現実社会を反映「X-Men: Apocalypse」(5月27日公開)

文/はせがわいずみ(Text by Izumi Hasegawa)

 

© 2015 Marvel and Subs. and 2015 Twentieth Century Fox Film Corporation

© 2015 Marvel and Subs. and 2015 Twentieth Century Fox Film Corporation

 アメコミのヒーローもので筆者が一番好きなのがX-Menシリーズ。なぜなら社会構造を巧みに反映し、我々に疑問を投げかけるからだ。特殊能力を持った人々をミュータントと呼び、そうした人々に対して差別をしたり、自分と違うがために恐怖心を抱いたりし、それが元で生まれる確執が物語を構成していく。また、ミュータント同士での意見の相違もドラマを生む。それは、人種や文化、宗教の違いで差別や戦争をする我々の世界と完全にオーバーラップしており、とても興味をそそられる。

 本作は、エジプトで復活した世界最初のミュータント、アポカリプスが、世界を支配するために、力を手に入れたいミュータントを仲間に集め、プロフェッサーXの持つ強力なテレパシー能力を手に入れようとするストーリー。

 シリーズの中で、悪役になったり正義の味方になったりと、複雑なキャラクターとして描かれてきたマグニートが、本作でも善と悪の間で揺れ動く。優しい性格なのに、不運や誤解で悪に傾倒してしまうのだ。そんな彼を許し、支えるプロフェッサーX。本作は2人の篤い友情も見どころのひとつだが、筆者としては、プロフェッサーXがハゲになった理由が解明されたのが嬉しかった。

 ちなみに、アポカリプスに扮するのは、「Inside Llewyn Davis」の好演で各映画賞を賑わし、ハリウッドで注目されるようになったオスカー・アイザック。「Star Wars: Episode VII – The Force Awakens」で反乱軍のパイロットに扮した彼は、本作の出演で話題のSF大作をふたつ制覇したことになる。次なる活躍を楽しみにしたい。筆者としては「Star Trek」か? と期待してしまうのだが果たして。

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

はせがわいずみ (Izumi Hasegawa)

はせがわいずみ (Izumi Hasegawa)

ライタープロフィール

島根県松江市出身。映画ジャーナリスト・神主。NHKなどのアナウンサーを経て、映画・TV記者に。取材したセレブはのべ5000人以上。スターのインタビューや写真を全世界の媒体に配信する通信社Hollywood News Wire Inc. を経営 (一部をWhatsUpHollywood.comに掲載。動画インタビューはUTBでも放送中!!)。ハリウッドと日本の架け橋としてHollywood-PRを立ち上げ、PR・マーケティング、コンサルタントとしても活動中。
実家が神社(出世稲荷神社)なので神主の資格を持つ。島根県ふるさと親善大使「遣島使」。著書:TV『24』公式解説本『メイキング・オブ 24-TWENTY FOUR-』(竹書房)

この著者への感想・コメントはこちらから

Name / お名前*

Email*

Comment / 本文

この著者の最新の記事

関連記事

注目の記事

  1. ハワイ諸島主要8島の北西に、小さな島々が点々と広がるエリアがあるのをご存知だろうか。ここパパ...
  2. クルーズの季節がやってきた! エンターテインメントやサービスの質の高さに定評がある、ディズニー・クルーズライン。巨大客船「ディズニー・ドリーム号」でゆく、「4泊5日・バハマの旅」を紹介する。
  3. 今回は、皮膚とにおいについてお伝えします。 まずは加齢臭ですが、これは皮脂腺から分泌さ...
  4. 幼児期の日本語教育は 人格形成の大事なステージ 幼児期は、どのように過ごすか...
  5. カリフォルニア州アーバインにオフィスを構えるH&X Technologies, Inc.のC...

デジタル版を読む

フロントライン最新号
ページ上部へ戻る