笑いとホロリのほど良い インディー映画
(8月26日公開)

文/はせがわいずみ(Text by Izumi Hasegawa)

© Sony Pictures Classics

© Sony Pictures Classics

コメディー・シリーズ「The Office」で頭角を現し、ジョージ・クルーニーが監督した映画「Leatherheads」の主役に抜擢され、ハリウッドでも注目の若手俳優となったジョン・クラシンスキー。そんな彼が、2本目の映画監督作品に選んだのは、手頃なサイズで、ほどよい笑いと感動を散りばめた低予算映画の本作「The Hollars」だ。

母親の病気により急遽帰省することになったジョンは、会社経営が傾いていることを隠していた父親と、出戻り実家暮らしの兄と再会しただけでなく、高校時代の恋人とも久しぶりに会う。兄の相変わらずのルーザーぶりに呆れつつも、何かと世話をするジョン。そんな折、都会に残してきた妊娠中の恋人が突然やって来る。

ストーリーはハラーズ家の話だが、映画を観ていると「あるある」とスクリーンに思わず言ってしまいそうな家族ネタが出てくる。エンターテインメントにするための「作り」があるものの、「あるある」と思わせるのは、力まない演出と演じる俳優が持つパーソナリティーが滲み出ているからかもしれない。「監督の仕事の80%はキャスティング」と言われるが、クラシンスキーの2回目の映画監督の仕事は、作品選びも出演者選びも「とても良く出来ました」の花まるを贈りたい。

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

はせがわいずみ (Izumi Hasegawa)

はせがわいずみ (Izumi Hasegawa)

ライタープロフィール

島根県松江市出身。映画ジャーナリスト・神主。NHKなどのアナウンサーを経て、映画・TV記者に。取材したセレブはのべ5000人以上。スターのインタビューや写真を全世界の媒体に配信する通信社Hollywood News Wire Inc. を経営 (一部をWhatsUpHollywood.comに掲載。動画インタビューはUTBでも放送中!!)。ハリウッドと日本の架け橋としてHollywood-PRを立ち上げ、PR・マーケティング、コンサルタントとしても活動中。
実家が神社(出世稲荷神社)なので神主の資格を持つ。島根県ふるさと親善大使「遣島使」。著書:TV『24』公式解説本『メイキング・オブ 24-TWENTY FOUR-』(竹書房)

この著者への感想・コメントはこちらから

Name / お名前*

Email*

Comment / 本文

この著者の最新の記事

関連記事

注目の記事

  1. 2016年9月4日

    第40回 ロールモデル
    8年前の11月4日、珍しい雨の朝、私は近所の家の車庫に設置された投票所に行った。初めて手にした選挙権...
  2. 食物は加工せず 添加物もなし  ここ数年、「新しくて古いダイエット法」と呼ばれ、注...
  3.  プロレスラーから俳優に転身したデイヴ・バウティスタ。ザ・ロックことドウェイン・ジョ...
  4.  11月末、ハリウッド恒例のクリスマスパレードが行われた日、中心地にあるチャイニーズシアター...
  5. 1日目 キト ↓ バルトラ島 ↓ サンタクルス島  飛行機がバルトラ空...

デジタル版を読む

フロントライン最新号
ページ上部へ戻る