Disco International

【ニューヨーク不動産最前線】
ニューヨークの賃貸物件

ニューヨークではコロナ感染者が減ったものの、まだレストラン内での飲食はできません。たくさんの小売店舗もまだ閉まっているか閉鎖するかしてしまいました。会社勤めの人々は相変わらず在宅勤務が続いていて、私も実は今後ずっと在宅勤務となりました。

長時間コンピューター作業が続くので、家のインターネットを速くしようと思い、今週ネットのプロバイダーを変更しました。時間通りに作業員が来て手際良く新しいモデムを設置してくれましたが、忙しい忙しいと言っていました。コロナ以降、家賃の安い所に引っ越す人が増えていて、テレビ・インターネット・電話等の変更や新規契約で大忙しだそうです。

マンハッタンはレントが高いので、郊外に引っ越すケースが増えています。引っ越し屋さんによっては日に100件の注文をこなす所もあるようで、多くはニュージャージー州やコネチカット州、NY州のアップステートへ引っ越す依頼だそうです。9割は、秋の新学期が始まる前に引っ越すこどものいる家族(by: Dailysun New York)。家賃が安くなると同時に広いスペースが確保できるので、通勤の必要がないのであれば理にかなっています。

市内でもクイーンズ区やブルックリン区はマンハッタン区に比べるとまだ需要はあるようですが、市場が低迷していることに変わりはありません。ニューヨーク市内では賃貸物件の空室率が4.3%と過去14年来最高の数字で、それにつれて家賃が前年比で10%下落しています(by:New York Times)。ただし、これは募集賃料なので、実際の決まり値はそれより安いケースがほとんどです。さらには3カ月家賃無料、ブローカー・フィー家主持ちといったインセンティブも見られるため、実質家賃はもっと下がっていると感じます。先月で週600ドルのパンデミック上乗せ失業保険の給付が終了したので、家賃を払えなくなるテナントが増える可能性大で、そうなるとまだ空室率は上がるでしょう。

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

柏原知子 (Tomoko Kashihara)

柏原知子 (Tomoko Kashihara)

ライタープロフィール

大阪女子大学(現:大阪府立大学)卒業後、CBRE Japan(現)に入社。東京で外資系企業のオフィス移転担当ブローカーとして働いた後、ニューヨーク勤務に。1999年より住友不動産販売NYで住宅ブローカーとして活躍。趣味は旅行とトレッキング。

この著者への感想・コメントはこちらから

Name / お名前*

Email*

Comment / 本文

この著者の最新の記事

関連記事

資格の学校TAC
アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用
Universal Mobile

注目の記事

  1. ステンレス製のお皿にライスが隠れるようにルーを全体にかけ、その上にトンカツ、そして付け合わせにはキャ...
  2. この原稿を書いているのは2020年6月12日。昨日、ニナの義務教育が終了した。オンラインでの...
  3. アラスカ州とカナダの国境地帯に広がるのは、世界最大規模の自然保護区。北米大陸最高峰の山々に世...
  4. コロナ禍の3カ月の自粛生活は、私たちそれぞれに、自分の忙しい生活を今一度振り返る良い機会とな...
  5. ニューヨークを拠点に、さまざまなセミナー、フェスティバルやディナー会などのイベント、質の高い日本食を...
  6. 疲労の原因には、精神的ストレス、身体的ストレス、生活環境ストレス...
  7. 2020年6月6日

    第74回 世界は変わる
    新型コロナウィルス(COVID-19)の世界的大流行が起こってから、約2カ月が過ぎようとして...
  8. 2020年6月5日

    第82回 実践的教育
    この原稿を書いている2020年4月現在、全米は新型コロナウイルスのパンデミックの渦中にある。...
ページ上部へ戻る