状況毎に変化する「微妙」を表す英語

あまり美味しくなかったレストランに行った時の「ここ微妙だね」、誘いごとに参加できるかが怪しい時の「ちょっと微妙ですね」、多少違いがあること示す時の「微妙に違う」など、日本語の「微妙」という表現は色々な意味で使われていますが、英語ではそれらの「微妙」を一言で表現できないので、状況に応じた適切な英語の表現をご紹介します。


1) I don’t know about _____.
→「微妙 / イマイチ」

直訳すると「〜について分からない」となり、良し悪しをはっきり言わないで多少ごまかした言い方になりますが、レストランの食事があまり美味しくなかったり、お店やホテルの雰囲気またはサービスがイマイチなことを表すなど、どちらかというとネガティブな意味合いが込められた表現になります。

✔︎「I don’t know about」+「That/This」+「微妙に思う事」のパターンで良く使われる。
✔︎「I’m not sure about _____」も全く同じ意味として使われる表現。

・I don’t know about this restaurant.(このレストラン微妙だね。)
・I don’t know about that.(それちょっと微妙だね。)
・I’m not sure about this hotel.(このホテル、イマイチやな。)

2) I have mixed feelings about _____.
→「微妙 / なんとも言えない / 甲乙つけがたい」

この表現は「複雑な心境・気持ち」を意味し、使われる状況は上記1)とほぼ同じですが、「何とも言えない」や「甲乙つけがたい」のように良し悪しの判断がしにくいニュアンスになります。なので、一般的にこのフレーズに続けて理由をはっきり伝えるのが自然な流れになります。

・I have mixed feelings about this restaurant. The food is great but the service is terrible.(このレストラン微妙かな。美味しいんだけどサービスが酷いね。)
・I have mixed feelings about that.(それはちょっと微妙だね。)
・I have mixed feelings about Tokyo. It’s very convenient but it’s too crowded. (東京は何とも言われへんところやな。便利やけどゴチャゴチャし過ぎや。)

3) Iffy
→「微妙 / 雲行きが怪しい」

この表現は「未定」「疑わしい」「怪しい」などの意味として、会話で使われる(口語的な)砕けた言い方になります。何かに誘われたが自分の予定がまだ未定であったり、何かしらの問題の状況の行方が怪しいことを示す際に用いられます。

・I’m a little iffy next weekend.(来週末はちょっと微妙なところだなー。)
・That sounds iffy.(それはちょっと怪しんちゃう。)
・The weather is iffy today.(今日は雲行きが怪しいね。)

4) Subtle
→「微妙な / わずかな」

Subtleは「微妙な」「わずかな」「かすかな」などを意味する形容詞です。わずかな変化や違いがあるものの、その相違点が非常に些細なことを示す場合によく使われる表現です。

・There’s a subtle difference.(微妙に違います。)
・I noticed a subtle change.(微妙な変化に気づきました。)
・There’s a subtle difference in nuance.(微妙なニュアンスの違いあります。)

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

Jun Senesac

Jun Senesac

ライタープロフィール

ロサンゼルス出身の日米ハーフ。両親が運営するL.A.の英会話学校「BYB English Center」にて、高校生の頃から英語講師としてのキャリアをスタート。カリフォルニア州にあるUC Santa Barbara大学へ入学し、1年間一橋大学へ交換留学。卒業後、国際交流員として石川県内灘町役場で2年間の勤務を経て、2011年にアメリカへ帰国しBYB姉妹校をアーバインに開校。
2013年に英語学習サイト「Hapa英会話」を設立。2014年の2月よりHapa英会話のPodcastをスタートし、月間およそ40万ダウンロードされるまで成長。iTunes Japanが発表した『Best of 2014/2015』に2年連続選出。YouTubeにて登録者5万人を超える英会話チャンネル「Hapa英会話」を配信。
YouTubeやPodcast、ブログやメルマガなど様々な媒体を通じて、日米文化を取り入れた英語の学習環境を提供。
YouTube: https://www.youtube.com/hapaeikaiwa

この著者への感想・コメントはこちらから

Name / お名前*

Email*

Comment / 本文

この著者の最新の記事

関連記事

デジタル版を読む

フロントライン最新号
ページ上部へ戻る