韓国映画なのに日本語セリフ?
「The Handmaiden」(10月21日公開)

文/はせがわいずみ(Text by Izumi Hasegawa)

© Amazon Studios / Magnolia Pictures

© Amazon Studios / Magnolia Pictures

韓国の巨匠監督パク・チャヌクの新作は「映画の大半が日本語のセリフだよ」と韓国人の記者仲間から知らされ、興味を引かれた。

舞台は、日本統治時代の朝鮮。華族の娘、ひでこは亡き母親の姉(または妹)の夫が仕切る屋敷に軟禁状態で暮らしていた。そんなひでこの財産を狙って、韓国人の詐欺師が藤原伯爵と偽って屋敷に出入りするようになる。その詐欺師の差し金で、韓国人のスッキがひでこの侍女になり、3人はそれぞれの思惑を秘めて行動を起こす。しかし、ひでことスッキの間に深い絆が芽生えるとは誰も想像していなかった。

原作は、イギリスの小説「Fingersmith」で、本国でTVドラマ化され、日本でも「荊の城」というタイトルで放送された。監督いわく、「当初は原作に忠実にヴィクトリア朝のロンドンを舞台に英語の作品を予定していたが、プロデューサーの提案を受け入れて韓国を舞台にすることにした。そうすることで、ヒロイン2人の階級の違いだけでなく、出身国の違い、そして、あの時代のお互いの国に対する敵対意識も交えて、物語に深みを与えることができた。占領する側と占領される側の間に芽生えた愛が違いや困難を乗り越えていく様が、観客にさらなる感動を与えるのを可能にするからね」と話す。さすが、カンヌをはじめ各映画祭で賞を贈られた監督だ。インタビューでもそこかしこにシャープな頭脳の持ち主というのが滲み出ていた。ただ、各国でR18指定を受けるほどHシーンをどぎつく、しつこく描写する意図を筆者はくみ取れなかった。

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

はせがわいずみ (Izumi Hasegawa)

はせがわいずみ (Izumi Hasegawa)

ライタープロフィール

島根県松江市出身。映画ジャーナリスト・神主。NHKなどのアナウンサーを経て、映画・TV記者に。取材したセレブはのべ5000人以上。スターのインタビューや写真を全世界の媒体に配信する通信社Hollywood News Wire Inc. を経営 (一部をWhatsUpHollywood.comに掲載。動画インタビューはUTBでも放送中!!)。ハリウッドと日本の架け橋としてHollywood-PRを立ち上げ、PR・マーケティング、コンサルタントとしても活動中。
実家が神社(出世稲荷神社)なので神主の資格を持つ。島根県ふるさと親善大使「遣島使」。著書:TV『24』公式解説本『メイキング・オブ 24-TWENTY FOUR-』(竹書房)

この著者への感想・コメントはこちらから

Name / お名前*

Email*

Comment / 本文

この著者の最新の記事

関連記事

注目の記事

  1. 前倒しで米国進出した経緯は? 日本にて一番のホテルチェーンに認識されるまでになったら、いずれ海...
  2. 2017年8月2日

    第51回 茶色の丘
     若さはいい。恐れを知らない。少々のことは乗り切れることを無意識の内に知っている。無意識の反...
  3. 注:本稿は、特に日系企業の駐在員の方々が連邦税務申告書を自分で作成できるようにステップを示し、並行し...
  4. テマケリア。一度聞いたら忘れられない、コケティッシュなネーミング。ブラジル生まれの「手巻き寿司ファストフードの店」のことをさす。
  5. To Gettysburgゲティスバーグへ  ペンシルベニアの東南端から、メリー...

デジタル版を読む

フロントライン最新号
ページ上部へ戻る