2015年の締めくくりは本作で?!

文/はせがわいずみ(Text by Izumi Hasegawa)

© 2015 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.

© 2015 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.

 キアヌ・リーブス主演の1991年の同名映画のリメイク「Point Break」は、CGを使ったアクションに食傷気味の人にピッタリの作品。「Star Wars: Episode VII – The Force Awakens」の封切り1週間後の公開という強気も納得で、同じアクションでも本作はCGを使わず、実際にその分野で活躍するアスリートをスタントマンに起用して撮影し、まるでドキュメンタリー映画を観ているかのような錯覚に陥るほど。特に大波サーフィンとスイスの山間をウィングスーツで滑空するシーンには度肝を抜かれる。
 
 ウィングスーツの滑空は風の抵抗を利用するだけにジャンパーそれぞれが接近して飛ぶのはかなりの危険を伴うが、本作ではアドレナリン中毒な登場人物4人が一気に滑空するという設定。キャストのスタントを務めたジャンパーに加え、カメラをつけたジャンパーも用意して撮影したシーンには息をのむ。一歩間違えれば仲間に激突して墜落してしまう危険を冒しての撮影だけに、その緊張感がスクリーンから伝わってくる。観客もアドレナリンを感じる瞬間だ。
 
 大波サーフィンのシーンは、スタントを担当したプロのサーファーでさえケガを負ってしまうほど強力な波を使って撮影。その甲斐(?)あって、超大型のパイプラインをくぐり抜けるショットに興奮する。
 
 犯罪集団のボスと潜入捜査官の主人公との親交を描く筋と世界を股に掛けた危険なスポーツの数々はオリジナルと変わらないが、本作では犯罪集団が日本人冒険家へのオマージュを捧げている点が加えられている。

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

はせがわいずみ (Izumi Hasegawa)

はせがわいずみ (Izumi Hasegawa)

ライタープロフィール

島根県松江市出身。映画ジャーナリスト・神主。NHKなどのアナウンサーを経て、映画・TV記者に。取材したセレブはのべ5000人以上。スターのインタビューや写真を全世界の媒体に配信する通信社Hollywood News Wire Inc. を経営 (一部をWhatsUpHollywood.comに掲載。動画インタビューはUTBでも放送中!!)。ハリウッドと日本の架け橋としてHollywood-PRを立ち上げ、PR・マーケティング、コンサルタントとしても活動中。
実家が神社(出世稲荷神社)なので神主の資格を持つ。島根県ふるさと親善大使「遣島使」。著書:TV『24』公式解説本『メイキング・オブ 24-TWENTY FOUR-』(竹書房)

この著者への感想・コメントはこちらから

Name / お名前*

Email*

Comment / 本文

この著者の最新の記事

関連記事

注目の記事

  1. 加熱処理しない 酵母や酵素が生きている味噌 Miso  以前はSoybean pa...
  2.  アメリカ国外に居住することを選択した永住権(グリーンカード)保持者が、外国に住みながらグリ...
  3. なぜ、ニューヨークに1号店?  日本は寝具に関しては布団とベッドと両方がありますが、...
  4. Part1 北米・ヨーロッパの名産を日本へ Nishimoto World Gift 詳細...
  5. 明けましておめでとうございます。昨年は、「フェイクニュース」という言葉をよく耳にされた方も多...

デジタル版を読む

フロントライン最新号
ページ上部へ戻る