永瀬正敏が重要な役で登場! 「Paterson」(12月28日公開)

文/はせがわいずみ(Text by Izumi Hasegawa)

© Amazon Studios & Bleecker Stree

© Amazon Studios & Bleecker Stree

 独特のセンスで映画ファンを魅了してきたジム・ジャームッシュ監督の新作「Paterson」は、主役に「Star Wars: The Force Awakens」の悪役カイロ・レンに扮したアダム・ドライバーを据えたインディー映画の王堂を行くドラマ作品。

 ニュージャージーのパターソン市のバスの運転手パターソンの趣味は詩を書くこと。しかし、ある日、詩を書きためていたノートに災難が降りかかる……。

 単調な展開のようで、観客をぐいぐい引き込む才能はジャームッシュならでは。また、カメラが映し出すパターソンの美しい自然にも魅了される。 

 日本人として嬉しいのが、傷心のパターソンが詩作への情熱の火を再び灯すきっかけを作る救世主のようなキャラとして日本の詩人が登場すること。演じるのは永瀬正敏だ。日本人らしい英語と動作に同郷の者として苦笑してしまうが、ジャームッシュ監督の日本へのリスペクトを感じられて嬉しい。ちなみにドライバーは、マーティン・スコセッシ監督の渾身の一作「Silence」(遠藤周作の「沈黙」の映画化)で、長崎に赴く宣教師役に扮しており、日本づいている。

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

はせがわいずみ (Izumi Hasegawa)

はせがわいずみ (Izumi Hasegawa)

ライタープロフィール

島根県松江市出身。映画ジャーナリスト・神主。NHKなどのアナウンサーを経て、映画・TV記者に。取材したセレブはのべ5000人以上。スターのインタビューや写真を全世界の媒体に配信する通信社Hollywood News Wire Inc. を経営 (一部をWhatsUpHollywood.comに掲載。動画インタビューはUTBでも放送中!!)。ハリウッドと日本の架け橋としてHollywood-PRを立ち上げ、PR・マーケティング、コンサルタントとしても活動中。
実家が神社(出世稲荷神社)なので神主の資格を持つ。島根県ふるさと親善大使「遣島使」。著書:TV『24』公式解説本『メイキング・オブ 24-TWENTY FOUR-』(竹書房)

この著者への感想・コメントはこちらから

Name / お名前*

Email*

Comment / 本文

この著者の最新の記事

関連記事

注目の記事

  1. Photo @ Mirei Sato
     ホテルから迎えのバンに乗り込んだのは、午前1時半過ぎ。暗闇の中、バンは出発した。向かう先は...
  2. Photo © Nobutoshi Mizushima
    ミッドランドへ    旅の出発地、テキサス州ミッドランドへ向かう。アメリカでは19...
  3. cover1
    万が一に備え十分な補償額を 自動車保険  公共交通機関が整備されていない地域もあるア...
  4. nassau-ship-2-280x210
    クルーズの季節がやってきた! エンターテインメントやサービスの質の高さに定評がある、ディズニー・クルーズライン。巨大客船「ディズニー・ドリーム号」でゆく、「4泊5日・バハマの旅」を紹介する。
  5. 「テマキラ」のボリュームたっぷりの手巻きとアイスグリーンティー
Photo © Mirei Sato
    テマケリア。一度聞いたら忘れられない、コケティッシュなネーミング。ブラジル生まれの「手巻き寿司ファストフードの店」のことをさす。

デジタル版を読む

610cover フロントライン最新号
ページ上部へ戻る