オタクは英語で「Geek」?「Nerd」?

日本語の「オタク」は英語で「Geek」もしくは「Nerd」と言うことはご存知の方も多いかと思いますが、両者にはニュアンスの違いがあり、それをきちんと理解したうえで使いこなせていますか?そのニュアンスの違いを知らないまま適当に使っていると、気づかないうちに誰かを傷つけてしまったり怒らせてしまったりしかねないので適切に使い分けできるようにしておきましょう!


1) Geek
→「(社交的な)マニア・オタク」

“Geek”は特定の分野に限っては異常なほど詳しいマニアックな人を指します。元々はプログラマーなどのパソコンオタクを表す表現でしたが、今ではパソコンに限らず映画やアニメ、スポーツなど基本的にどんな分野においても使われています。一般的に社交的な人が多いため、Geekであるかどうかを外見で判断するのは難しいのですが、一度Geekのパッションに触れたら、その話題について一方的に喋りまくる人が大概なので、そこから判断できるでしょう。(笑)

✔︎基本的にポジティブな意味合いとして使われる。

・Oh my gosh! How do you know so much about the supermoon? You’re such a geek! (え!なんでスーパームーンにそんなに詳しいの?マニアじゃん!)
・Don’t get me started on Star Wars. I’m such a geek when it comes to that.(スター・ウォーズの話をすると止まらなくなるんだよね。本当にスター・ウォーズのマニアなもんで。)
・George is a little geeky but he’s a fun guy to be around.(ジョージはちょっとマニアックな人だけど、一緒にいて楽しいです。)

2) Nerd
→「(内向的な)オタク」

“Neard”も特定の分野が極端に詳しいことはGeekと同じなのですが、Geekよりも利口な印象がある一方で、会話の中であえて難しい専門用語を用いたりするなど、人付き合いが下手な人を表します。また、Nerdの専門分野に触れても、それについてあまり熱弁しないのがGeekとの違いでしょう。基本的に社交場にいくことは極力避け、熱中している物事に一人で没頭することを好み、外見もオタクっぽい人がほとんどです。

✔︎基本的にポジティブな意味合いとして使われる。

・My brother is a nerd. He spends most of his time at home in front of the computer.(私の弟はオタクだね。ほぼ毎日、家にこもってパソコンをいじっているよ。)
・I guess she’s a little nerdy. She wears glasses and is a bit socially awkward.(彼女は軽いオタクかも。メガネをしていて、人付き合いがちょっと下手なんだよね。)
・You better not make fun of nerds at school. They’re the ones that’ll eventually become your boss.(学校でオタクを馬鹿にしないほうがいいよ。将来あなたの上司になる人たちだからね。)

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

Jun Senesac

Jun Senesac

ライタープロフィール

ロサンゼルス出身の日米ハーフ。両親が運営するL.A.の英会話学校「BYB English Center」にて、高校生の頃から英語講師としてのキャリアをスタート。カリフォルニア州にあるUC Santa Barbara大学へ入学し、1年間一橋大学へ交換留学。卒業後、国際交流員として石川県内灘町役場で2年間の勤務を経て、2011年にアメリカへ帰国しBYB姉妹校をアーバインに開校。
2013年に英語学習サイト「Hapa英会話」を設立。2014年の2月よりHapa英会話のPodcastをスタートし、月間およそ40万ダウンロードされるまで成長。iTunes Japanが発表した『Best of 2014/2015』に2年連続選出。YouTubeにて登録者5万人を超える英会話チャンネル「Hapa英会話」を配信。
YouTubeやPodcast、ブログやメルマガなど様々な媒体を通じて、日米文化を取り入れた英語の学習環境を提供。
YouTube: https://www.youtube.com/hapaeikaiwa

この著者への感想・コメントはこちらから

Name / お名前*

Email*

Comment / 本文

この著者の最新の記事

関連記事

デジタル版を読む

フロントライン最新号
ページ上部へ戻る