究極のクーガー映画?!「Hello, My Name is Doris」(3月11日から劇場公開)

文/はせがわいずみ(Text by Izumi Hasegawa)

 

© Roadside Attractions

© Roadside Attractions

 高齢の母親が亡くなり、実家に一人暮らしとなった60代のドリスが、年若い同僚ジョンに恋をするというストーリー。友人の13歳になる孫の手ほどきでソーシャルメディアを使って恋のアプローチに必死になり、時折、トキメキを観客と共有するドリスを見ていると、ロマンスに年齢制限はないと確信する。

 ドリスに扮するのは、名女優サリー・フィールド。コメディーもシリアスもこなす彼女の持ち味が存分に発揮され、親子ほども年の離れた男性にゾッコンとなるドリスをキュートに演じる。ジョン役のマックス・グリーンフィールドとの相性も抜群で、究極のクーガーながら、嫌味なところが一つもなく、中学生のピュアな恋愛を観ている錯覚に陥る。

 本作の魅力の一つが、ドリスのヘアスタイルとファッション。「髪型は60年代のブリジット・バルドーのようにしようって思ったの。大きなスカーフをつけ、前髪は、ブリジットよりダサ目にカットした感じってね」とフィールド。しかし、衣装には苦労したようで、「衣装担当と倉庫に日参して、あれこれとトライしたわ」と教えてくれた。大女優でも古着をまとうのに抵抗はないようだが、1着だけかなり後ろ向きな衣装があったと打ち明けていた。「黄色のセーターは、着る度に『この匂いは私のものじゃないのよ』ってみんなに謝っていたの」。スクリーンから匂いが伝わってこなくてラッキー?(3月11日から劇場公開)

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

はせがわいずみ (Izumi Hasegawa)

はせがわいずみ (Izumi Hasegawa)

ライタープロフィール

島根県松江市出身。映画ジャーナリスト・神主。NHKなどのアナウンサーを経て、映画・TV記者に。取材したセレブはのべ5000人以上。スターのインタビューや写真を全世界の媒体に配信する通信社Hollywood News Wire Inc. を経営 (一部をWhatsUpHollywood.comに掲載。動画インタビューはUTBでも放送中!!)。ハリウッドと日本の架け橋としてHollywood-PRを立ち上げ、PR・マーケティング、コンサルタントとしても活動中。
実家が神社(出世稲荷神社)なので神主の資格を持つ。島根県ふるさと親善大使「遣島使」。著書:TV『24』公式解説本『メイキング・オブ 24-TWENTY FOUR-』(竹書房)

この著者への感想・コメントはこちらから

Name / お名前*

Email*

Comment / 本文

この著者の最新の記事

関連記事

注目の記事

  1.  アメリカのトップ1%(実質的には0.1%)による富の支配が騒がれるようになってから、随分経...
  2. まずはミズーリ州最高峰を制覇 広いアメリカ、旅先にはことかかないようで、意外と他州に目が向かな...
  3.  取り立てて大きな事件もなく普通の人々の生活を描く映画は退屈に感じてしまう筆者だが、本作は最...
  4.  普段から首の痛みが酷い。毎日、パソコンに向かってタイプし続けているせいだと思うが、そのうち...
  5.  8月22日、ニナが秋から通うハイスクールのレジストレーションが終了した。レジストレーション...

デジタル版を読む

フロントライン最新号
ページ上部へ戻る