〔ミャンマー〕三菱重工がヤンゴンに現地事務所

アジア発の有効なビジネス情報を手軽にキャッチ!

三菱重工業のシンガポール現地法人、三菱重工アジア・パシフィックは2日、ミャンマーの最大都市ヤンゴンに駐在員事務所を開設したと発表した。この先の事業拡大に向け、有望市場の情報収集や顧客との案件形成などを進める。

ミャンマーでの事務所開設により、アジア太平洋地域での事業ネットワークを強化する。東南アジア諸国連合(ASEAN)での進出国は、タイ、シンガポール、マレーシアを含め8カ国になった。

同社広報グループによると、ミャンマーでは特に、頻発する停電に対応するための非常用発電設備やフォークリフトなどの輸送機器、商業施設用の冷蔵設備などの需要増を見込む。また、発電所向けに火力発電設備などの販路も拡大したい考えだ。

ヤンゴン駐在員事務所の柴田健所長は声明で「急速に成長するミャンマーでの投資機会に参加できることを期待している」と述べている。

情報提供:株式会社NNA

アジア13カ国の拠点から、毎日300本の記事を有料で配信。現地の生きた経済・ビジネス情報を日々、素早く手軽にキャッチできる。現在7000社、約1万6000人のビジネスパーソンが活用。

https://www.nna.jp/club_contents/index

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

この著者の最新の記事

関連記事

デジタル版を読む

フロントライン最新号
ページ上部へ戻る