Howdy Y’all !!!

STAY HOMEが始まった3月はまだ外も暑くなく、散歩やジョギングをする人もいましたが、すでに8月になりました。今年のダラスの夏は猛暑真っ盛りで、日中は外に出るのも危険な感じです。昨年よりも湿度が高いせいなのか、なぜだか町全体がもやっているように感じます。家の前に車を止めておく場合は帰宅時にフロントウィンドウに日よけカバーをしておかないと、翌日車に乗った時には熱くてステアリングが持てなくなります。最低でもステアリングカバーは必須です。

例年は8月後半に新学期がスタートしていたダラスエリアですが、2020年はかなり早く新学期がスタートします。学校によっては8月最初の週からとなっていましたが、COVID-19のため、各学校は最初の3週間はオンライン授業をレイバーデー明けまで続けます。その後は生徒の選択によってオンラインクラス授業とオフラインクラスに分かれます。全体の何%が直接授業を受けるのかはまだ分かりませんが、ジョージア州の高校のように全員登校して学校で密に行動する状態では周りの人たちも不安を感じると思います。

生徒が撮った写真を見ましたが、大勢の人がいる中でほんの数人だけがマスクをしていました。この状況に不安を感じた生徒が高校に進言したにも関わらず、学校に来ないのであれば退学処分にすると言われ、問題となっていました。結果として退学処分にはなりませんでしたが、教職員や生徒達を守るためには学校側もオフラインクラスの選択ができるようにする等、感染防止に努めるべきだと思います。生徒がコロナウィルスに感染すれば、当然家の中でほかの家族に感染が広がる恐れがあります。

毎年、新学期の時期には高校生の免許取りたてドライバーたちにお気を付けくださいと書いていましたが、今年の新学期はオンラインクラスのおかげで道も混んでおらず、朝夕の渋滞時間もガラガラです。私自身はSTAY HOMEの間も物件管理等で外に出ていたのですが、確かにラッシュアワーも日中も以前に比べればかなり空いています。でも、その状態を利用してとんでもないスピードでかっ飛ばしてくる車をよく見かけます。70マイル制限速度で走っていたところ、右側から飛ばしてきてあっという間に抜いて行ったので、最低でも85マイルは出ている感じでした。その車を見たほかのスポーツカータイプの車が飛ばして追いかけて行きましたが、周りのドライバーからすれば迷惑以外の何物でもありません。

常にリアミラーや追い越してくる車には注意を払っていますが、飛ばしすぎているため、気が付いた時にはかなり近距離に来ていて、危険なことこの上ありません。今まではテキストをしているドライバーには気を付けましょうという感じだったのですが、飛ばしている車と、テキストや電話中のドライバーと付け加える必要がありそうです。
まだコロナウィルスのワクチンもできておらず、冬が来ればインフルエンザも流行り始めます。コロナウィルス渦はまだ抜け出せそうにありません。目に見えないウィルスとの戦いのため、出口が見えなくて何もできていないように感じるかもしれませんが、毎日の手洗いや消毒がウィルスの感染を減らし続けていると願っています。皆さんも体調に気を付けて、新学期に向けての子供たちへのサポートと共に進んで行きましょう。

ちなみに私が冒頭で「Howdy Y’all!!!」と書いたのは、テキサン(テキサス地元民)が言う「Hello, Everybody!」もしくは「How do you do? Everybody?」のテキサス訛りです。「Y’ALL Come Back」と最後に言うことも多いのですが、こちらは皆さん、ぜひテキサスに帰って来てくださいねという意味です。

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

山田由美 (Yumi Yamada)

山田由美 (Yumi Yamada)

ライタープロフィール

テキサス州ダラスの不動産エージェント。ダラス地区不動産に関する賃貸、売買をはじめ、商業物件、事務所、不動産投資まで幅広くサポート。リフォームや不動産管理も手がけ、ダラスの不動産事情に通じている。

この著者への感想・コメントはこちらから

Name / お名前*

Email*

Comment / 本文

この著者の最新の記事

関連記事

アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用

注目の記事

  1. アメリカ在住者で子どもがいる方なら「イマージョンプログラム」という言葉を聞いたことがあるか...
  2. 2024年2月9日

    劣化する命、育つ命
    フローレンス 誰もが年を取る。アンチエイジングに積極的に取り組まれている方はそれなりの成果が...
  3. 長さ8キロ、幅1キロの面積を持つミグアシャ国立公園は、脊椎動物の化石が埋まった岩層を保護するために...
  4. 本稿は、特に日系企業で1年を通して米国に滞在する駐在員が連邦税務申告書「Form 1040...
  5. 私たちは習慣や文化の違いから思わぬトラブルに巻き込まれることがあり、当事務所も多種多様なお...
  6. カナダの大西洋側、ニューファンドランド島の北端に位置するランス·オー·メドー国定史跡は、ヴァイキン...
  7. 2023年12月8日

    アドベンチャー
    山の中の野花 今、私たちは歴史上経験したことのないチャレンジに遭遇している。一つは地球温暖化...
  8. 2023年12月6日

    再度、留学のススメ
    名古屋駅でホストファミリーと涙の別れ(写真提供:名古屋市) 以前に、たとえ短期であっても海外...
ページ上部へ戻る