道案内に使える英語表現集

ここ数年、日本を訪れる外国人観光客が急増しており、街中で外国人を見かける機会も増えてきました。また、2020年に開催される東京オリンピックでは政府が訪日外国人観光客数の目標を4千万人台に掲げていることもあり、今後はさらに海外からの来日者が増えることが予想されています。そこで今回は、いざと言う時に役立つ「道案内」の英語表現をいくつかご紹介したいと思います。


パターン1:(この通りを)まっすぐ進む

Go down
→「まっすぐ進む」

道案内をするときに「この通りをまっすぐ進んでください」と伝えたい時は「Go down this street」と言いましょう。「まっすぐ=Straight」なので「Go straight」と言いたくなりますが、道案内をする場合は「Go down」を使うのがナチュラルです。上り坂の場合は「Go up」と表現することもできますが、基本的には上り坂、下り坂関係なく「Go down」を使うのが日常的な言い方です。

✔︎「~通りをまっすぐ進みます」→「Go down ____ street」
✔︎「~までまっすぐ進みます」→「Go down until ____」

〜会話例1〜
A: Excuse me, is there a 7-11 around here?
(すみません、この辺にセブンイレブンはありますか?)
B: Go down this street and it’ll be on your right.
(この道をまっすぐ進んだら右側にあります、)

〜会話例2〜
A: Excuse me, where is the closest ATM?
(すみません、一番近いATMはどこですか?)
B: Go down 3rd street until you see McDonalds. There’s one right there.
(マクドナルドがある所まで3番通りをまっすぐ進んだらありますよ。)

パターン2:(あの角を)右/左に曲がる

Make a right/left
→「右折/左折する」

右に曲がる、左に曲がるを「Turn right/left」で覚えている人も多いと思いますが、日常会話では「Make」を使った表現が頻繁に使われています。もちろん「Turn right/left」でも問題ありませんが「Make a right」「Make a left」のほうがネイティブっぽい言い方になります。right/leftの前に「a」を加える必要があるので忘れないように。

✔︎「~通りを右/左に曲がる」→「Make a right/left on ____.」
✔︎スラングっぽく言いたいのであれば「Hang a right/left」

〜会話例1〜
A: Excuse me, how do I get to Shinjuku station?
(すみません、新宿駅までの行き方を教えてくれますか?)
B: Go down this street and make a left at the first light.
(この通りをまっすぐ進んで、最初の信号を右に曲がります。)

〜会話例2〜
A: Excuse me, is there a convenience store around here?
(すみません、この辺にコンビニはありますか?)
B: Yeah, go up this hill and hang a left on Beach Street.
(この坂を上ってビーチ通りを左に曲がるとありますよ。)

パターン3:(〜を)通り過ぎる

Go past
→「~を通り過ぎる」

「~を通り過ぎる」と表現したい場合は「Go past ____」を使いましょう。「Go past」の他にも、「Drive past」や「Walk past」のような組み合わせもでき、Pastを副詞や前置詞として使うのが一般的です。その他、「(目的地は)〜を過ぎたところにありますよ」と言いたいのであれば、「It’s past ____」、「通り過ぎましたよ」は「You passed it」のように表現します。

✔︎「Past」と「Passed」の発音は全く同じです。

〜会話例1〜
A: Excuse me, where is the bus station?
(すみません、バス停はどこですか?)
B: Go past this light and it’ll be on your left.
(あの信号を過ぎたら左側にあります。)

〜会話例2〜
A: Excuse me, can you tell me where the ABC hotel is?
(すみません、ABCホテルはどこにあるか教えてくれますか?)
B: You passed it. You have to go back that way.
(通り過ぎましたよ。この通りを戻ってください。)

パターン4:(〜通りに)あります

It’s on ____
→「~通りにある」

目的地が「~通りにあります」と言いたい場合は「It’s on ____」と表現しましょう。その他にも、以下のようなバリエーションがあります。

✔︎「~の隣にあります」→「It’s next to ____」
✔︎「~の向かいです」→「It’s across from _____」
✔︎「~の前/後ろです」→「It’s in front/behind of _____」
✔︎「AとBが交わる角です」→「It’s on the corner of A & B」
✔︎「AとBの間にあります」→「It’s between A & B」

〜会話例1〜
A: Excuse me, is there a coffee shop around here?
(すみません、この辺にカフェはありますか?)
B: Yes, there’s a Starbucks down the street. It’s next to McDonalds.
(はい、この通りにスターバックスがあります。マクドナルドの隣です。)

〜会話例2〜
A: Excuse me, can you tell me where ABC restaurant is?
(すみません、ABCレストランはどこですか?)
B: Make a right here and it’s across from Mister Donuts.
(ここを右に曲がったら、ミスタードーナッツの向かいにありますよ。)

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

Jun Senesac

Jun Senesac

ライタープロフィール

ロサンゼルス出身の日米ハーフ。両親が運営するL.A.の英会話学校「BYB English Center」にて、高校生の頃から英語講師としてのキャリアをスタート。カリフォルニア州にあるUC Santa Barbara大学へ入学し、1年間一橋大学へ交換留学。卒業後、国際交流員として石川県内灘町役場で2年間の勤務を経て、2011年にアメリカへ帰国しBYB姉妹校をアーバインに開校。
2013年に英語学習サイト「Hapa英会話」を設立。2014年の2月よりHapa英会話のPodcastをスタートし、月間およそ40万ダウンロードされるまで成長。iTunes Japanが発表した『Best of 2014/2015』に2年連続選出。YouTubeにて登録者5万人を超える英会話チャンネル「Hapa英会話」を配信。
YouTubeやPodcast、ブログやメルマガなど様々な媒体を通じて、日米文化を取り入れた英語の学習環境を提供。
YouTube: https://www.youtube.com/hapaeikaiwa

この著者への感想・コメントはこちらから

Name / お名前*

Email*

Comment / 本文

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る