ガールズ・パワーのスカッと下克上 「Joy」(12月25日公開)

文/はせがわいずみ(Text by Izumi Hasegawa)

 

© 2015 Twentieth Century Fox Film Corporation.

© 2015 Twentieth Century Fox Film Corporation.

 「Silver Linings Playbook」「American Hustle」に続き、デヴィッド・O・ラッセル監督とジェニファー・ローレンス、ロバート・デ・ニーロ、ブラッドリー・クーパーが三度目のタッグを組んだのが本作。筆者は彼らのタッグ作品に三部作という印象を受ける。男子リード映画の「Silver Linings Playbook」、男女パワー均等映画の「American Hustle」、そして本作は昨今の流行に乗ったガールズ・パワー映画。

 アイデア商品のTVショッピングで巨万の富を築いた実在の女性実業家ジョイ・マンガーノの半生を描いたコメディー・ドラマの本作は、アメリカ人の好きな「負け組」の下克上が展開し、スカッとする。女性軽視に反旗を翻すのだが、ラッセルらしいユーモアとドラマ演出で、フェミニスト映画にしていないところも魅力だ。ただ、やや強引な流れや冗長な場面があるのも否めない。

© 2015 Twentieth Century Fox Film Corporation.

© 2015 Twentieth Century Fox Film Corporation.

 ヒロインには、ラッセルのミューズと化したローレンス。監督の惚れ込みぶりが分かるローレンス賛歌なシーンも堂々とこなし、25歳ながらシングルマザーをリアルに表現するだけでなく、重鎮デ・ニーロと互角に渡り合う肝っ玉の据わった演技をやってのけた。

 本作でクーパーは、ジョイの人生を変える重要な人物に扮するが、登場シーンは少ない。前2作とのデジャヴ感を避けた配役と言えよう。

 筆者が注目したいのは、「Point Break」で主役の1人ボディを演じたエドガー・ラミレスが、本作でジョイの別れた夫トニー役で出演し、小気味よい存在感を示しているところ。近年、メキメキと頭角を現している彼は、作品ごとに全く違った印象を放ち、役になりきる。本作でも売れないシンガーのダメ夫を柔和に演じてみせた。カメレオン俳優として、今後の活躍が楽しみだ。

© 2015 Twentieth Century Fox Film Corporation.

© 2015 Twentieth Century Fox Film Corporation.

© 2015 Twentieth Century Fox Film Corporation.

© 2015 Twentieth Century Fox Film Corporation.

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

はせがわいずみ (Izumi Hasegawa)

はせがわいずみ (Izumi Hasegawa)

ライタープロフィール

島根県松江市出身。映画ジャーナリスト・神主。NHKなどのアナウンサーを経て、映画・TV記者に。取材したセレブはのべ5000人以上。スターのインタビューや写真を全世界の媒体に配信する通信社Hollywood News Wire Inc. を経営 (一部をWhatsUpHollywood.comに掲載。動画インタビューはUTBでも放送中!!)。ハリウッドと日本の架け橋としてHollywood-PRを立ち上げ、PR・マーケティング、コンサルタントとしても活動中。
実家が神社(出世稲荷神社)なので神主の資格を持つ。島根県ふるさと親善大使「遣島使」。著書:TV『24』公式解説本『メイキング・オブ 24-TWENTY FOUR-』(竹書房)

この著者への感想・コメントはこちらから

Name / お名前*

Email*

Comment / 本文

この著者の最新の記事

関連記事

注目の記事

  1. FL:今、日本でどんな活動を行っているのでしょう? 料理はそのうちどれくらいの割合ですか? ...
  2. カリフォルニア州の中ほどに位置するヨセミテ国立公園は、年間約400万人も訪れる人気の観光地。...
  3. 多頭式刺繍機の総合メーカーTajima America Corporationのプレジデント富永稔さ...
  4. 今回は日本企業の人事にまとわる無駄について考えてみた。 その昔(もう40年前の話)、あ...
  5. あれもこれも楽しめる 進化し続ける都市・デンバー ロッキー山脈は、北米大陸を約300...

デジタル版を読む

フロントライン最新号
ページ上部へ戻る