〔シンガポール〕居酒屋「相席屋」、東南アジアへ

アジア発の有効なビジネス情報を手軽にキャッチ!

居酒屋チェーン「相席屋」を運営するセクションエイトは、東南アジアで相席屋をフランチャイズ展開すると発表した(同社提供)

居酒屋チェーン「相席屋」を運営するセクションエイト(東京都渋谷区)は10日、シンガポール企業と同国で合弁会社を設立し、東南アジアで相席屋をフランチャイズ展開すると発表した。セクションエイトが海外で相席屋をフランチャイズ展開するのは初となる。

シンガポールでカラオケ店を展開するコルレーネ(Corlene)インターナショナル・エンターテインメントの子会社ウキヨ・ベンチャーズと、今月中に合弁会社アイセキヤ・インターナショナルを設立する。資本金は6万Sドル(約490万円)。出資比率はセクションエイトが33.4%、ウキヨが66.6%だ。

相席屋は男女の出会いの場を提供する居酒屋。初対面の男女が相席して一緒に飲食や会話を楽しむことができる。セクションエイトは新会社と相席屋のマスターフランチャイズ契約を締結。新会社は現地企業とフランチャイズ契約を結んで店舗展開していく。

初年度は、シンガポールを含む東南アジア地域で2店舗以上を展開する。その後も同地域で年2店舗以上のペースで出店し、5年で10店舗超とする計画だ。

セクションエイトの広報担当者はNNAに対し、「最初に出店する2店のうち1店はシンガポールとなる。特に同国は晩婚化が進んでいることから、相席屋事業の需要があると見込んでいる」と述べた。

セクションエイトは日本で約50店の相席屋を展開。料金は女性が無料、男性は10分当たり550円(平日月〜木曜日、食べ放題・飲み放題)となっている。東南アジアでの料金体系は未定という。

情報提供:株式会社NNA

アジア13カ国の拠点から、毎日300本の記事を有料で配信。現地の生きた経済・ビジネス情報を日々、素早く手軽にキャッチできる。現在7000社、約1万6000人のビジネスパーソンが活用。

https://www.nna.jp/club_contents/index

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

この著者の最新の記事

関連記事

アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用

注目の記事

  1. 今年、UCを卒業するニナは大学で上級の日本語クラスを取っていた。どんな授業内容か、課題には...
  2. ニューヨーク風景 アメリカにある程度、あるいは長年住んでいる人なら分かると思うが、外国である...
  3. 広大な「バッファロー狩りの断崖」。かつて壮絶な狩猟が行われていたことが想像できないほど、 現在は穏...
  4. ©Kevin Baird/Flickr LOHASの聖地 Boulder, Colorad...
  5. アメリカ在住者で子どもがいる方なら「イマージョンプログラム」という言葉を聞いたことがあるか...
  6. 2024年2月9日

    劣化する命、育つ命
    フローレンス 誰もが年を取る。アンチエイジングに積極的に取り組まれている方はそれなりの成果が...
  7. 長さ8キロ、幅1キロの面積を持つミグアシャ国立公園は、脊椎動物の化石が埋まった岩層を保護するために...
  8. 本稿は、特に日系企業で1年を通して米国に滞在する駐在員が連邦税務申告書「Form 1040...
ページ上部へ戻る