押さえておきたい
バイリンガル教育のカギ

日本帰国時の学校選び
バイリンガルの将来の道

帰国が決まったら、学校選びは慎重に

駐在員のご家庭であれば、3〜5年で日本へ帰国することになるでしょう。帰国後の学校は、お子さんの状況や希望に合った所を選ぶことが重要です。

小・中学生の場合、多数が公立校に入ります。公立小学校では、来年度から5・6年生は英語が必修になります。ただし、アメリカで学んだ英語をさらに向上させるような教育が受けられるかというと難しいでしょう。なぜなら、初めて英語を学ぶ小学生を対象とした授業内容だからです。それは公立中学校もしかり。やはり英語力を上げたいのなら、効果を期待できる学校を選ぶ必要があります。英語力を生かした授業が受けられる学校には、以下のようなものがあります。

帰国生専用クラス
帰国生の受け入れ校は多くありますが、特に帰国生に配慮した学校として挙げられるのが、帰国生専用クラスや英語の特別授業を設けている所です。ただし、英語圏以外からの帰国生もいるので、事前に学校のカリキュラムを調べておく必要があります。また、小学校に関しては帰国生受け入れ校に限らず、英語が必修になる前から英語教育が充実している学校もあります。

イマージョン教育
文科省認定のカリキュラムを採用し、国語以外の科目を外国語で勉強できる学校です。ここならば、現地校に近い感覚で授業を受けられるでしょう。インターナショナルスクールも同様ともいえますが、インター校は文科省認定のカリキュラムではないので、卒業後に日本の中学・高校・大学を受験できない可能性もあり注意が必要です。

国際バカロレア(IB)教育
国際的なリーダーを育てるための、独自のカリキュラムに沿った教育プログラムです。日本のIB認定校では文科省認定のカリキュラムを受けつつ、追加でIBプログラムの授業を受けます。高校でディプロマ(修了証)を取得すると、世界各国の大学への入学資格を得られるのです。日本語で授業する学校もあるので、英語力向上を期待するなら英語でIBプログラムを行う学校を選びましょう。

◆ ◆ ◆

イマージョン教育やIBプログラムを採用している学校は、英語にかなり重点を置いています。数年間のアメリカ滞在で英語もそんなに伸びていない場合は、きついかもしれません。また、イマージョン教育は日本語での教育時間が短いので、日本語力が学年相応に伸びないリスクもあります。将来、有名私立校や進学校に行きたいと思った場合、受験に太刀打ちできない可能性があるので要注意です。

企業が求めるバイリンガル人材

少し前の日本なら、英語ができるというだけで外資系の企業に就職することもできました。しかし今はバイリンガルに加え、専門性も求められるようになってきたと感じています。というのも、大学で何を専門に学んだかで就職での明暗がはっきり分かれるのです。

最近の傾向として、ビジネスや会計など実践的なことを学んだ人の就職率は良いのですが、人文系や異文化コミュニケーションなどを専攻した人は就職に苦戦しています。エンジニア、ケミストリー、バイオなど、理系全般も就職に強いようです。もう英語ができるというだけでは、企業に求められない時代なのです。

ちなみに私の娘はアメリカ育ちで、幼稚部から高等部まで補習校で日本語学習を継続しました。理系専攻でアメリカの大学を出て、アメリカの企業に就職し、今は専門性とバイリンガルのスキルを認められて東京支社に勤務しています。本当にグローバルな企業で活躍したいのなら、「これだけは誰にも負けない」と思える専門性を磨くことが大事なのです。そのためには、早いうちから将来どうしたいかを見据え、大学の学部選びを慎重に行いましょう。

取材協力
米日教育交流協議会
丹羽筆人

日本の大手予備校勤務を経て1999年に米国に移住し、各地の補習校や学習塾の講師を務める。2006年に米日教育交流協議会を設立し、海外在住子女の日本語・日本文化体験プログラムを企画運営。また河合塾帰国生コース北米事務所進学アドバイザー、名古屋国際中学校・高等学校アドミッションオフィサー、サンディエゴ補習授業校教務主任も務める。
www.ujeec.org

1 2 3

4

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

この著者の最新の記事

関連記事

資格の学校TAC
アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用
Universal Mobile

注目の記事

  1. ステンレス製のお皿にライスが隠れるようにルーを全体にかけ、その上にトンカツ、そして付け合わせにはキャ...
  2. この原稿を書いているのは2020年6月12日。昨日、ニナの義務教育が終了した。オンラインでの...
  3. アラスカ州とカナダの国境地帯に広がるのは、世界最大規模の自然保護区。北米大陸最高峰の山々に世...
  4. コロナ禍の3カ月の自粛生活は、私たちそれぞれに、自分の忙しい生活を今一度振り返る良い機会とな...
  5. ニューヨークを拠点に、さまざまなセミナー、フェスティバルやディナー会などのイベント、質の高い日本食を...
  6. 疲労の原因には、精神的ストレス、身体的ストレス、生活環境ストレス...
  7. 2020年6月6日

    第74回 世界は変わる
    新型コロナウィルス(COVID-19)の世界的大流行が起こってから、約2カ月が過ぎようとして...
  8. 2020年6月5日

    第82回 実践的教育
    この原稿を書いている2020年4月現在、全米は新型コロナウイルスのパンデミックの渦中にある。...
ページ上部へ戻る