2020年4月のビザブルテンの発行について

国務省(The Department of State:通称 DOS)は、下記の通り、2020年4月のビザブルテンを発行しました。注目すべき点は、EB-1とEB-2のプライオリティデートにわずかな進歩があった一方で、中国とインドを除くすべての地域でEB-3へのプライオリティデートの進歩がなかったことです。

ビザブルテン

EB-1全国籍:
•中国:プライオリティデートが2017年6月8日(7日前進)
•インド:プライオリティデートが2015年5月1日(62日前進)
•エルサルバドール、グアタマラ、ホンデュラス、メキシコ、フィリピン、ベトナム、その他の地域:プライオリティデートが2019年6月1日(93日前進)

EB-2全国籍:プライオリティデートは現在時点有効。ただし、以下国籍を除く。
•中国:プライオリティデートが2015年9月1日(18日前進)
•インド:プライオリティデートが2009年5月25日(3日前進)

EB-3全国籍:詳細は弊社ウェブサイトに掲載されている記事をご覧ください。

米国移民局によるステイタス変更のための日付

米国移民局は、当会計年度において把握している申請数(各カテゴリーごとの永住権申請数)よりも多くの移民ビザ発行残数があると判断した場合、こちら www.uscis.gov/visabulletininfoのページ内で、国務省の2020年4月のビザブルテンにあるDates for Filing Visa Applicationsの表を利用するよう指示します。そのような指示が出ない場合は、ページ内でApplication Final Action Datesの表を利用することで、米国内でいつステイタス変更の申請を提出できるかが判定できます。 現時点のこの発表の限りでは、2020年4月にどちらの表を使用すべきかの決定は下されていません。上記の日付は、Application Final Action Datesです。

チャーリーオッペンハイム氏の見解

アメリカ国務省ビザ統制報告部部長で、移民の優先カテゴリーの分析および予測を担当するチャーリーオッペンハイム氏によると、2020年4月の分析および予測記録はまだ発表されていないということです。弊社では、このチャーリーオッペンハイム氏による情報等が公開され次第、随時お知らせするように致します。

ご質問がある場合は、お気軽に当事務所までお問い合わせください。

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

デビッド・シンデル (David Sindell)

デビッド・シンデル (David Sindell)

ライタープロフィール

NY州およびNJ州弁護士資格。外国法事務弁護士(外弁)として東京第2弁護士会所属。アメリカ移民法弁護士協会所属。日本語、フランス語に堪能。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る