Howdy Y’all !!!

文/山田由美(Text by Yumi Yamada)(テキサス州)

4月の後半は毎週雨が多かったダラスエリアです。ダラス郊外では、毎年人気のあるScarborough Renaissance Festival®が毎週末にWaxahachie(ワクサハチ)で行われます。今年は4月6日~5月27日ですが、雨が降ってしまうと屋外でのアクティビティやピクニックができないため、お天気の良い日に行きたいフェスティバルです。

4月の週末は、両日雨、土曜日が雨、日曜日が晴れ、両日晴れと、結構お天気がクルクルと変わるため、フェスティバルに行きたくても事前に予定が立てにくかったようです。

さて、前回ご紹介したKonmariさんメソッドのSparks Joy!を感じてのSpring Cleaning(春の大掃除)は進みましたか? 私の周りでは友人・同僚が“Sparks Joy!を感じよう”と言い、家中を片付けていました。実際に片付けが終了して、部屋の中が広くなり快適と言っていたのですが、どけた家具下のカーペットやペットのベッド周りのにおいが気になったそうです。芳香剤を置いたり、水回りのマットを交換したりしてみたものの、すぐに臭いはなくならず、いい方法はないかと聞かれました。

同時期にテナントさんが退去して、家の中に残ってしまったペット臭を何とかしたいという物件がありました。そこで家中のペット臭を軽減するために、カーペットをディープスチームクリーニング、1週間オドアーケアを業者に依頼。その結果、かなり軽減されました。でもペットを飼っているテナントさんがいる限り、臭い問題は残ります。

そこで今後の予防策として、日本に行った際に見つけた優れモノをご紹介します。サンコーテクノさんから発売されているペットの臭い取りマット、吸着フロアマット、トイレマット(マットの内側に切り目が入っていて便器の大きさや曲線に柔軟に対応)です。通常日本製品はアメリカのトイレで使用するには小さいのですが、トイレと床の間にピタッと張れますので、便器から水分が漏れても間に入ったりしません。

吸着フロアカーペットはアンモニア消臭効果があり、何度でも繰り返し洗濯機で洗えます。ペット対策にも、私たちの毎日の生活にも役に立ちます。特に家のにおいは目に見えないので、生活している家族は気が付かなくてもお客様が来るとすぐに分かるようです。

臭い取り以外にも、私が気に入ったのは吸着階段マット。従来のカーペットでは犬や猫が滑ったり転んだりしませんでしたが、ここのところ新築物件は階段がウッドタイプのものが多く、先日、足が滑って階段から落ちてケガをしたケースがありました。こちらのマットを階段に張ると、足裏の毛や爪が滑って階段から落ちる可能性は低くなります。犬の股関節(滑らないように踏ん張る)も保護されますし、階段も傷つきません。可愛く跳ねているワンコと犬の足跡マーク付き(猫模様もあり)、何度でも洗える優れものです。

15枚セットでしたが、アメリカの階段は平均18~20段はありますので、2個セットで購入しました。アマゾン、Yahooからも購入できます。コンパクトにたたまれた状態で届き、スーツケースの片側にピッタリ入りました。皆様もペット、トイレ、水回りの臭い対策をしてみてはいかがでしょうか。

ちなみに私が冒頭で「Howdy Y’all!!!」と書いたのは、テキサン(テキサス地元民)が言う「Hello, Everybody!」もしくは「How do you do? Everybody?」のテキサス訛りです。「Y’ALL Come Back」と最後に言うことも多いのですが、こちらは皆さん、ぜひテキサスに帰って来てくださいねという意味です。

参考URL:http://www.sanko-gp.co.jp/product/pet/

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

山田由美 (Yumi Yamada)

山田由美 (Yumi Yamada)

ライタープロフィール

テキサス州ダラスの不動産エージェント。ダラス地区不動産に関する賃貸、売買をはじめ、商業物件、事務所、不動産投資まで幅広くサポート。リフォームや不動産管理も手がけ、ダラスの不動産事情に通じている。

この著者への感想・コメントはこちらから

Name / お名前*

Email*

Comment / 本文

この著者の最新の記事

関連記事

アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用

注目の記事

  1. アメリカ在住者で子どもがいる方なら「イマージョンプログラム」という言葉を聞いたことがあるか...
  2. 2024年2月9日

    劣化する命、育つ命
    フローレンス 誰もが年を取る。アンチエイジングに積極的に取り組まれている方はそれなりの成果が...
  3. 長さ8キロ、幅1キロの面積を持つミグアシャ国立公園は、脊椎動物の化石が埋まった岩層を保護するために...
  4. 本稿は、特に日系企業で1年を通して米国に滞在する駐在員が連邦税務申告書「Form 1040...
  5. 私たちは習慣や文化の違いから思わぬトラブルに巻き込まれることがあり、当事務所も多種多様なお...
  6. カナダの大西洋側、ニューファンドランド島の北端に位置するランス·オー·メドー国定史跡は、ヴァイキン...
  7. 2023年12月8日

    アドベンチャー
    山の中の野花 今、私たちは歴史上経験したことのないチャレンジに遭遇している。一つは地球温暖化...
  8. 2023年12月6日

    再度、留学のススメ
    名古屋駅でホストファミリーと涙の別れ(写真提供:名古屋市) 以前に、たとえ短期であっても海外...
ページ上部へ戻る