相手を不快にさせない「お願いの仕方」と「確認の仕方」

今回は、会社の同僚や友人、クライアントなど、誰かに何かをお願いするときや確認するときに使える丁寧なクッションフレーズをご紹介します。友達同士の日常会話だけでなくビジネスシーンでも使える便利な表現なので、ぜひ覚えておきましょう。


丁寧にお願いする

When you get a chance

直訳で「チャンスがあれば」となるこの表現は、相手にお願いごとや依頼をするときに使われ、日本語の「時間があるときに○○」や「手が空いているときに○○」に相当します。この表現は一般的に、「When you get a chance, can you ____?」または「Can you ____ when you get a chance?」のように文頭と文末の両方で使うことができます。また、この表現は一般的に急ぎではないお願いごとに対して使われ、「急がなくてもいいですよ」と謙虚な気持ちを表す丁寧なお願いの仕方です。日常会話だけでなくビジネスシーンでも使えるとても便利なフレーズです。

・When you get a chance, can you check my English sentences?
(時間があるときに私の英語の文章を確認してもらえますか?)
・Can you give me a call when you get a chance?
(手が空いた時に電話してくれる?)
・Could you send me an invoice when you get a chance?
(お時間があるときにインボイスを送っていただけますか?)

丁寧に確認をする

Did you get a chance to ____?

直訳で「~するチャンスはありましたか?」となるこの表現は、「Did you ____?(~しましたか?)」と同じ意味ですがより丁寧な響きになります。あらかじめ何かを頼んでおいた相手に、それができたかどうかを物腰柔らかく丁寧に確認する場合に使われます。例えば、あらかじめ確認してほしい書類を送っておいたクライアントに「書類には目を通していただけましたでしょうか?」と確認する場合は「Did you get a chance to look over the documents?」と表現します。ここでは「Did you look over the documents?」と表現することもできますが、多少ストレートな響きになります。もし相手の忙しさなどを配慮した尋ね方をする場合は「Did you get a chance to ____?」を使うほうがいいでしょう。

✔︎文法的には「Have you had a chance to ____?」のほうが正しい表現ですが、日常会話では「Did you get a chance to ____?」と「Have you had a chance to ____?」両方のスタイルが使われます。
✔︎アメリカ人は日常会話で「Did you get a chance to ___」を略して「You get a chance to ____」と表現することがよくあります。

・You get a chance to look over my English sentences?
(私のエッセーに目を通していただけましたか?)
・Have you had a chance to review my report that I sent you last week?
(先週送った報告書をご確認いただけましたか?)
・(Did) You get a chance to email everyone about the party this weekend?
(今週末のパーティーについてみんなにメールしてくれた?)
Universal Mobile

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

Jun Senesac

Jun Senesac

ライタープロフィール

ロサンゼルス出身の日米ハーフ。両親が運営するL.A.の英会話学校「BYB English Center」にて、高校生の頃から英語講師としてのキャリアをスタート。カリフォルニア州にあるUC Santa Barbara大学へ入学し、1年間一橋大学へ交換留学。卒業後、国際交流員として石川県内灘町役場で2年間の勤務を経て、2011年にアメリカへ帰国しBYB姉妹校をアーバインに開校。
2013年に英語学習サイト「Hapa英会話」を設立。2014年の2月よりHapa英会話のPodcastをスタートし、月間およそ40万ダウンロードされるまで成長。iTunes Japanが発表した『Best of 2014/2015』に2年連続選出。YouTubeにて登録者5万人を超える英会話チャンネル「Hapa英会話」を配信。
YouTubeやPodcast、ブログやメルマガなど様々な媒体を通じて、日米文化を取り入れた英語の学習環境を提供。
YouTube: https://www.youtube.com/hapaeikaiwa

この著者への感想・コメントはこちらから

Name / お名前*

Email*

Comment / 本文

この著者の最新の記事

関連記事

Universal Mobile
資格の学校TAC
アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用
Universal Mobile

注目の記事

  1. インターネット上では、会社の名誉・評判を毀損するような虚偽の投稿をはじめ、著作権侵害、プライバシー侵...
  2. 2021年10月10日

    留学が転機になった!
    2021年7月末、ロサンゼルス名古屋姉妹都市委員会(LANSCA)と名古屋市との共催による、...
  3. 25年前にLA 郊外のPalm Springsに2年ほど住んでいた。Coachella Va...
  4. ニューメキシコ州の南東部、テキサス州との境に位置するグアダループ山脈の麓には、地底に広がる鍾...
  5. 2021年10月4日

    就職&転職ガイド
    転職大国アメリカの労働市場 アメリカでは転職がごく一般的。United States Depa...
  6. 偶然出会ったシンクロが人生の糧に シンクロナイズドスイミング(現・アーティスティックスイミング...
  7. 相手の過失で事故に巻き込まれた場合でもご自身の過失で事故を起こしてしまった場合でも、共通した...
  8. 2021年8月9日

    課外活動の重み
    日米の学校や受験システムの違いで実感するのが、生徒の活動への取り組みに対して、日本では短期的...
ページ上部へ戻る