英語で時間(時刻)を表すための基本知識

今回は英語による時刻の表現の仕方について触れてみようと思います。とても簡単なので、ぜひマスターしておきましょう!


時刻表記の基本ルール

アメリカでは基本、24時間制ではなく、a.m.(午前)と p.m.(午後)を使って12時間制で時刻を表します。日常会話に限らず、メールを送るときやビジネスの場でも、アメリカでは12時間制を使うのが基本で、例えば午前10時は 10:00 a.m. と表し、午後6時は 6:00 p.m. と表します。因みに、カナダ、オーストラリア、イギリスなど英語圏の多くの国が12時間制を使っているそうです。午前・午後の表記の仕方は、下記の通り3パターンあります。

パターン1:小文字
a.m. / p.m.
パターン2:大文字
A.M / P.M.
パターン3:大文字ピリオドなし
AM / PM

時刻を文字で表す場合は、10:00 a.m.6:00 p.m.のように数字と午前・午後の表記の間にスペースを入れるのが正しい表記の仕方と言われているので、ビジネスのメールを書くときはこのルールを守るといいでしょう。しかし、友達に送るカジュアルなメールやメッセージの場合は「Let’s meet at 10am」のように、スペースもピリオドもなしで表記しても問題ありません。

また、a.m.の代わりに「in the morning」、p.m.の代わりに「in the afternoon(お昼〜夕方)」または「in the evening(夕方以降)」 の表現を使うことも一般的です。例えば、午前8時は「eight in the morning」、午後4時は「four in the afternoon」、午後9時は「nine in the evening」と言います。ちなみに、お昼の12時を「12 p.m.」、夜中の12時を「12 a.m.」と表記することもできますが、混乱を招いてしまい兼ねないので、

お昼の12時は『12 noon

夜中の12時は『12 midnight

と表現する方が無難でしょう。日常会話では 12 noon を略して「noon」、12 midnight を略して「midnight」と言ってもOKです。

〇〇時ちょうどの表現の仕方

日本語では区切りのいい時間を「〇〇時ちょうど」と表現しますが、英語では「数字 + o’clock」の形式で表現します。例えば「1時です」は「It’s one o’clock.」、「6時です」は「It’s six o’clock.」 のように言い、日常会話では o’clock を省いてシンプルに「It’s one.」や「It’s six.」ということも一般的です。

「1時ぴったりです」と区切りがいいことをを強調したい場合は「It’s exactly one (o’clock).」もしくは「It’s one (o’clock) on the dot.」と言います。on the dot は時計についている時間を示す点(dot)と時計の針が重なっていることを表しています。

因みに「1時くらいだよ」は「It’s about one (o’clock).」、「もうすぐ1時だよ」は「It’s almost one (o’clock).」、「1時過ぎたとこだよ」は「It’s just passed one (o’clock).」と表現します。

〇〇時〇〇分の表現の仕方

次は何時何分のように具体的な時刻の表し方について触れていきます。2時10分は「It’s two ten.」、2時35分は「It’s two thirty-five.」のように数字をそのまま読み上げるのが一般的です。ただし、2時7分の場合は「It’s two seven.」ではなく「It’s two oh seven.」と言います。ここではゼロを“oh”と言うことがポイントです。

英語では To、Past、Till、After の単語を使って時刻を表すこともよくあります。to は「〇〇時まで何分」を意味し、例えば7時50分は「It’s ten to eight.」 、7時55分は「It’s five to eight.」のように言います。直訳すると「8時まで10分」「8時まで5分」になります。To の代わりに Till を使って「It’s ten till eight.」「It’s five till eight.」と言ってもOKです。

ここのポイントは「5分」や「10分」単位で表現することです。たとえ7時52分であっても「It’s eight to eight.」と言うのではなく「It’s ten to eight.」と言ったほうが自然です。日本の教科書では before も同じ意味として使われると書いてあるのをみたことがありますが、僕の暮らすカリフォルニアでは聞かない言い方です。なので個人的には To もしくは Till を使うことをお勧めします。

Past は「何分過ぎている」ことを意味し、9時5分は「It’s five past nine」、9時10分は「It’s ten past nine」のように表現します。直訳は「9時5分過ぎ」「9時10分過ぎ」になります。ここでは After を使って「It’s five after nine」「It’s ten after nine」と言ってもOKです。意味は全く同じなので、どちらを使っても問題ありません。また日常会話では、

15分単位を『a quarter

30分単位を『half

と表すことがよくあります。Quarter は60分の4分の1、half は60分の半分を意味します。例えば、6時15分は「It’s a quarter past/after six.」、6時半は「It’s half past six.」と言います。

ここで気をつけないといけないポイントがいくつかあります。まず quarter の前には必ず a が入るのに対し、half の場合は入れる必要がありません。また「half past six」の代わりに「half after six」と言うのは不自然です。また、9時45分は「It’s a quarter to ten.」もしくは「It’s a quarter till ten.」のように a quarter を使って表現することができますが、9時30分を「It’s a half to/till ten.」とは言いません。「〇〇時30分」を half を使って表現する場合は必ず「half past ~」の形式になることを覚えておいてください。

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

Jun Senesac

Jun Senesac

ライタープロフィール

ロサンゼルス出身の日米ハーフ。両親が運営するL.A.の英会話学校「BYB English Center」にて、高校生の頃から英語講師としてのキャリアをスタート。カリフォルニア州にあるUC Santa Barbara大学へ入学し、1年間一橋大学へ交換留学。卒業後、国際交流員として石川県内灘町役場で2年間の勤務を経て、2011年にアメリカへ帰国しBYB姉妹校をアーバインに開校。
2013年に英語学習サイト「Hapa英会話」を設立。2014年の2月よりHapa英会話のPodcastをスタートし、月間およそ40万ダウンロードされるまで成長。iTunes Japanが発表した『Best of 2014/2015』に2年連続選出。YouTubeにて登録者5万人を超える英会話チャンネル「Hapa英会話」を配信。
YouTubeやPodcast、ブログやメルマガなど様々な媒体を通じて、日米文化を取り入れた英語の学習環境を提供。
YouTube: https://www.youtube.com/hapaeikaiwa

この著者への感想・コメントはこちらから

Name / お名前*

Email*

Comment / 本文

この著者の最新の記事

関連記事

アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用

注目の記事

  1. アメリカ在住者で子どもがいる方なら「イマージョンプログラム」という言葉を聞いたことがあるか...
  2. 2024年2月9日

    劣化する命、育つ命
    フローレンス 誰もが年を取る。アンチエイジングに積極的に取り組まれている方はそれなりの成果が...
  3. 長さ8キロ、幅1キロの面積を持つミグアシャ国立公園は、脊椎動物の化石が埋まった岩層を保護するために...
  4. 本稿は、特に日系企業で1年を通して米国に滞在する駐在員が連邦税務申告書「Form 1040...
  5. 私たちは習慣や文化の違いから思わぬトラブルに巻き込まれることがあり、当事務所も多種多様なお...
  6. カナダの大西洋側、ニューファンドランド島の北端に位置するランス·オー·メドー国定史跡は、ヴァイキン...
  7. 2023年12月8日

    アドベンチャー
    山の中の野花 今、私たちは歴史上経験したことのないチャレンジに遭遇している。一つは地球温暖化...
  8. 2023年12月6日

    再度、留学のススメ
    名古屋駅でホストファミリーと涙の別れ(写真提供:名古屋市) 以前に、たとえ短期であっても海外...
ページ上部へ戻る