年、同氏とともにロサンゼルスで日本人ビジネスマンを対象にした全クラス個人レッスン制の英会話スクールBYB English Centerを開設。以来30年以上、LAに駐在するビジネスマンから幼児まで全クラス個人レッスン制の英語教育に徹し、生徒のニーズに合った英語を指導。現在では、現地でも有数の英会話スクールへと成長している。2011年4月よりBYB Irvine校をスタート。

書籍:
* 英語で楽しく雑談できる本      2008年 あさ出版
* 今日から始める英語100語日記    2010年 あさ出版
* 奇跡の音8000Hz英語聴覚セラピー  2012年 きこ書房
* 奇跡の音8000Hz英語聴覚セラピー  2014年 きこ書房
   ビジネス日常会話編
* 奇跡の音8000Hz英語聴覚セラピー  2014年 きこ書房
   困っている外国人に話しかけたくなる英語編
* 奇跡の音8000Hz英語聴覚セラピー  2015年 きこ書房
   日常英会話ロサンゼルス編

この著者への感想・コメントはこちらから

Name / お名前*

Email*

Comment / 本文

この著者の最新の記事

関連記事

アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用

注目の記事

  1. 九州より広いウッド・バッファロー国立公園には、森と湿地がどこまでも続いている ©Parc nati...
  2. 2022年12月9日

    住みたい国
    熊本県八代市の「くまモンポート八代」で 8月の終わりから9月中頃にかけて、私とニナは日本に飛...
  3. 2022年12月7日

    日常の些事
    冬の落ち葉 年齢を重ねると、だんだんと感動が薄くなるとはよくいわれる。ほとんどのことは過去に...
  4. 2022年12月6日

    美酒と器
    酒器の種類 酒器にはさまざまな素材、形のものが存在する。適切な器を選ばないとお酒本来...
  5. 契約上のトラブル 広範囲にわたる法律問題を扱う弊社にはさまざまなお問い合わせがありま...
  6. この号が出る頃、私とニナは日本での3週間の滞在を終えてアメリカに戻っているはずだ。ニナにと...
  7. 2022年10月7日

    森英恵の反骨精神
    裏庭の蝶 ファッションが好きな女性はたくさんいるだろう。私もその一人だ。休日の気晴らしは以前...
  8. およそ2000人の作業員により、6年間で建設されたリドー運河 カナダの首都オタワと、5大湖の...
ページ上部へ戻る