キアヌにオスカーを?!「Knock Knock」

文/はせがわいずみ(Text by Izumi Hasegawa)

© Lionsgate Premiere

© Lionsgate Premiere

 
 「アカデミー賞もの!」と言って、主役キアヌ・リーブスの演技を絶賛するのは監督のイーライ・ロス。確かにリーブスは、若い女性に誘惑される夫エヴァンを体当たりで演じた。しかし、いつものようにセリフは棒読みで演技もパッとしない。ただ、スクリーン上での存在感は健在だ。初の父親役もかなり不自然で、子供と戯れるシーンは「無理矢理」感が滲み出ていた。そんな彼との初仕事でロスはまた、「キアヌが一線で活躍し続ける理由が分かった」と話していたが、筆者も今回のインタビューで、リーブスがハリウッドで生き残っている理由を確信した。彼は普段のトークも棒読みなのだ。本作の記者会見では、これまでになく数センテンスに渡って自分の考えを話したリーブス。その語り口は、自分の意見にも関わらず棒読みに聞こえるのだ。そう、スクリーンで見せる彼の棒読みは、実は究極の自然な演技だったのだ!!

 本作で注目したいのは、50過ぎても変わらない彼のイケ面ぶりではない。エヴァンを誘惑し、頬を叩き、ザルを頭にかぶせて散髪までしてしまう女子ベルに扮したアナ・デ・アルマスの演技だ。大物スター、リーブスを相手に臆するどころか、やりたい放題で自由な動きをとことん見せつける。演技がこじんまりとしてしまう日本人若手女優たちよ、彼女の演技を見倣ってほしい。

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

はせがわいずみ (Izumi Hasegawa)

はせがわいずみ (Izumi Hasegawa)

ライタープロフィール

島根県松江市出身。映画ジャーナリスト・神主。NHKなどのアナウンサーを経て、映画・TV記者に。取材したセレブはのべ5000人以上。スターのインタビューや写真を全世界の媒体に配信する通信社Hollywood News Wire Inc. を経営 (一部をWhatsUpHollywood.comに掲載。動画インタビューはUTBでも放送中!!)。ハリウッドと日本の架け橋としてHollywood-PRを立ち上げ、PR・マーケティング、コンサルタントとしても活動中。
実家が神社(出世稲荷神社)なので神主の資格を持つ。島根県ふるさと親善大使「遣島使」。著書:TV『24』公式解説本『メイキング・オブ 24-TWENTY FOUR-』(竹書房)

この著者への感想・コメントはこちらから

Name / お名前*

Email*

Comment / 本文

この著者の最新の記事

関連記事

注目の記事

  1.  カリフォルニアワインの質と評価が、世界的に認知されたのは喜ばしい。しかしながら、高騰し続け...
  2. 2017年4月2日

    第102回 犬ビジネス
     昨秋、生まれて初めてひどい腰痛を患いました。大型犬の飼い主としては致命傷。完治するまでの間...
  3. 2016年9月2日

    第165回 ポケモンGO
     今巷で大人気の、ポケモンGOというスマートフォン(以下スマホ)用ゲーム、私は正直それ程興味...
  4. カリフォルニア州カルバーシティのオフィスを構えるShinano Kenshi Corporati...
  5. 診断と治療の問題点 認知症とは何か? 生後に正常に発達した諸々の精神機能が慢性的に減退すること...

デジタル版を読む

フロントライン最新号
ページ上部へ戻る