シリーズアメリカ再発見⑫ 南北戦争150周年
ゲティスバーグ~モンティチェロ 霊場街道をゆく

文&写真/佐藤美玲(Text and photos by Mirei Sato)

 

戦場まで行進 Photo © Mirei Sato

戦場まで行進
Photo © Mirei Sato

To Chancellorsville
チャンセラーズビルへ

 カルペッパーの東にあるチャンセラーズビルへ向かった。1863年5月1日から4日間にわたって激戦が繰り広げられた古戦場がある。ちょうど私が訪れた日がその150周年にあたり、「Battlefield Re-enactment」(戦闘を再現するイベント)が行われていた。

 現地に近づくと渋滞で、駐車場もほぼ満杯。大人も子供も馬までも、19世紀の服装でキメている。プロが披露するショーではない。市民参加の真剣行事だ。「re-enactor」と呼ばれるグループが全米各地にあって、日頃から「訓練」を積んでいるそうだ。

 参加人数でいえば毎年7月のゲティスバーグの再現イベントが最大だが、南軍側ならあまり楽しめない。チャンセラーズビルの戦いは、南軍の勝利だった。軍服の色がネイビーなら北軍、グレーなら南軍だ。見回すと、圧倒的にグレーが多い。

 戦闘が始まるのは午後遅くだけれど、準備は朝から始まっている。銃を構えて行進の訓練、大砲のチェック、草むらに這いつくばって匍匐前進…。上官の怒鳴り声が響く。将軍役なら護衛もついてテントでゆったりできる。とはいえ希望すれば誰でも演れるわけではなさそうだから、団体内部でランクやルールがあるのに違いない。

 戦場のすぐ外には何百というテントがあって、女性たちが鉄鍋で炊き出しをしている。南北戦争には、男性を装って入隊した女性も結構いた。兵士役の女性の姿もちらほら見えた。

 戦闘シーンの再現は、生半可ではない。火花が炸裂し、大砲の煙で空が灰色になった。騎馬隊と歩兵隊、大砲部隊が連携して北軍を追いつめる。けが人も出た。戦闘が終われば解散、と思ったら大間違いだ。「やったぞ、ノースカロライナ隊!」。そんな観客の声援と妻子の拍手を受けながら、連隊ごとにテントへ。戦場で寝泊まりして、4日間しっかり戦うのである。


 

1 2 3 4

5

6 7
Universal Mobile

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

関連記事

資格の学校TAC
アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用

注目の記事

  1. 2020年9月末、ニナは大学に入学する。彼女が進学先として選んだのはカリフォルニア大学(UC...
  2. 2020年10月2日

    豊かな日々を生きる
    「Live rich life」。ピート・ハミルの言葉である。2020年8月5日、彼は85歳...
  3. ケンタッキー州の西部に位置するマンモス・ケーブ国立公園は、複雑に絡み合った小道と大小さまざま...
  4. あなたの食生活は大丈夫? 「体が資本」という言葉がある通り、日々の食事は体の土台を作るための大...
  5. ステンレス製のお皿にライスが隠れるようにルーを全体にかけ、その上にトンカツ、そして付け合わせにはキャ...
  6. この原稿を書いているのは2020年6月12日。昨日、ニナの義務教育が終了した。オンラインでの...
  7. アラスカ州とカナダの国境地帯に広がるのは、世界最大規模の自然保護区。北米大陸最高峰の山々に世...
  8. コロナ禍の3カ月の自粛生活は、私たちそれぞれに、自分の忙しい生活を今一度振り返る良い機会とな...
ページ上部へ戻る