世界遺産にB級グルメ、映画に音楽にスポーツもあるニュージャージー!

自由の女神

全米でもっとも人口密度が高く大都会ニューヨークの通勤圏でありながら、ガーデン・ステートという愛称を持ち、美しい自然や世界遺産もある。それがニュージャージー州! マンハッタンからハドソン川を挟んですぐ西側に位置しています。

世界遺産「自由の女神」のあるリバティ島はニュージャージー州に属していて、リバティ島に上陸した方は、もうすでにニュージャージー州に足を踏み入れているのです。

スポーツの町

野球発祥の地ホーボーケン

スポーツ好きの方もニュージャージー州に来たことがあるかもしれません。NFLのニューヨーク・ジャイアンツとニューヨーク・ジェッツ、そしてMLS(サッカー)のニューヨーク・レッドブルズはチーム名にニューヨークとありますが、その本拠地はニュージャージー州にあります。

記念のホームベース

ニュージャージー州に大リーグのチームはありませんが、野球発祥の地があります。それは、マンハッタンから電車やフェリーで10分ほどのホーボーケン。1846年、この町のElysian Fieldsで、初めて野球の公式試合が行われました。現在その球場は残っていませんが、跡地に記念碑とベースのモニュメントが残されていて、野球好きの方にはぜひ訪れてほしい場所です。

アメリカン・フットボールが最初に行われたのもニュージャージー。ラトガース大学とプリンストン大学の対戦はラトガース大のあるNew Brunswickで行われました。さらに州内には全米ゴルフ協会博物館や、ヤンキースの往年の名選手で監督も務めたヨギ・ベラの記念館もあります。

 

Golf Hall of Fame

音楽の町

グラミー博物館

ニュージャージーと言えば音楽!と思う人もいるかもしれません。古くは、ホーボーケン出身のフランク・シナトラ。ヤンキースタジアムで試合終了後にかかる『ニューヨーク・ニューヨーク』はシナトラの代表曲です。80年代に大ヒットした『ボーン・イン・ザ・USA』など数々のヒット曲を世に送り出し続けているブルース・スプリングスティーン(ロング・ブランチ出身)、日本でも人気のロック・バンド、ボン・ジョヴィ(セイヤービル出身)らもニュージャージーが生んだアーティスト。彼らが住んでいた家、通ったカフェ、初めて演奏をした場所など、ゆかりの地めぐりも楽しいですね。

州内でもっとも人口の多いニューアークは、知る人ぞ知るジャズが盛んな都市。ホイットニー・ヒューストンの出身地でもあり、2017年にはグラミー博物館が開館しています。

映画の町

フォートリーから見たマンハッタン

ニュージャージーは映画とも縁があります。マンハッタンのすぐ隣のフォートリーという町には、20世紀前半に大規模な撮影スタジオがあり、ハリウッド以前の映画の都だったのです。

そしてニュージャージーが輩出した映画俳優は、メリル・ストリープ(Summit出身)、アン・ハサウェイ(Millburn)、トム・クルーズ(Glen Ridge)、ジョン・トラボルタ(Englewood)、ジャック・ニコルソン(Neptune City)など名優がずらり。人気ドラマシリーズの『ソプラノズ』やアカデミー賞候補にもなった『ザ・レスラー』など、映画の舞台となった地も数多くあります。

グルメの町

食堂車型のダイナー

イタリア系移民が多いニュージャージーにはイタリアンレストランが数多くありますが、関東の工業地帯のように工場や港湾都市が発達したため、労働者向けのB級グルメも発達しました。いわゆる食堂車型のダイナーはニュージャージー発祥。今でも州内のほとんどの町にダイナーがあり、ノスタルジックで気取らない雰囲気と究極のアメリカ食が魅力です。

ニュージャージーのダイナーでぜひ食べてほしいのがポークロール。テイラーハムともいいます。少し塩気の強い薄切りソーセージで、日本の花ソーセージにどこか似た味わいです。

Jersey Mike’sのトマトパイ

Jersey Mike’sという全米チェーンのサンドイッチもニュージャージー発祥。キャベツの千切りと滴るほど酸っぱいドレッシングをふんだんにかけたサンドイッチは、独特でやみつきになります。そして州中部には、トマトパイと呼ばれる郷土料理もあります。呼び方が違うだけでどう見てもピザですが、トマトは州の特産品でもあり、そのおいしさはピザに一歩も引けをとりません!

Rutt’s HutのThe Ripper

ニュージャージー州には、全米一おいしいと評判のホットドッグ屋Rutt’s Hutも。マンハッタンから車で45分ほどのCliftonという町にあり、レストラン、バー、ファストフードスタンドの3つに分かれたユニークな店舗。名物は、The Ripperという揚げソーセージをバンズに挟んだホットドッグ。素朴な味のポテトサラダやチリビーンズとともにぜひ食べてみてください。

2019年、『Eater NY』というグルメ誌の企画「ニュヨーク・バーガー・ベスト26」では、ニューヨークでもないのにジャージーシティにあるWhite Mannaが堂々選出されました。1939年創業の老舗レストランで、スライダーと呼ばれるミニ・ハンバーガーが人気。ニュージャージーのグルメはニューヨーカーにも浸透しているのです。

違う州なのにニューヨークと名乗ったり、その一部と思われたり、ニューヨークのベッドタウンとして存在感を発揮するニュージャージー州。隣同士の2州の関係は、どことなく東京と神奈川、千葉、埼玉の関係と似ているように思います。次回も、ニュージャージーで訪れたい場所をご紹介します。

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

石井光 (Ishii Akira)

石井光 (Ishii Akira)

ライタープロフィール

旅行会社勤務。広島出身。在米12年。ジョージア、ウィスコンシン、ニュージャージー、テキサス、カリフォルニア、ワシントン州を経て、現在2度目のニュージャージー生活。その間アメリカの都会から地方まで40州200都市以上を訪問。あるときは真正面から、またあるときは裏側から、アメリカ各地をご紹介します。

この著者への感想・コメントはこちらから

Name / お名前*

Email*

Comment / 本文

この著者の最新の記事

関連記事

注目の記事

  1. アラスカ州とカナダの国境地帯に広がるのは、世界最大規模の自然保護区。北米大陸最高峰の山々に世...
  2. コロナ禍の3カ月の自粛生活は、私たちそれぞれに、自分の忙しい生活を今一度振り返る良い機会とな...
  3. ニューヨークを拠点に、さまざまなセミナー、フェスティバルやディナー会などのイベント、質の高い日本食を...
  4. 疲労の原因には、精神的ストレス、身体的ストレス、生活環境ストレス...
  5. 2020年6月6日

    第74回 世界は変わる
    新型コロナウィルス(COVID-19)の世界的大流行が起こってから、約2カ月が過ぎようとして...
  6. 2020年6月5日

    第82回 実践的教育
    この原稿を書いている2020年4月現在、全米は新型コロナウイルスのパンデミックの渦中にある。...
  7. アメリカ先住民族であるプエブロ族は2000年以上もの間、アメリカ南西部の広大なエリアで生活を...
  8. 新型コロナウィルスの影響により、2021年の入試の状況は変更となる可能性があります。 中学受験...
  9. 2020年4月5日

    第73回 明日の家
    最近、自己反省する機会があった。 家の売買を仕事としているので、ありとあらゆる家を見て...
  10. 2020年1月1日よりカリフォルニア州消費者プライバシー法(CCPA)対象企業は、公表してい...
ページ上部へ戻る