文化の違い?英語で「くつろいで下さい」の誤解

アメリカ人の家に招待されたことがある人だったら聞いたことがある表現「Make yourself at home(くつろいで下さい)」。これは「自分に家にいるようにくつろいでください」という意味で使われ、アメリカ人の家に招かれるとよく耳にするフレーズですが、実はこれにはちょっとした文化の違いがあるんです。


Make yourself at home
→「くつろぐ、楽にする」

「自分の家にいるようにくつろぐ」とは一体どういうことなのか?日本の場合、家主がお客様に飲み物や軽食をだしたりするのが一般的ですよね?お客様のために色々と気を使ってあげて、お客様を“おもてなし”するのがJapanese styleだと思います。しかしアメリカの場合、お客様に対する待遇がちょっと違うんです。「Make yourself at home(自分の家にいるようにくつろいでください」はまさにそのままの意味を持つんです。例えば、

●冷蔵庫やクーラーボックスを開けて飲み物を飲む
●トイレを使う
●テーブルにある軽食を食べる

などは許可を得ずに勝手に行っても問題ありません。家主から「どうぞ」という一言を待っていたら食べ物・飲み物が全部なくなってしまいます(笑)。また、いちいち「食べてもいいですか?」「ドリンク飲んでいいですか?」と聞いていたら逆にイライラさせてしまうかもしれないので気をつけましょう!日本人にとっては、なかなか慣れない感覚かと思いますが、今後アメリカ人の家に招かれ「Make yourself at home!」と言われたら、我が家にいるようくつろいでみてください!That’s American style!

A: Hey thanks for the invite. It’s a wonderful house!(呼んでくれてありがとう。素晴らしい家だね。)
B: Please, make yourself at home!(どうぞ、自分の家にいるようにくつろいでください。)

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

Jun Senesac

Jun Senesac

ライタープロフィール

ロサンゼルス出身の日米ハーフ。両親が運営するL.A.の英会話学校「BYB English Center」にて、高校生の頃から英語講師としてのキャリアをスタート。カリフォルニア州にあるUC Santa Barbara大学へ入学し、1年間一橋大学へ交換留学。卒業後、国際交流員として石川県内灘町役場で2年間の勤務を経て、2011年にアメリカへ帰国しBYB姉妹校をアーバインに開校。
2013年に英語学習サイト「Hapa英会話」を設立。2014年の2月よりHapa英会話のPodcastをスタートし、月間およそ40万ダウンロードされるまで成長。iTunes Japanが発表した『Best of 2014/2015』に2年連続選出。YouTubeにて登録者5万人を超える英会話チャンネル「Hapa英会話」を配信。
YouTubeやPodcast、ブログやメルマガなど様々な媒体を通じて、日米文化を取り入れた英語の学習環境を提供。
YouTube: https://www.youtube.com/hapaeikaiwa

この著者への感想・コメントはこちらから

Name / お名前*

Email*

Comment / 本文

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る